<   2010年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ゴールデンスランバー 著:伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー 著:伊坂幸太郎

2008年本屋大賞受賞第21回山本周五郎賞受賞して
2010年に堺雅人さん主演で同名で映画化された作品です。

内容は、
仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、
ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、
何年かぶりで呼び出されていた。
昔話をしたいわけでもないようで、
森田の様子はどこかおかしい。
訝る青柳に、森田は
「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」
「金田はパレード中に暗殺される」
「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、
鬼気迫る調子で訴えた。
と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、
青柳に向かって拳銃を構えた―。
(Amazon参照)


やっぱり伊坂さんは素晴らしいです!
衝撃でした。
読み始めたら止まらなくて
最後まで2日間でに読みきってしまいました。
何ともったいない事をしたのか

最初の方から少しずつ伏線を張っていって
後半に見事に回収するのは相変わらずで

魅力的なキャラクターやその言動などのやりとりなど
1人1人にきちんと血が通っていて
本当に存在するかのような(存在していて欲しい)
感じに陥ります。

後半の展開なんかも素晴らしくて
ドンドンドンドン惹き込まれて
主人公の青柳雅春と一緒に逃げているような感覚に
なってしまいます。

読んでいる内に、
本書のタイトルになっていて、物語中にも度々出てくる
ビートルズゴールデンスランバーを無償に聴きたくなって
途中から聞きながら読んでいました。

文句無しにオススメの1冊です。

a0114618_12375914.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ

ほんの少しだけネタバレ内容なので
大丈夫な方のみこの先を見て下さい

多少ネタバレ内容
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-31 12:38 | 読書

D-WARS ディー・ウォーズ

D-WARS ディー・ウォーズ

2007年公開(日本は2008年公開)の韓国映画です。

内容は、
テレビレポーターのイーサンはLA郊外で起きた大規模な陥没事故の取材中、
化石のような鱗を目にする。
15年前、イーサンは古物商で同じようなものを手渡されていた。
古物商の主人は500年前の朝鮮で起きた聖なる蛇と邪なる蛇の戦いが
再び起きようとしているという。
その鍵を握るのは500年の時を超えて転生を遂げた運命の女性であるというが……。
(Wikipedia参照)


韓国国内では大ヒットしたみたいで
観客動員:870万人オーバーでして2007年の観客動員数1位
当時の歴代興行成績でも5位

といったすごい記録を持ちながらも

アメリカでは酷評されていました。
星ゼロ個」とか
アメリカの著名なレビューサイトで2007年の最悪映画の1つと評価されたりww
その情報があったのか日本でも大コケだったみたいです。


アメリカのドラマ「ロズウェル 星の恋人達」のジェイソン・ベアが主演なので
恐る恐る観ましたが・・・。

ひっさびさに観た大外れな映画でした。

中身は、すっごくチープでありきたりな設定と展開
見所は「お金がかかってますよ!」っと全力で訴えかけてくる
CGぐらいでしょうか?

オチも個人的に大嫌いなものでしたし、
途中の展開も先が読めるは読める簡単すぎで
全くストーリーに魅力を感じないまま終わってしまいました。

ご都合主義満載で、製作者の都合の良いようにストーリーを展開させ
設定の説明不足も多数有り、納得できないことだらけ。

全くオススメできない1作品です。

他に素晴らしい韓国映画があるなか、なぜ韓国国内でヒットしたか不明な作品です。


a0114618_12172342.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-31 12:18 | 映画&ドラマ

ステルス

ステルス

2005年公開のアメリカ映画です。

内容は、
アメリカ海軍が極秘に進めるテロ対策プロジェクト実行のため、
ベン、カーラ、ヘンリーのトップガンが選ばれた。
生死を賭け次々と成果を上げる彼らのチームに、
最新鋭の人工知能を搭載した無人戦闘機“エディ(EDI)”が加わることに。
ところが、突然エディが暴走を始めてしまう!
凄まじい破壊力で戦いを仕掛けるエディを阻止しようと、3人は追撃を開始する。
果たして最強・最速の戦闘機を撃墜することができるのか?!
それとも世界は終末を迎えるのか?!
(Amazon参照)


