<   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

仮面ライダー THE FIRST

仮面ライダー THE FIRST

2005年公開の日本の特撮ヒーロー映画です。
石ノ森章太郎さん作の漫画「仮面ライダー」が原作です。

内容は、
悪の秘密組織ショッカーによって拉致された本郷猛は改造手術を施され、
バッタの能力を持つ改造人間・仮面ライダーとなる。
だが自我に目覚めた本郷は、ショッカーとの戦いを決意。
本郷の手で婚約者を殺されたと誤解する
雑誌記者・緑川あすかは怪人による事件を追う。
その殺されたはずの婚約者・矢野とうり二つの男・一文字隼人が
あすかの前に姿を現す。
彼こそはショッカーが仮面ライダー抹殺のために差し向けた、
仮面ライダー2号であった。
(Amazon参照)


監督:長石多可男 脚本:井上敏樹

主な出演者
黄川田将也、高野八誠、小嶺麗奈、ウエンツ瑛士、小林涼子
宮内洋、辺土名一茶、板尾創路、etc...


原点回帰をテーマに作られているだけあって、
テレビシリーズとは違い、原作漫画をベースに作成されています。

なので、変身の掛け声はありませんし、
自分の意思で、マスクを装着したり、

一文字も本郷を襲う刺客として登場するなど、
テレビシリーズのファンは少し違和感があるのかもしれません。


といってもファンサービス的な要素もあって

終盤でもファイティングポーズが
テレビシリーズの1号、2号の変身ポーズをアレンジしたようなものだったり、

ショッカーの幹部として天本英世さんの死神博士(呼称は無いですが)を
デジタル処理で流して(声は丸山詠二さんがアテレコされてました)いたりなど
しています。

どちらかと言うと子供よりも、大人を意識して製作されていて
ライダーキックや、きりもみシュート、ライダー卍キックのような
技はだしますが、技の呼称を言ったりせず、

攻撃もカンフー映画のような速いアクションの連続

ストーリーは恋愛要素を含ませ、人間ドラマの部分も強く打ち出しています。

よくわからなかったのは、ウエンツ瑛士さんと、小林涼子さん。
2人の演技はとても良かったんですが、
役どころは、時系列が行ったりきたりしてわかりづらく
主人公達にもそれほど直接関わらなかったので
なくても良かったのかも・・。


アクションは良かったのですが、
ストーリーがちょっとイマイチな感がいなめなかったので、
次作のNEXTに期待したいです。

a0114618_1365893.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-31 01:37 | 映画&ドラマ

ボトルネック 著:米澤 穂信

ボトルネック 著:米澤 穂信

インシテミルの著者米澤 穂信さんの青春ミステリー小説です。

内容は、
亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、
何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。
ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。
不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。
世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。
そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
(Amazon参照)


すごく不思議で評価がしづらい作品でした。

おもしろいとも言えないし、感動的でもなく、
ドキドキ感があるわけでもありません。

でも、読む価値が無いとも言えませんし、
全くつまらないわけでも無い・・・。

そして、後味は悪いww


すごく好き嫌いが分かれる作品じゃないでしょうか?
僕は好きでも嫌いでもありませんが。






-----ここからは若干ネタバレ-----

主人公が自分が生まれておらず、
流産して生まれなかった自分の姉がいるパラレルワールドで

自分の世界とパラレルワールドでも違いを見つけていき、

自分の存在と姉の存在とを比べることになってしまいます。

そこで、目を背けてきた自分の無力さや弱さを目の当たりにして・・・

って感じで、
そこにミステリー要素がちょっと付け足されています。


ラストがすっきりしない感じで微妙な雰囲気なので、
興味がある方は後味の悪さにご注意を。


P.S ボトルネックとは、システム設計上の制約の概念で
物事がスムーズに進行しない場合、
遅延の原因は全体から見れば小さな部分が要因となり、
他所をいくら向上させても状況改善が認められない場合が多い。
このような部分を、ボトルネックというそうです。

a0114618_1484795.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-30 14:09 | 読書

