<   2010年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

オー! ファーザー 著:伊坂幸太郎

オー! ファーザー 著:伊坂幸太郎

内容は、
みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。
我が家は、六人家族で大変なんだ。
そんなのは珍しくない?
いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、
父親が四人もいるんだよ。
しかも、みんなどこか変わっていて。
俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。
そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。
(Amazon参照)


伊坂さんらしい作品!

まず、設定がおもしろい!!
父親が4人ってww

そして、伊坂さんの作品らしく、登場人物の多くが
愛べきキャラクター性を持っています。

ギャンブル好き、女垂らし、知識人、スポーツマン の4人の父親
そしてそれぞれの影響を持った息子

そんなへんてこだけど素晴らしい家族の話です。

読んでいると思わず笑ってしまう場面がありながらも
笑いに走らず、きっちりと考えさせられる場面もあり、
後半の展開にはドキドキ、ワクワクさせられます。

ラストの展開は少し強引さを感じますが、
全体を通してもはや安心感とも言うべき安定感!

奇抜な設定だけでなく、
内容のしっかりあるオススメの1冊です。

a0114618_12475533.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-30 12:50 | 読書

ターザン

ターザン

1999年に公開されたディズニーのアニメ映画で、
エドガー・ライス・バローズの小説「ターザン」が原作です。

内容は、
親が海上で事故に遭いアフリカの密林のジャングルに残されていた赤ん坊。
その赤ん坊を助けた雌ゴリラ、
カーラはその子をターザンと名づけ、大切に育てる。
ターザンがゴリラと人間という容姿や能力の違いから、
仲間から孤立し傷ついていてもカーラはそっと励ました。
ターザンはお調子者のゴリラのタークや、
心配性の象のタントーと仲良くなり、
ジャングルで生き残る術を身につけながら成長する。
たくましくなり、大人になったターザンは
凶暴なヒョウのサボーを倒すまでに成長した。
そんな中、ジャングルに鋭い銃声が響き渡る。
ターザンは初めて自分と同じ「人間」の女性、
ジェーンと出会い、自分の知らない新しい世界がある事を知る。
(Wikipedia参照)


いわずとしれたお話、ターザンのディズニー映画版

さすがのディズニー映画です。

最近のピクサー製作のフルCGのディズニー映画も良いですが、
昔ながらのアニメーションのディズニー映画もやっぱり良い!
その中でも本作はかなり良作に入ると思います。

単純に観ていて楽しい気持ちにさせられます。

躍動感のある動きと主題歌の良さ
(フィル・コリンズさんと吹き替えのV6坂本昌行さん両方良いです。)

そしてエンターテイメントの基本(王道)のハッピーエンド

88分とコンパクトな時間の中で、
すっきりと終わっていて、
観終わった後に心地良い気分にさせてくれます。

ディズニー映画の中のおすすめの1つです。

a0114618_1395829.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-29 01:40 | 映画&ドラマ

私が彼を殺した 著:東野圭吾

私が彼を殺した 著:東野圭吾

内容は、
婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。
男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。
男は自分との関わりを隠そうとする。
醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。
事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。
加賀刑事が探りあてた真相に、
読者のあなたはどこまで迫れるか。
(Amazon参照)



阿部寛さん主演でドラマ化された「新参者」で有名になった
加賀恭一郎シリーズの中の1作で、

どちらかが彼女を殺した」に引き続き、
作者が犯人を教えてくれないという異作の1つです。

犯人を教えてくれないとは言っても、
作中をきちんと読んでいれば、
その中にはヒントが落ちていて、
それを把握すれば謎が解けるようになっています。

といってもこれが難しい。

どちらかが~は犯人が2人だったので、
何とかなったんですが、
今回は犯人候補が3人・・・。

作中、色々とヒントがあったので、
何とかなるんじゃないか?」と思って
読み進めましたが、
自分なりの推理の根拠が物語後半でほとんど(95%ぐらい)は
説明されてしまって、お手上げ状態。

文庫のラストに袋とじがあって、
そこでヒントが載っているので、
それで何とかわかりましたが、
今回は完敗です。

いや、ほんと難しい。
ミステリー好きを自称している方は是非読んで
謎解きにチャレンジしてください。

おすすめの1冊です。

a0114618_15421215.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-28 15:42 | 読書

カオス(Chaos)

カオス(Chaos)

