<   2011年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス 著:アンソニー・ホロヴィッツ

ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス
著:アンソニー・ホロヴィッツ 翻訳:竜村 風也
イラスト:荒木 飛呂彦


内容は、
唯一の肉親イアン叔父さんが、交通事故死にみせかけて殺された。
悲しみに暮れる間もなく、14歳のアレックス・ライダーは、
叔父さんがMI6(英国の諜報機関)の特殊工作員だったという事実を知る。
MI6にスカウトされた彼は、
全身傷だらけになりながらも地獄の訓練に耐え抜いた。
敵は、正体不明のコンピューター王だった。
やがて、リベンジ作戦が開始された…
(Amazon参照)


表紙と挿絵が僕の大好きな漫画家「荒木 飛呂彦」さんだということで
買ってしまった小説ですww


スパイの叔父から、そうとは知らず訓練を受けていた少年が、
叔父の死をきっかけにスパイとして活動するってゆうお子様向けの内容

正直に言うとかなり物足りない感じがします。

お子様向けなので、子供の時に読んでいれば
もっと違った印象になっていたんではないでしょうか。
ストーリーは良く言えばシンプル、悪く言えば単純。

スパイものらしく登場するギミックは少しおもしろいですが、
それも、もちろん子供目線で考えられたものなので大人だと少し・・・

続編があるみたいなので、今後の展開は気になります。

a0114618_2285388.jpg


★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-31 22:09 | 読書

アンストッパブル

アンストッパブル

2010年(日本では2011年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
操車場に停車中の貨物列車が整備員のミスによって無人のまま走り出した。
全長約800メートルに及ぶこの777号は大量の化学薬品を積んでおり、
時速100キロ以上で走る“巨大ミサイル”と化して人口密集地の街へ向かって突っ走っていく!
現場近くに居合わせたベテラン機関士フランクと新米車掌ウィルは、
男のプライドをかけ決死の覚悟で暴走列車阻止に立ち向かうが……。
(Amazon参照)


監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック

主な出演者
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン
ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、T・J・ミラー、リュー・テンプル、etc...


2001年にアメリカ オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故を基に作成された映画です。

元々、この映画が放送される前に、テレビ番組の奇跡体験アンビリバボーで
ドキュメンタリー(?)が放送されていて、それでこの事件を知っていたんですが、

その事件が映画化されるということで
公開が決まった時にはかなりビックリしました。
(もしかしたらそれで番組で取り上げたのかもしれませんが)

事故の大まかな内容は意外と忠実に作られていて、
展開などは大きく変更されていないみたいです。

98分と少し短い内容ですが、ホント全編を通して手に汗握るシーンの連続
最後までドキドキ、ハラハラしっぱなしです。

特にカメラワークは秀逸で、
列車、マスコミ、指令室、ニュース画面など
色々な角度から映し出されていてそれが臨場感を高めています

アクション映画としてかなり完成度が高い作品です。

a0114618_22285220.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-30 22:29 | 映画&ドラマ

ゴーゴーゴーワイワイワイ レトロ本舗

ゴーゴーゴーワイワイワイ レトロ本舗

2001年に神戸の元町で結成された日本ののスカバンドが
2004年に発売した1stミニアルバムです。

収録曲は
1. 飛ぶ計画
2. 鴨川に在る喫茶店
3. 大正デモクラシー
4. みつばのラムネピンポンパン
5. 三月
6. レトロパレード

全6曲。



クラブクアトロ心斎橋であった
Yum!Yum!ORANGEのライブを観に行った時に前座でされていたバンドがレトロ本舗
それが出会いのきっかけで、(その際に全員分のサインもCDにいただきました。)