最新鋭の人口知能を搭載したステルス戦闘機が落雷で自我を持ち暴走してしまって・・・
ってストーリー・・・この手の作品でよくあると言えばよくある王道の展開。

感想としては可もなく不可もなくって感じですww

ストーリーや設定はよくある感じだし、
多少迫力ある戦闘機のバトルシーンも
ここ最近の映画の中だと取り立ててスゴイとも思えないといった微妙なもの。

何気に出演者が
ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス
けっこう豪華な顔ぶれで演技も悪くありません。

全くおもしろく無いというわけではなく、
王道な展開の映画が好きな方は安心感を持って観れますし、
戦闘機のバトルが好きな方もけっこう楽しく観れるはずです!
そういった方にはオススメします。

そうでない方も暇つぶしに観るのには退屈せずに観れていいかもしれません。

a0114618_1835225.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-30 18:35 | 映画&ドラマ

薄毛の品格 著:小杉 竜一(ブラックマヨネーズ)

薄毛の品格 著:小杉 竜一(ブラックマヨネーズ)

内容は、
もう薄毛でも大丈夫!頭がスースーする人、
周りの目が気になる人…とにかく、
すべての人に贈る笑って学べる薄毛の指南書。
(Amazon参照)


今や、チュートリアルと共に若手(中堅?)お笑い界で
一番輝いているといってもいい
お笑い芸人ブラックマヨネーズツッコミ担当
小杉 竜一が満を持して出した本

薄毛の品格

小杉 大好きな知人が1ページに5回は笑うところがあると絶賛していたので

読んでみました。

中身はというと良い意味で実にくだらない ww

薄毛の人や薄毛の人に対する心構えや言葉選びを
シーンごとに解説しています

正直、知人が絶賛するほどの
爆笑は無かったですが、クスクス笑ってしまうような内容で、

後半に小杉さん自身がいじられたセリフとそれの見事な切り返し(ツッコミ)
は読んでいるだけで、小杉さんがツッコんでる様子が想像できて
そこが一番おもしろくてツボにはまりました。

小杉さん、ブラックマヨネーズ、お笑い 好きの方にオススメの1冊です。

P.S 所々に小杉さんの抜け毛が尋常じゃない量 印刷されていますので
  不快になられないようお気をつけくださいww


a0114618_12161718.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-30 12:17 | 読書

屋上ミサイル 著:山下貴光

屋上ミサイル 著:山下貴光

第7回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した作品です。

内容は、
大統領がテロ組織に拉致監禁されるという大事件が
アメリカで発生していたものの―
日本の高校生たちにとって、それは遠い国の出来事だった。
それよりも、もっと重要なことがある。
例えば、校舎の屋上でスケッチをすることだとか。
美術の課題のため、屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネ。
そこで、
リーゼント頭の不良・国重嘉人や、
願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、
自殺願望を持つ平原啓太と知り合う。
屋上への愛情が共通しているということから、
国重の強引な提案で“屋上部”を結成することになった四人。
屋上の平和を守るため、通行人を襲う罰神様騒動、
陸上部のマドンナ・ストーカー事件、
殺し屋との遭遇などに巻き込まれることになる。
それらはすべて、ひとつの事件に繋がっていた
(Amazon参照)


「このミステリーがすごい!」の受賞作ではありますが、
選考委員会が真っ二つに意見がわかれた、ある意味問題作!