2006年公開のカナダ・イギリス・アメリカ合作映画です。

内容は、
米シアトルのグローバル銀行を強盗グループが襲撃、
人質を捕って立てこもった。
リーダーのローレンツは、ベテラン刑事コナーズを交渉人に指名。
コナーズは謹慎処分の身だったが新米刑事デッカーとコンビを組んで現場に復帰する。
コナーズはSWATと共に強行突破を試みるが、
乗り込んだ瞬間、ビルは爆破され犯人たちは混乱に紛れて鮮やかに逃亡した。
しかし、金庫からは現金も宝石も何も盗まれていない・・・!
果たして犯人たちの真の目的は?
"カオス理論"に隠された史上最大の犯罪をめぐる予測不可能な戦いがはじまる!
(Amazon参照)


監督・脚本:トニー・ジグリオ

主な出演者
ライアン・フィリップ、ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス
ヘンリー・ツェニー、ジャスティン・ワデル、etc...


ジェイソン・ステイサムさんが出演しているってだけで観た映画でしたが、
これが意外な拾い物ww
単なる刑事のバティ(相棒)物かと思っていただけに予想外でした。

ジェイソン・ステイサムが出演しているので内容もアクション映画かと思っていましたが、
サスペンスの比重が非常に大きいサスペンス・アクションです。

タイトルの「カオス」にあるように
カオス理論が物語の中心にあるのですが、
その説明がどうにも、自分が理解しているカオス理論と違っているので、
そこにはちょっと「?」です。

みなさんも調べてみればおもしろいと思います。


1つの事柄が次の事柄に影響していて、
次々と謎が明らかになっていって、
最後には大ドンデン返し!

ある意味王道ですが、今回の観る人を裏切る展開は
想像の範囲内ではありましたが、結構驚けて気持ちが良いです★

主演の2人の演技も素晴らしく、
ラストサマーに出ていたライアン・フィリップさんは
色気たっぷりのセクシーさは残したまま
知的な男性を演じていますし、

トランスポーターなどでアクション俳優のイメージが強い
ジェイソン・ステイサムさんも抜群の演技をしています。

もちろん、敵役のウェズリー・スナイプスさんも
見事の悪役っぷり!!

脚本良し、俳優良し、映像良し。
オススメの作品の1つです。

a0114618_1230267.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-27 12:32 | 映画&ドラマ

かみさまのいたずら 著:たなか しん

かみさまのいたずら 著:たなか しん

内容は、
はじめて生まれた子供は醜く、
そして特別な子でした。
子供が生まれた直後、
ショックのあまり父親はいなくなり、
母親は、出産の後遺症か、
目も耳もきかなくなってしまいました。
しかし、かわりに子供には、
生活していくのに必要なすべての能力が身について
いました。
かみさまのいたずら・・・
(Amazon参照)


偶然見かけた作品で、
パラパラ中身を見て衝撃を受けました。

かなりディープな内容の絵本なので
子供には読ませたくない親もいてるんじゃないんでしょうか?
でも、個人的にはすごく1本芯が通っている感じを受けました。

著者のたなか しんさんが、
イラストや編集をされているって事だけでも
すごくエネルギーを感じるのに、

周りの人たち(?)がたなか しんさんの本を
もっと多くの人に知ってもらいたい」って事で
出版社「田中書店」を立ち上げたのはオドロキです!!

この本もその中の1冊。

ホントすごくて大きなエネルギーを感じます。

百聞は一見にしかず、
気になる方はとりあえず読んで見てください。

個人的に心に残る1冊です。

a0114618_3634.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-26 03:06 | 読書

週末の過ごし方 友人×(服、鍋、麻雀、てんぷら) 後編

前回の続き・・・。

服屋巡りを満喫した後は、
地下鉄谷町線沿いにある友人Tの家へ。

Tの彼女Mと後輩のTYも到着して5人なりました。

寒くなってきたし、人数が集まればってことで、
Let’s鍋パーティ!!

しょーもない事言いながら鍋をつつきました。

そんなこんなで夜もふけてきたので・・・。

麻雀★

a0114618_22555448.jpg


いや~久々の麻雀!かなりおもしろい!!
しかも今回は調子が良くて、2回して
1回目が1着!
2回目が2着!

負けなしですww

麻雀でテンションが上がりきってるので、
時間が経つのも早く。
時計を見れば3時半。

本日の最後の目的!
堺の港へ天ぷらを食べるに行きました!!