その後、レコ初のライブに行ったりと一時期はまっていたバンドです。

今は脱退して少なくなりましたが、
本作発売当時は9人組のスカバンドでツインボーカル
というめずらしいバンド。

デビューアルバムとあって、
その後に発売されるアルバムに比べるとどことなく迫力自体は劣りますが、

個人的にレトロ本舗の好きな曲の上位に本作の曲が入ってきます。

ノリが良くて、思わず口ずさむような曲調。
それにぴったりと合った軽快なボーカルの掛け合いなど
賑やかではっちゃかめっちゃかなアルバムです。

初期のライブお馴染みの(最近のライブには行けていないのでわかりません。)
4曲目「みつばのラムネピンポンパン」は
今でも曲が流れると振り付けを思い出します。(笑)

ガチガチで激しいスカが無理な人でも、本作のような軽いスカはきっと大丈夫なはずです。

a0114618_20285569.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-29 20:29 | 音楽

木更津キャッツアイ 日本シリーズ

木更津キャッツアイ 日本シリーズ

2003年公開の日本映画で、
2002年1月~3月の間に放送されたテレビドラマ「木更津キャッツアイ」の
映画第1弾です。続編に「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」があります。

内容は、
余命半年を宣告された21歳のぶっさんだけど、あいかわらず元気イッパイ。
草野球チームであり怪盗団でもある「木更津キャッツアイ」のメンバーとともに
野球とビールを楽しむ日々。
そんなある日、死んだはずの仲間オジーがよみがえり、
そこから奇妙な出来事が…。
(Amazon参照)


監督:金子文紀 脚本:宮藤官九郎

主な出演者
岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、酒井若菜
山口智充(DonDokoDon)、阿部サダヲ、哀川翔、etc...


いや~おもしろい!!
ドラマよりもさらに無茶な設定が多いけど、この際気にしないww
てか気にしてたら楽しめないww

爆笑アリ、ほんのりした感動アリ、何でもアリ(笑)

いや~本当にこの映画観ていたらテンションが上がってきます!!

特に木更津キャッツの掛け声の時と
木更津キャッツアイのテーマ曲が流れる時はワクワクして
条件反射で楽しい気分にさせてくれます。

出演者同士が仲良いんだろうな~って感じさせてくれるぐらい
楽しそうで、観ているこっちにはでそれが波及してきます。

ストーリーは相変わらずリアリティのカケラも無いけど
魅入ってしまう名作です!

a0114618_81813100.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-28 08:18 | 映画&ドラマ

アルテミス・ファウル―妖精の身代金 著:Eoin Colfer

アルテミス・ファウル―妖精の身代金
著:Eoin Colfer(オーエン・コルファー) 
翻訳:大久保 寛


内容は、
アルテミス・ファウルは、伝説的な犯罪一家に育った12歳の天才少年。
コンピューターを駆使して「妖精の書」を解読したアルテミスは、
妖精の黄金を手に入れようともくろむ。
だが本物の妖精たちは、物語に登場するような可愛らしい連中ではなく、
ハイテクで武装した危険な集団だった!
アルテミスと妖精たちの激しい戦いが始まる―。
(Amazon参照)


性格のひねくれた天才犯罪一家の1人息子の主人公アルテミス
魔法ではなく(少しだけ使いますが)ハイテク兵器を駆使する妖精達


ファンタジー小説にも関わらず設定がビックリするようなものになっています。


決して正義の味方では無い主人公が繰り広げるストーリーなだけあって、
いわゆるアンチヒーロー的なイメージを描いています。

ファンタジーの王道のハリー・ポッターとはある意味間逆ですww


児童文学書なので、大人が読むには少し表現が子供っぽくて
物足りないかもしれませんが、
ファンタジー好きにはオススメできるレベルの内容ではあります。


王道ファンタジーに飽きた方にオススメです。

a0114618_233856.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-27 23:03 | 読書

PLAY COMME des GARÇONS x JACK PURCELL CONVERSE

今回は靴を買ってしまいました!!

日本設立のブランドComme des Garçons(コム・デ・ギャルソン)と
アメリカのシューズブランドConverse(コンバース)がコラボしたアイテム!!