会話

会話って

コトバのやりとりじゃなくて

ココロのやりとりなんだと思う

自分のココロを相手に届けて

相手のココロを自分にもらって

堅い言葉で真剣な事を伝えたり

軽い気持ちで重い言葉を使ったり

パッケージと中身が違うことはあるかもしれないけど

ココロのやりとりはきっと大事


口に出さなくてもわかる事もある

でも

口に出さないとわからない事もきっとある

やっぱり会話って大事


a0114618_32866.jpg


「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-29 02:08 | つぶやき

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

1990年公開のアニメ ドラゴンボールZの劇場版 第3作品目
(ドラゴンボールから数えると6作品目)です。

内容は、
平和な一時を過す悟空たちであったが、
地球にはサイヤ人戦士ターレスの軍団が人知れず潜んでおり、
不穏な空気が流れていた。
ターレス一行は宇宙を暴れまわるクラッシャー軍団として恐れられ、
近いうちには銀河を手中に収めんとするならず者の集まりであった。
彼らは、星の生命を吸い上げて成長する神精樹を使い、
その実を食べることで絶大な力を手にする。
その神精樹の拠り所として選んだのが地球であった。
神精樹の種が蒔かれた地球には次々と天変地異が起こる。
北の界王から地球が衰退していくことを知らされた悟空たちZ戦士は、
神精樹を破壊して地球を救うため、
ターレスたちに戦いを挑む。
(Wikipedia参照)


いわずと知れたドラゴンボールの映画です!

今回の敵は、悟空と瓜二つの顔をしたサイヤ人 ターレスです!
色黒でサイヤ人の戦闘服を着ている以外は悟空と全く一緒!

声も悟空、悟飯と同じ野沢雅子さんww
本作では1人3役!!

これちょっとスゴイんで見所の1つです。


劇場版の映画の中でも好きな作品の1つですが、
何と言っても本作で注目なのは、敵役のターレス!!

いちいち残虐で、悟飯を大猿にして悟空を襲わしたり、
倒れている悟空に向かって連続でエネルギー弾をぶちこんだり

まさに戦闘民族サイヤ人らしい残虐非道ぶり!!
同じサイヤ人のナッパ、ラディッツもビックリですww

もう1つの見所は地球の戦士が活躍するところ!

後半の作品になればなるほど、強さのインフレが進み
サイヤ人以外に(ぎりぎりピッコロさんぐらい)活躍の場が無くなりますが、
本作では、クリリン、天津飯、餃子(チャオズ)、ヤムチャの4人が主力として頑張ります。
特にヤムチャは本作が最後の活躍シーンだったんじゃないでしょうか?ww

ストーリーも比較的よくまとまっていて
短い時間で愉しめる作品です。

a0114618_1304565.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-28 13:01 | 映画&ドラマ

風をつかまえた少年 著:ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー 翻訳:田口 俊樹

風をつかまえた少年
著:ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー
翻訳:田口 俊樹


内容は、
アフリカの最貧国、マラウイを襲った食糧危機。
食べていくために、学費が払えず、
著者は中学校に行けなくなった。
勉強をしたい。本が読みたい。
NPOがつくった図書室に通うぼくが出会った一冊の本。
『風力発電』。風車があれば、電気をつくれる。
暗闇と空腹から解放される。
―そしてマラウイでは、
風は神様が与えてくれる数少ないもののひとつだ。
(Amazon参照)


今年読んだ本の中でもTOP3に入るぐらい良かった本です!!

著者のカムクワンバ君の半生を描いています。
といっても現在で23歳ぐらいですがww

前半は、マウライという国の情勢
そこに住んでいる人達の様子

中盤は図書館で風力発電の本に出会い
実際に風車を作る様子、

後半は風車を作ったことによって
劇的に生活(人生)が変化していく様子を描いています。


中学校まで、普通に行くことができ
お腹が空けば食べるものがあり
蛇口を捻れば水も簡単に出る

日本で生きていれば当たり前に感じることが
当たり前ではない世界に住み、

そして、そんな中でも一生懸命生きている人々や
生きているだけでなく、自らの信念を持って学び、
行動するカムクワンバさんの生き様は

目にウロコ物です!!