確かに意見が分かれるのは分かる気がします。

言葉選びのセンスが良くて、読みやすい
テンポの良い展開とキャラクターの豊かさ

色々と好評価できる点はあるのですが、

ご都合主義とでも言えるぐらい
偶然が重なり、若干無理矢理感のあるストーリー展開が
目立ちます。

特に後半~クライマックスにかけてはそれが顕著で
偶然無くしては物語が進まないほど

批判の1つに「伊坂幸太郎のコピーだ」というものがありますが、
確かに設定がアメリカがテロで軍事基地を占拠し、
世界中にミサイルは撃てる状態・・・世界は滅亡の危機
はまるで終末のフールのような印象を受けました。
そしてそこに生きる普通の人々の日常を描くという点でも。

しかし、確かに似ているかもしれませんが、
この1作だけでは何とも判断がつかないので
これからの作品を読むことでマネているかを判断したいと思います。

上記で述べた偶然によって物語が進む展開が許せる方にはすごく
魅力的なおもしろい作品だと思います。
(ちなみに、僕自身はご都合主義的な展開はあまり好きではありませんが
 この作品に関してはそれほど拒否反応は起こしませんでした。  )


単純にキャラが魅力的なのでそれだけでも読む価値はあると思います。
良いか悪いかは是非1度読んで確かめてください。

a0114618_12292569.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-29 12:30 | 読書

88cafe Live Night =two Players Live!!= 仲野友恵&岡本規

昨日<3/28(土)>

東大阪は近鉄長瀬の駅前にあるレトロな居食屋でとあるイベントに行ってきました。

それは、タイトルにもあるように

88cafe Live Night =two Players Live!!= 仲野友恵&岡本規

内容はというとライブの後、演者も交えてみんなでご飯を食べるというものです。

僕が応援していて、このblogでも紹介させてもらっていて、

僕のHPのにも音源を使わせてもらっている

岡本規(おかもとただし)君
(以前の日記はコチラ



仲野友恵さん(コチラの方は初めて聴く方です)

場所は、冒頭でも書いているように近鉄長瀬駅の近く

失礼ながら長瀬という駅名は知らず、初めて降りた駅でした。

関西に住んでいる方なら布施のすぐ近くと言えばお分かりいただけるかと思います。

そんな長瀬駅から徒歩1~2分ぐらいにある

88カフェ食堂さん
(HPはコチラコチラ



でイベントがありました。

外観はこんな感じ

a0114618_2131773.jpg

a0114618_2133258.jpg


店頭でイベントの告知もしておりました。
a0114618_214257.jpg


かんなりレトロな佇まい。
いったい中はどんなのかと思うといきなり座敷で
戸を開けると縦長の間取りでたたみ8~10畳ぐらい・・・
めっちゃ狭いww
居酒屋という割にというか畳で和風なんかと思えば壁に掛かってるのは洋風の絵画
何やごちゃ混ぜでようわからん雰囲気ですが、
どこか懐かしさを感じるような不思議で良い印象を感じさせます。

そんな中いざライブスタート!
1人目は岡本規でしたが、そんな狭い中で歌うので、演者との距離はメチャ近
およそ1m前後wwww

その時の写真がコチラ
a0114618_2232523.jpg


どうですめっちゃ近いでしょ?
しかも狭い居酒屋なのでアンプも使わず、マイクも使わず、といった完全アコースティックww
写真を観ていただいたらわかるように、座布団の上に正座で演奏しておりますw
演奏後に足が痺れていたのは言うまでもありません。
演奏はもちろん素晴らしかったです。

続いては仲野友恵さん

a0114618_242844.jpg


インスト(歌なし)のピアノ奏者で素敵なピアノを奏でてくれました。
お客さんの指定した3音(今回は4音)のみで即興の曲を作られたりだとか
楽しみながらライブを見させてもらいました。

その後みんなでお食事会!
今回のメニューは普段出していないドライカレー(そら、居酒屋では出ないメニューでしょう)

a0114618_2302418.jpg


スパイスが効いていて、辛くないのに旨みがあってかなりおいしかったです!
店の雰囲気と合ってないのが逆に良かったりもしてww

そんなこんなで楽しいイベントに参加させてもらいました。
みなさんもたまにはこんなイベントいかがですか?