実は前に(多分2年ぐらい前に)もコラボしていて
その時はオールスター(チャックテイラー)とコラボしていて
こんな感じの靴です。

a0114618_223392.jpg

a0114618_2233333.jpg


本当はこのチャックテイラーの白のハイカットかロウカットが欲しかったんですが
両方履いてみても中々決められず、
仲の良くさせてもらってるオシャレな店員さんの所に相談に行っても決められず

最終的に今年発売されたジャックパーセルとコラボしたものを購入してしまいましたww

オシャレな箱に入っていて
a0114618_22362872.jpg

開けてみると・・・・
a0114618_22364377.jpg

かなりかわいくないですか?

横から見るとよくわかると思いますが
a0114618_22371215.jpg

定番のプレイのハートマークが可愛いんです!
横方向にステッチも入っているので、普通のジャクパーセルに比べて丈夫!!

ソールにもしっかり隠れてプレイマークが入っています
a0114618_22384294.jpg

このソール普通の物よりもかなり厚みがあってクッションがすごく効いていて
歩くのがすごく楽!!

春夏に重宝しそうなアイテムになりそうです!!
いや、冬にジャケットとかキレイ目をモノトーン系で固めて
足元にコイツでも良さそうです!

いや~楽しみが増えました!
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-26 00:03 | ファッション

ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション

2003年(日本では2004年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
日本のウィスキーのコマーシャルに出演するために来日した
ハリウッド俳優、ボブ・ハリス。
異なった都市で言葉も通じず孤独を感じていた。
同じホテルに滞在していたシャーロットは結婚したばかりだが、
写真家の夫は仕事に忙しく、ボブと同じように孤独であった。
二人はホテル内で顔を合わせるうちに親しくなっていく。
(Amazon参照)


監督・脚本:ソフィア・コッポラ

主な出演者
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ
アンナ・ファリス、フランソワ・デュ・ボワ、マシュー南(藤井隆)、etc...


ソフィア・コッポラ監督の代表作とでも言うべき作品です。
(確か4作ぐらいしか監督作品無かったですけどww)

主演はゴーストバスターズシリーズで有名なビル・マーレイ
2006年に「世界で最もセクシーな女性100人」でトップを取ったスカーレット・ヨハンソン

東京を舞台にしているので、日本人にとっては馴染みがあってうれしいのと
アメリカ人の主人公2人が異国(日本)での孤独を表現しているので
少し複雑な気持ちと両方の気持ちになりますww

全体的に暗い雰囲気でゆっくりとしたテンポの作品なので
これぞハリウッド大作!的なエンターテイメント作品や
シンプルな恋愛物を期待している人にはあまり合わない作品のように思います。


ソフィア・コッポラ監督の作品はマリー・アントワネットの作品でも顕著ですが、
女性の内面を映し出すのが本当に巧い!!

そして本作では女性目線だけでなく、孤独をテーマに
夫婦、年寄りと若者、友情など様々な人間関係を映し出して
色々と考えさせられます。

主人公達の孤独を表現する為からか
他の国の上映時にも日本語が吹き替えされず上映されたとの事なので、
日本人以外の目線で観るとまた違った良さがあるのかもしれません。

映像が独特の色調で芸術的な雰囲気も持っている名作です。

a0114618_21282317.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-25 21:28 | 映画&ドラマ

イン・ザ・プール 著:奥田 英朗

イン・ザ・プール 著:奥田 英朗

内容は、
トンデモ精神科医伊良部登場!
深夜のプールに忍び込みたいと思ったこと、ありませんか?
水泳中毒、ケータイ中毒、持続勃起症…ヘンなビョーキの博覧会。
新・爆笑小説。
(Amazon参照)


松尾スズキさん主演で映画化もされた作品です。

一風変わった病気を患った患者
一風どころか二、三風変わった精神科医とが繰り広げる
短編集ですww


水泳中毒、ケータイ中毒、持続勃起症、強迫観念、被害妄想など、
他人から見れば変な病気を患った患者が

医者として(とゆうか人間として)どうなの?
って言いたくなるぐらいハチャメチャな精神科医の伊良部の元へ訪れます。

人間的にダメダメなのに、
読んでいて全く嫌悪感を感じさせず、

そのダメダメっぷりがとにかくおもしろくて笑えます!

