<   2010年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

パリより愛を込めて

パリより愛を込めて
2010年公開のフランス映画です。(R-15指定)

内容は、
ジェームズ・リースはパリの在仏アメリカ大使館で働く見習いCIAエージェントで、
派手な仕事をすることを期待していた。
そんな彼の前にある日、
敏腕捜査官のワックスが麻薬捜査のためにやってくる。
(Wikipedia参照)


主な出演者
ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、
カシア・スムトゥニアク

リュック・ベッソンさんが監督で
主演がジョン・トラボルタジョナサン・リース=マイヤーズ
と観たくなる要素がいっぱいの本作。

感想としては概ね楽しめたのですが、
期待していた程のおもしろさは正直ありませんでした。
なぜか映画に感情移入できず最後まで集中できませんでした。

まず、各キャラクターにの魅力が不十分。

ジョン・トラボルタが破天荒なキャラで麻薬を吸ったり、
バカスカと悪人を殺して行くんですが、
その判断基準は明確に描かれていないので、
結果的に悪だから殺したってゆうのはわかるんですが
どうも釈然としません。

アクションシーンは、ジョン・トラボルタにこんな動きができたんだ
ってぐらいシャープな動きで、ちょっと感動はしますww

もう1人の主役、ジョナサン・リース=マイヤーズが演じる
ジェームズ・リースもずっとトラボルタに押されっぱなしで
最終的には成長>(ワックスに影響)されて存在感を出しますが
彼が成長していくような様子もなく(原因となる事件は起こりますが)
突然、最後に帳尻合わせをした印象。
細かい演技などは良かったので、純粋に脚本が微妙なんでしょうか?

テロリストも登場しますが
その動機もほぼ描かれてなくて
そこにドラマ性がほとんど感じられませんでした。


色々な過去の名作にオマージュしているらしく
タイトルは 007 から
劇中 ベストキッド からセリフの引用やワックスの名前
など小ネタはちらばっています!


見所はトラボルタのアクションシーン(もちろん演技も)と
ジョナサン・リース=マイヤーズの演技です。

ストーリーはざっくりした感じなのであまりフランス映画っぽくないので
気をつけてください。

a0114618_12324156.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-31 12:32 | 映画&ドラマ

ルノワール―伝統と革新

5/23 土砂降りの雨の中、
大阪の中ノ島にある国立国際美術館

ルノワール―伝統と革新」の展覧を見に行ってきました。

過去にモネ、ゴーギャン、ゴッホと観に行って、
良さが全くわからなかった過去があるので
絵画を観に行くことは無いと思っていましたが、

昨年、京都で行われていた「ルーブル美術館展」で感動したので

もしかしたら」っと思い、
行ったんですが、結果は・・・まぁまぁでしたww

やっぱり、僕には絵画が向いていないことが判明。
決してつまらなかったわけではなくて楽しめたんですが、

うまい絵だな~ぐらいで
きっと絵画が好きな人みたいに価値がわかっていないと思います。

僕にはもったいなかったですが、
6/27まで開催しているので、
絵画に興味がある方は是非行ってみてください。

a0114618_251121.jpg


「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-30 02:52 | 日常

STREET STYLE MUSIC 奈良

5/22 素敵なイベントが奈良でありました。

それは・・・

STREET STYLE MUSIC 奈良

奈良初のライブサーキットイベントです!

数多くの出演者の中お目当てにしていたのは

VIVA LOVE、the canvas、空風(クープ)、レトロ本舗、NolenNiu-de-Ossi、岡本規
河島アナム、LOSTAGE


1~2ヶ月前から楽しみにしていましたが、

あいにくの仕事。
何とか仕事を終わらして、
会場に着いたのが6時ぐらい。

結局間に合ったのは、岡本規、河島アナム、LOSTAGEの3組だけ・・・
お目当て以外にも「観て良かったな~!!」ってゆう唄い人さん達は大勢いましたが

少し心残りでした(泣)

a0114618_2131142.jpg

岡本規君



「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-30 02:16 | 日常

青い車

青い車

2004年公開の日本映画で、よしもとよしとも作の同名漫画が原作の作品。

内容は、
ある過去の体験により虚無的に生きる青年・リチオは、
ある日恋人・アケミの妹・このみと関係を持つ。
その後、予想外の悲劇に見舞われたリチオとこのみは旅に出る。
(Amazon引用)


主な出演者
宮崎あおい、麻生久美子、ARATA、田口トモロヲ、等

宮崎あおいさん、麻生久美子さんと僕が個人的に好きな女優さんの
NO.1とNO.2が出ているのでかなり期待して観ました!