お店は天ぷら大吉

a0114618_2259548.jpg


有名店らしく、夜中にも関わらず外には行列が!
これでも少ないらしく、いつもはもっと多いそうです。
みなさんも行かれる際は覚悟しておいてください。

ついにお店に入ると床にはあさりの貝殻が所狭しと散乱してます。
歩く度に「バリボリ」鳴るんだからその散乱ぶりがわかっていただけるでしょうか?
(天ぷらと同じくあさりの味噌汁)

店員さん達は迫力と活気に満ちていて、
おいしそうな匂いが!

a0114618_23121338.jpg


適当に天ぷらをいくつかとあさりでは無くてたまごの味噌汁ww

a0114618_23192390.jpg


味は絶品!!ほんと絶品!!かなりおいしいです。

すぐ隣にはめっちゃうまくて安いお寿司屋さんもあるので
ぜひ、機会があれば行ってみてください。

家に帰ったら5時。
いや~久々に満喫しました。

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-25 23:29 | 日常

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である

2008年公開で同名のエッセイ漫画が原作の日本映画です。

内容は
吉祥寺に住む、天才漫画家の小島麻。
今日も、アシスタントのナオミ、
仲のいい三人組の加奈子、咲江、美智子と徹夜で締め切りに追われていた。
その翌日、いつものように麻子が愛猫のサバに話しかけると、
サバは冷たく動かなくなっていた―。
サバを亡くした悲しみがあまりに大きく、
麻子は漫画が描けなくなってしまう。
そんなとき、出会ったのは一匹の小さなアメリカンショートヘアー。
名前は「グーグー」。
一緒にご飯を食べて、散歩をして、寝るという、なんとも幸せな毎日。
不思議な青年、青自との恋の予感、
アシスタントたちと話す新作のアイディア、
色々なことがうまく動き始める。
だがある日突然、麻子は思いがけないことを知らされる・・・。
(Amazon参照)


主な出演者
小泉今日子、上野樹里、加瀬亮 、林直次郎、
森山中、マーティ・フリードマン 、等

監督が犬童 一心さんということで独特の雰囲気で描かれています。

ひたすらに、ゆる~~~~い映画

猫好きにはたまらない作品なので、
愛猫家は楽しんで観れると思います。

特別「泣ける」ような感動の映画ではありませんが、

全体を通してほんわりと不思議な感覚で包んでくれる映画です。

劇中一環してスロースペースで描かれているので、
テンポの良いストーリー性の強い作品が好きな方には
物足りないかもしれません。

a0114618_1002150.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-25 10:00 | 映画&ドラマ

FAKE 著:五十嵐 貴久

FAKE 著:五十嵐 貴久

内容は、
興信所の調査員・宮本と美貌の東大生・加奈は、
浪人生・昌史を東京芸大に受からせるため、
センター試験で完璧なカンニングを実行する。
しかし、それは罠だった。
全てを失った彼等は、昌史の父親を巻き込んで、
復讐のため十億円を賭けたポーカーの勝負に打って出る。
入念なイカサマを仕掛けた四人は、
決して負けるはずがなかったのだが―。
(Amazon参照)



友人から借りて読みました。

読ませ方が巧みで、物語の後半までは、
知的なやりとりが続くので、
ハラハラやドキドキ、ワクワクといった感情を与えてくれ
物語に没頭させてくれますが、
最終的なオチがどうにも納得がいきません。

現実にすれば確実にボロが出るようなトリックで、
全くリアリティが感じられず、
読み直してしまったほどですww

ただ、「細かいことを気にするなよ」って感じで、
許容できるのであれば問題ないのかも。
(僕には無理でした)

キャラクターもそれぞれたっていて味があったり、
物語の設定なども奇抜でおもしろいので、
つまらない事はありません。

最後のオチが好きかどうかで
本作の評価は全然違ったものになると思います。

a0114618_12401721.jpg


オチで★1つ減らします。
★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-24 12:41 | 読書

さくらん

さくらん

2007年公開の日本映画で、安野モヨコ作の同名漫画が原作です。

内容は、
桜が満開のころ、吉原の遊郭「玉菊屋」に連れてこられた8歳の少女は、
きよ葉と名付けられ遊女の世界に足を踏み入れる。
鼻っ柱の強い彼女は、
閉鎖的な世界に身を置きながらも、
自分らしく生きようと心に誓うが……。
(ぴあ@映画生活引用)


監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ

主な出演者
土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂
永瀬正敏、小泉今日子、夏木マリ、小栗旬、and more...