岡本規HPはコチラコチラ
仲野友恵公式blogコチラ

是非一度聴いてあげてください。

岡本規の曲が使われている「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-29 02:48 | 日常

悲劇

ものすごく私事ですが、

つい先ほど起こった悲劇を書きたいと思います。

後々このことを忘れないように

電車に乗って帰宅中、定期を財布に入れているので

カバンから財布を出そうとして探していると・・・

見当たらない・・・。

そうです、ベタな悲劇ですが、本人からしたら大ダメージ

財布を落としました・・・。

お金はそんなに入ってなかったから良いんですが、

クレジットカード、キャッシュカード、免許証、社員証、そしてお気に入りの財布

どれも無いとかなり困るものばかり。

駅にはもう駅員さんがいらっしゃらなかったので


とりあえず明日の朝、駅に落し物の問い合わせに行ってきます。

マジで凹んでます。

a0114618_1344371.jpg

[PR]
by ks-1518 | 2010-03-28 01:35 | 日常

USO

自分に言い聞かせる

きっと大丈夫

自分を励ます

きっと大丈夫


大丈夫なわけ無いじゃないか!

それでも前に進むしかない

そんな時もある

自分を騙す


きっと大丈夫・・・


a0114618_1020328.jpg


「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-27 10:21 | つぶやき

使命と魂のリミット 著:東野圭吾

使命と魂のリミット 著:東野圭吾

内容は、
「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。
「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。
しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。
西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、
意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。
あの日、手術室で何があったのか?
今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。
(Amazon参照)


レビューは基本的に観たり、聴いたり、読んだりした後に書くことにしているので
ほとんど読んでしまっている東野圭吾さんの作品のレビューは
大好きな作家さんなのに中々書けませんでした。

そんな中、久々の文庫本の新刊が発売されていたので
早速読みました。





やっぱり東野さんは最高です!

ストーリー展開は
研修医の夕紀、刑事の七尾、そして犯人
殆どこの3人の主観で描かれていて、
少しずつ謎が明らかになっていく展開。

脅迫事件の展開だけでも複雑で読み応えがあるのに、
そこに医療ミスを疑う夕紀の話。
どちらか1本でも東野さんだったら良い作品になりそうなのに、
それを巧みに1つの作品に仕上げている辺りがさすがです。

そして病院を舞台にしているということで専門的な内容がいくつも出てきますが、
それも非常にわかりやすく読者に伝えてくれます。

理系出身の東野さんがということもあって
犯人が使用するパソコンをはじめとする機器や病院での医療器具などを
複雑なものを描かれていて、
他の方だったらもっと薄っぺらいような感じになりそうなところをしっかり描いていて
重厚感も漂っています。

非常に読みやすくておもしろい作品です。
東野作品が好きな方にはオススメです。

a0114618_1253750.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-26 12:53 | 読書

ZOO 著:乙一

ZOO 著:乙一

内容は、
ジャンル分け不可能な短編集!
文庫版では1に映画化された5作、
2には「むかし夕日の公園で」が新たに追加され6作
が収録された異彩を放つ1作


知人に教えてもらった短編集です。

乙一さんは有名なので名前は知っていましたが、
オリジナルの作品はこの作品が初めてです。
「“The Book”jojo's bizarre adventure 4th another day」を
読みましたが、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のノベライズ作品なので


色々な種類の話があって、
中にはかなり描写がかなりグロイものもあって
正直、気分が悪くなるようなものもありました。
それでいて、読者が想像しているオチをうまく騙している作品もあったりと
乙一さんのふり幅の広さには驚かされます。

個人的には「昔夕日の公園で」はすごく短い文章にも関わらず
驚きのラストに持っていくあたりがオススメです。

決して読み終わって気持ちの良い作品では無いので
残酷な描写が無理な方には薦めませんが、
感動的な話しがあったり、独特の視点で描かれているものもあるので

好き嫌いの激しさはあるでしょうが
試してみる価値のある作品です。

a0114618_12233718.jpg


万人受けしなさそうなので4つの所を1つ落として
★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-03-25 12:30 | 読書