ARATAさんも含め、出演者さんたちは良い演技で
すごく雰囲気を作り上げてはいるんですが、
僕の理解力が足りないからなのか
あまり何を伝えたいのかよくわかりませんでした。

共感できる部分が全然無かったからなんでしょうか?
ひょっとして女性の方が共感できる部分があるんでしょうか?

時間を置いてまた観てみたいと思います。

a0114618_1321154.jpg


雰囲気はスゴク良かったので
★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-29 01:32 | 映画&ドラマ

おじいちゃん。おばあちゃん。 著:木寺 紀雄

おじいちゃん。おばあちゃん。 著:木寺 紀雄

内容は、
写真家の木寺さんが海外の色んな所で撮った
「おじいちゃん」と「おばあちゃん」の写真集です。


相手が街にる おじいちゃん・ばあちゃんの写真だからか
作りこまれていない
等身大の人間味が溢れたエネルギーのようなものを感じます。

海外の写真ばかりなんですが、
まるで日本のお年寄りを見ているかのような
錯覚を感じてしまう写真もあります。

やっぱり、お年寄りが持ってる雰囲気ってどこも同じなんでしょうか?
中には大阪のおばちゃんを想起させてしまうようなものもww
おじいちゃん(おばあちゃん?)になった動物の姿も!

観ていてほっこりさせてくれる
ステキな雰囲気の1冊になってます。

a0114618_130216.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-28 13:01 | 読書

PACHANGA(パチャンガ) 「ファースト・カミング」

PACHANGA(パチャンガ) ファースト・カミング

2002年に結成された大阪府出身のロックバンドPACHANGA
インディーズ時代のファーストアルバムです。

内容は、
関西で実力NO.1 注目の女性ヴォーカル・ロック・バンド!
インディーズ時代最後のアルバム。
抜群のPOPセンス、ド迫力の演奏力、
変幻自在に飛び跳ねる美崎のヴォーカル!
ハードなROCKから爽やかなPOPSまで、
充実の内容!毎日放送TV番組「魔法のレストラン」使用曲
「おなじ手おなじ目」収録。
(Amazon参照)


収録曲は
1.あまいのちょうだい
2.ナイフ
3.真っ白
4.ありえないから
5.アイスクリーム
6.おなじ手おなじ目
7.瞼
全7曲

以前、知人のライブを見に行った時に
ボーカルの美崎しのぶさんが歌っているのを聞いて
気に入ったので、その場で所属しているバンド
PACHANGAのCDを購入されていただきました。

一昨年にメンジャーデビューを記念して、
難波の高島屋前(OIOI前?)で路上ライブしている時に
カッコイイ曲やな~と思って近づいてみるとPACHANGAでビックリしましたww

曲が終わり、CDの売り込みをされていて、
偶然声をかけられたので、ipodでCDのジャケットを出して、
この「PACHANGA」ですよね?」「もう持っていますよ」と
答えさせていただきましたww

ジャム・バンドっぽいカッチョ良い曲が多いので
雰囲気がすごく良くて部屋にいる時にBGMしたりしています。

PACHANGAの公式HPはコチラ

a0114618_1236425.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-27 12:37 | 音楽

想い出

辛かったこと

楽しかった

落ち込んだこと

怒ったこと


遠い昔


でも・・・

そんな過去が

アナタのお陰で

思い出に変わった


a0114618_1532622.jpg


「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-26 15:33 | つぶやき

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

2007年公開(日本では2008年公開)のアメリカ映画です。

内容は、
「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」は、
創業113年を誇り、
商品のおもちゃ達は命を吹き込まれたように
動き回っている夢のようなお店。
従業員はオーナーのマゴリアムおじさん、
23歳の雇われ支配人モリー、
9歳のお手伝い少年エリックの3人。
ある日243歳を迎えたマゴリアムおじさんは突然引退を宣言し、
モリーに跡を継がせると発言。
この発言により、おもちゃ達が荒れてしまう…。
(Wikipedia参照)


主な登場人物
ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン、
ジェイソン・ベイトマン、ザック・ミルズ