監督がフォトグラファー蜷川実花さん
音楽が椎名林檎さん
原作が安野モヨコさん

と期待感が膨らむライナップです!
原作も好きだったので、なおさら期待大!!

しかしながらその期待に応えてくれる事はありませんでした・・・。


確かに、
蜷川実花さんらしい色鮮やかな映像
時代劇(?)とは一見ミスマッチの椎名林檎さんの迫力ある音楽
主演の土屋アンナさんもイメージ的にはピッタリ

と1つ1つを観れば光っている点が多いのですが、
全体として観るとどうにも歯車が噛み合っていません。

ストーリーも序盤は良いんですが、
中盤から一気に勢いが無くなってしまいます。

土屋アンナさんもイメージピッタリなのに、
どうにも演技に違和感を感じてしまいます。
(下手というわけではありません)

原作ファンとしては全く好きになれない作品でした。

a0114618_1158348.jpg


原作好きとしては厳しく評価させてもらいます。
★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-23 11:58 | 映画&ドラマ

週末の過ごし方 友人×(服、鍋、麻雀、てんぷら) 前編

先週末はかなり満喫した休日を過ごす事ができました。



19日(日)は僕と同じく服大好きな男前S君とミナミで服屋巡り

S君とは久々の買い物なので、終始2人ともかなりテンションが高かったですww

集合はお昼過ぎに「なんばパークス」で。

nano・universe」や「UR DOORS」「SHIPS JET BLUE」「AMERICAN RAG CIE」など、一通りパークスを見て回った後は、

心斎橋にある大丸の北館へ!
目的は「ROSSO」と「STUDIOUS

歩き回ってお腹が空いてきたので、
南船場にある「純生麺専門店 金星パスタ」に行きました。

注文したのは、ベタにトマトベースのパスタ(名前は忘れてしまいました・・・。)

a0114618_1142774.jpg


チーズとトマトソースのバランスが絶妙でかなりおいしかったです!!
初めて入る店なので、少し心配しまたが、全く心配いりませんでした。

オススメなのでみなさんも、南船場に行った時は是非!!


次に向かったのは、今回の目的の1つ「PASSIM(パッシム)

京都にあるセレクトショップdorama(ドラマ)の元店員で、
有名な読者モデル渕上 寛さんが南船場にお店を出されたとの事なので、
行ってみました。

少し迷いながら、携帯のNAVIで無事到着。
いや、ホントにわかりづらい。
無事着くまで少し不安になっちゃいましたww

お店には女性の店員さんだけで、渕上さんはいらっしゃいませんでした。
スナップはよく見るので、どんな接客をしてもらえるか
楽しみにしていたので、少し残念です。

小さい店舗ですが、独特なデザインの服が並んであって、
1点気になった商品があったので、
後で、戻ってくる事を約束してお店を後に。

近くのCiaopanic(チャオパニック)とセレクトショップを回った後、
南堀江にある立花通りへ。

URBANRESEARCHJOURNAL STANDARDHARE、と一通り回った後は、

ビッグステップと、アメ村の専門店、ブランド古着のお店「kind」に行った後、
PASSIMにもう1度見に行きました。

今度は渕上さんもいらっしゃって、
想像とは少し違い、関西のノリばっちしの接客をしていただき、
悩んだ末に京都のブランド「Vieja」のサイクルコートを購入しました。

a0114618_1265892.jpg

襟なしのコートなので、中にパーカー合わせたり、シャツを合わせたりと
色々とできそうで楽しみです。

大満足の買い物でしたが、
まだまだ終わりませんww

その後、心斎橋に再び戻り、ブランド古着のお店「RAGTAG(ラグタグ)」へ
欲しい商品はあったものの、サイズが合わないと嘆くS君を慰め、

再び難波に戻り、なんばCITYのUNIQLOへ!
目的はレディースのデニムシャツ!(メンズは丈が長くて合わないので)
結局サイズが合わず、こちらも断念。

最後にWHO'S WHOを見て、
友人Tの家で鍋&麻雀をしに2人で向かいました。

続く。。。
(次回は、鍋パ、麻雀、市場の天ぷらの3本立ての予定)
[PR]
by ks-1518 | 2010-09-23 01:28 | 日常