ちっとも治す気は感じられないのに、
適当に感じる一言一言が(結果的に)患者の病を治します。


良い意味で、こんなくだらなさは中々表現できないんじゃないでしょうか?

本当に本作の主人公(?)伊良部医師が良い味だしています!

最悪な人間なのに、どこか憎めない、
毒が無いキャラで、且つ存在感がスゴ過ぎです!!

気分が落ち込んでいる時に読むと良いのかも

a0114618_2023135.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-24 20:23 | 読書

香川 0泊2日 うどんツアー 6-7/7

香川 0泊2日 うどんツアー 今回はラスト6、7軒目をご紹介。

うどんツアー 1軒目はコチラ
うどんツアー 2、3軒目はコチラ
うどんツアー 4、5軒目はコチラ


ものすごい普通のうどんの後は、カフェで一息いれてから
併設している雑貨屋さんで教えてもらった 手打ちうどん はゆか
a0114618_2395931.jpg


店内に入るとスグ左手にお兄さんがうどんを切っていました。
a0114618_23102856.jpg


さっそくうどんを注文!
今回はゲソ天をトッピング!
a0114618_2311823.jpg


いや~コシがあってウマイ!!1つ前に食べたうどんが普通だったからか、
この旅で一番おいしく感じたかもしれません!!
食べログでも評判のお店らしくオススメです。

そして最後にもう1軒という事で帰り道がてら立ち寄ったのは
うどんのわら家
a0114618_2315985.jpg


注文したのはコチラ
a0114618_23154884.jpg

シンプルに釜上げうどんです。

こちらは疲れMAXの時&うどん7杯目って事もあって
あまり良い印象がありませんw
麺は食べ応えがあって良いんですが、どうもダシが僕の口には合わなかったみたいです。
四国村ってゆう観光地の横にあるので、
お値段も少しだけ高い(それでも安いですが)のもちょっとイマイチといった所です。

以上、うどんツアーで食べた7食全てです!
今回行けなかった所や、隠れた名店もあると思うので
また行きたいと思います。

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-23 23:19 |

シンデレラマン

シンデレラマン

2005年公開のアメリカ映画です。

内容は、
ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドックだったが、
年齢的にも全盛期を過ぎ、またアメリカは大恐慌まっただ中の辛い時代、
連戦の疲労から怪我もあり、ライセンスを剥奪されてしまう。
ボクサーの仕事を失ったジムは、
港湾労働者として日雇いの仕事をしながら妻や子供たちと暮らしていたが、
生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。
やがて、消化試合のために、
たった一回のボクシングの試合を戦うチャンスを得る。
家族のために戦った、実際に存在した英雄の物語である。
(Wikipedia参照)


監督:ロン・ハワード 脚本:アキヴァ・ゴールズマン、クリフ・ホリングワース

主な出演者
ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ
クレイグ・ビアーコ、ブルース・マッギル、etc...

実在の人物ジェームス・J・ブラドックの実話を基に描いた作品です。

伝記的な要素も含んでいて、
大恐慌当時の空気感や悲壮感なんかが
情景で見事に表現されています。

観ていて真に迫るぐらい。

ストーリー展開自体は王道とでも言うべきもので、
意外な展開もありませんが、

前述の空気感と主演のラッセル・クロウの演技が相まって
感動を誘ってくれます。

ただ、ジム・ブラドックと対戦するマックス・ベア
悪役として描かれていますが、実際はそんなダーティな人物ではないらしく
映画をおもしろくする為には仕方ないかもしれませんが
ちょっと可哀そうに思いました。

普通に観れて、普通に感動できる作品です。

a0114618_20583655.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-05-23 20:58 | 映画&ドラマ