必要な知識は図書館と独学で得、
工具が無ければ自分で作り
材料は廃材置き場から集め、

村の人達や時には(父親以外の)家族からも
狂っていると言われ、

それでも学びたいという気持ちと
風車を作って家族を楽にしてあげたいという気持ちで

実際に発電できる風車を作っていくなんて
自分に置き換えるととても信じられません。


学ぶことの大切さ
学ぶことによって得られるもの素晴らしさ


そんな事を教えてくれる素敵な1冊!

老若男女問わず、誰にでも為になる素晴らしい1冊です。

a0114618_12544190.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-27 12:55 | 読書

BECAUSE I CAN(ビコーズ アイ キャン) KATY ROSE

BECAUSE I CAN(ビコーズ アイ キャン)
KATY ROSE


2004年に若干17歳でデビューしたKATY ROSEの1stアルバムです。

収録曲は
1. Overdrive
2. I Like
3. Watchin The Rain
4. Enchanted
5. Catch My Fall
6. Snowflakes
7. Glow
8. Teachin' Myself To Dream
9. Vacation
10. Original Skin
11. Lemon
12. Because I Can
13. Lullabye(ボーナス・トラック)
14. Overdrive (Video / CDエクストラ仕様)

全14曲


CD発売当時、タワレコで視聴して1発で気に入った1枚です。
その頃、Avril LavigneMichelle Branchなど
ガールズロック(?)にハマっていたので、
気になったのかもしれません。


父親は、元ポコのメンバーで
クロスビー・スティルス&ナッシュ
アート・ガーファンクルのツアー・キーボーディストとして参加し、
母親はバック・シンガーとして
70年代の多くのスターと仕事をしている
音楽一家に育ち、
自身も13歳から作曲を始めたというつわものです。

そして、本作を発表した後、どうしているのかが全くの不明。
音楽活動をしているのか、引退したのか・・・。
現在出ている唯一のアルバムになります。

大阪の心斎橋のロフト前でフリーライブを観に行ったのが懐かしいです。
サインをもらい、一緒に写メを撮り、
サインをもらう為に「このCD買うの2枚目です。」ってゆうのを伝えたら
かなり興奮してハイタッチまでしてくれたのに・・・。


アルバムの楽曲はどれも重みがあって、
どちらかと言えば細い声質なのにも関わらず迫力を伴っています。

個人的なオススメは
1曲目のOverdriveやアルバムタイトルにもなっている
12曲目のBecause I Canです。
是非、1度視聴してみてください。

ガールズロック好きな方にはオススメの1枚です。

a0114618_1059321.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-26 11:00 | 音楽

最後の恋のはじめ方

最後の恋のはじめ方

2005年公開のアメリカ映画です。

内容は、
デートドクターと称される「ヒッチ」はモテない男性をモテるよう指南している。
ある日彼のもとへアルバートが仕事の依頼を申し込む。
なんと彼の憧れの女性は大金持ちの有名人だった・・・
アルバートにモテの指導をしている最中に、
ヒッチンスはゴシップ記者のサラ・ミラスに恋をしてしまう。
サラは男に興味が無いといっていたが、
他の男とは違うヒッチに少しずつ惹かれていく。
(Wikipedia参照)


監督:アンディ・テナント 脚本:ケヴィン・ビッシュ

主な出演者
ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ
アンバー・ヴァレッタ、マイケル・ラパポート、etc...


公開当時劇場に観に行ったのが印象に残っています。

ハリウッドの王道的なラブコメもので
少々予定調和な展開がありきたりですが、

安心感のある作りなので、それ程気になりません。

所々にコメディ要素を入れつつ、
きちんと感動させるところもあり、
完成度は高い作品です。

そして、映画全体にオシャレな雰囲気が漂っているのも本作の特徴。
ウィル・スミスの服装に始まり、凝ったインテリア
ニューヨークなどの街並みなど、
おおよそ日本人には馴染めない空間かもww
恋して~って思えるラブコメの王道作品ですwwww

a0114618_15331976.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-25 15:33 | 映画&ドラマ

KAGEROU 著:齋藤 智裕(水嶋ヒロ)

KAGEROU 著:齋藤 智裕(水嶋ヒロ)

内容は、
『KAGEROU』―儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、
絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か?
人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
(Amazon参照)