物語全体を通してすごく鮮やかな色を使用していて
映像がすごくキレイに仕上がっています。

登場人物も
ダスティン・ホフマンが演じてるマゴリアムおじさんのキャラが
ユニークで映画の雰囲気のけっこう大きな部分を占めています。

もう1人の主役モリーを演じているナタリー・ポートマン
やっぱりきれいですね!
この人が出ているから本作を観る気になりましたww

そして個人的に一番の見所を演じているのは
経理士ヘンリーを演じているジェイソン・ベイトマン
少年エリックを演じているザック・ミルズです。

書類や仕事以外に全く興味を示さないヘンリーと
人間関係が下手で友達のいないエリックが
主役の2人を通して少しずつ心を通わせていく所は
感動します!

ストーリー的にはそんなに特別珍しさは感じませんでしたが、
90分強の短い中で、唐突な展開が多々出てくるのが逆におもしろかったですww

ただ、クライマックスのナタリーの演技は正直首を傾げてしまいました。
ちょっと苦笑いですww

a0114618_12552516.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-26 12:56 | 映画&ドラマ

怪しい人びと 著:東野 圭吾

怪しい人びと 著:東野 圭吾

内容は、
俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。
その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、
本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう。
3カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、
見知らぬ女が寝ていて…。
(「寝ていた女」)あなたのそばにいる優しい人が、
いつの間にか怪しい人びとに―。
斬新なトリック満載の傑作推理集。
(Amazon引用)


様々なテーマで色んな方向からの見方が楽しめる
短編ミステリー集です。

少し悲しい話や、クスって笑えるものまで、
色々詰め込んであって、
少し奇妙な短編推理小説集になっています。

ちょっと時間の空いた時間にも読めたりするので
オススメの1冊です。

a0114618_12233078.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-25 12:25 | 読書

ガチ☆ボーイ

ガチ☆ボーイ

2008年公開の日本映画で、
舞台劇「五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~」が原作です。

内容は、
学生プロレス団体HWAは北海道学院大学のプロレス研究会だが、
前チャンピオンのドロップキック佐田が引退して以来、
盛り上がりのない試合が続いていた。
そんなある日、大学一の秀才として有名な五十嵐が入部してくる。
「マリリン仮面」のリングネームとマスクを与えられた五十嵐は
熱心に練習に励み、あらゆる事をメモするが、
どこか普通の人と違うことにHWAの面々は気づき始める。
五十嵐はプロレス特有の「お約束」や「段取り」が覚えられず、
どの試合も真剣勝負の「ガチンコ」になってしまうのだ。
実は五十嵐は事故により、眠ると事故以降、
その日までにあったことを全て忘れてしまう
「高次脳機能障害」になっていたのだ。将来に絶望し、
生きる実感を失いつつあった五十嵐は、
HWAの試合を見て学生プロレスに感動したことを思い出し
(事故以前の記憶状態は普通の人と同じ)、
頭では忘れても身体は覚えてるはずと新たな道を切り開くべく
プロレス研究会の扉を叩いたのであった。
徐々に人気の出てきたマリリン仮面を叩き潰そうと
学プロリーグのチャンピオン選手チームが
HWAとマリリン仮面を挑戦者に指名してきた。
五十嵐ことマリリン仮面はまさに一生に一度の思いで
チャンピオンに立ち向かうのであった。
(Wikipedia参照)


主な出演者
佐藤隆太、サエコ、向井理、仲里依紗、
泉谷しげる、宮川大輔、等

冒頭から後半までクスって笑ってしまうような場面が続くけど
クライマックスではかなり感動されられ、
涙してしまいます。

後半の怒涛のような展開は一気に感情移入させられ、
最後の試合何かは観客と一緒になって応援してしまう程!

高次脳機能障害」という1日しか記憶が持たないけれど、
健気に頑張る青年、五十嵐を佐藤隆太さんが好演していて、
劇中ハイテンションな場面が多々出てきますが、
こうゆうハイテンションな演技をさせたら、
佐藤隆太さんは、本当に楽しそうで
観ていて気持ちが良いです!

笑いアリ感動アリ
この映画を観て熱くなってください。

余談、
劇中、五十嵐が麻子に告白するシーンが見ていてかなり切なくて感情移入してしまう場面なので
是非、ご注目。


a0114618_13472354.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-05-24 13:48 | 映画&ドラマ