話題になっていたのと水嶋ヒロさんが好きなのもあって
ためらいながらも久々にハードカバーの本を買ってしまいました。

色々と酷評されていますが、比較的おもしろかったです。

文章量が少なく1日(約2時間強)で読み終えるぐらいの量で、
すらすらと読むことができます。

」がテーマということですが、
主人公の40歳のおじさんヤスオの
どこか掴みどころの無いキャラのせいか
あまり重苦しい感じもありません。

話の展開自体は、飽きることなく最後まで読むことができますが、
ストーリー自体やクライマックスの落とし所などには、
それほど目新しいものは無く、
最後の展開はある程度想像できました。

後半部分は展開が急過ぎたので
もう少し丁寧い書いて欲しかったところです。


キャラクターについては、

自殺を図るヤスオは、
自殺の理由についてざっくり説明していただけで
その苦悩の深さや、葛藤などが描かれておらず
中々感情移入できませんし、

重要なキャラクターであるキョウヤも
設定はおもしろいのに、その良さを十分に発揮できていない感もあります。

おもしろい点はいっぱいあるのに
ちょっと物足りない感があって
もったいないってゆう言葉が頭に浮かびます。

ポプラ社小説大賞とかの情報が無ければおもしろいと感じますが、
大賞を受賞するほどのおもしろさは正直感じませんでした。

ポプラ社小説大賞は第1回に方波見大志さんが「削除ボーイズ0326」で
大賞を受賞してからは2~4回は受賞者無しってゆうハードルが高い賞なので
ちょっと「?」がついてしまいます。

しかも今回でポプラ社小説大賞は終了で、
賞金が2,000万円→200万円に減ったポプラ社小説新人賞に変わるってゆうんだから
色々疑惑が出てしまうのは仕方の無いのかも・・・

しかも販売方法も返本がほぼ出来ない責任販売制という方式で
書店にリスクが大きくて、新人作家では中々しない方法をとっているので、
もしかしたら出版社の戦略勝ちって事なのかもしれません。


僕自身は本作は嫌いじゃないので、
是非次作でもっとおもしろいものをと期待しています。
そして、この逆風を吹き飛ばしてくれることを祈ってます。

a0114618_13374982.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-24 13:38 | 読書

サウンド・オブ・サンダー

サウンド・オブ・サンダー

2005年公開のアメリカ・ドイツ合作映画です。

内容は、
SF小説の巨匠、レイ・ブラッドベリの「いかずちの音」を原作に、
『エンド・オブ・デイズ』のピーター・ハイアムズが監督・撮影を手掛けたSFパニック。
タイムトラベルが可能になった2055年、
生態系を破壊する“4つの波”が人類に襲い掛かる。
(Amazon参照)


主な出演者
エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、etc...


違和感のあるCGと突っ込みたくなるほどご都合主義な設定と展開

低予算で作ったのは良いとしても、このレベルの低さはなんとも言えません。

同じ低予算でもフォーンブースやSAWのような傑作もありますし、
低予算映画、いわゆるB級映画と呼ばれる作品の中にも
トレマーズのような秀作もあります。

本作には、そういった名B級映画に観られる創意工夫があまり感じられません。
もしくは感じても、間違った努力のような感じ。

タイムトラベルなどの危険性など、問題提起は伝わってきますが、
その表現については首を傾げるようなものばかり

全く心に響かない作品でした。

a0114618_1174784.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-23 11:08 | 映画&ドラマ

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 著:山田 真哉

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
身近な疑問からはじめる会計学

著:山田 真哉


内容は、
本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、
会計の重要なエッセンスを学んでいきます。
いわゆる「会計の入門書」ではありません。
細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、
専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、
ひとつの読み物として読んでみてください。
(Amazon参照)


会計とか経済とかの本を読むのにはまっていた時に
読んだ本です。

会計について語っているというよりも、
もっと身近な事柄に視点を合わしているので、
会計に苦手意識のある人でも読みやすくなっています。

書いてあることがどこまで本当かはわかりませんし、
間違いについて指摘も色々なレビューでありますが、

今までと違った視点や考え方を与えてくれる点で
優れています。

会計のとっかかりや新しい視点を与えてくれる比較的オススメの良書です。

a0114618_1322828.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-12-22 13:05 | 読書