<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

死神の精度 著:伊坂 幸太郎

死神の精度 著:伊坂 幸太郎

内容は、
「俺が仕事をするといつも降るんだ」
クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。
音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。
(Amazon参照)


ある死神が主人公の短編集です。

人間界に来るといつも雨が降っていて、青空を見た事が無い死神の千葉
ミュージックが大好きで、人間の死には興味が無いけれど、
人間が死に絶えることで音楽が聴けなくなるのは嫌だと考えている
人間側から見るとかなり変わった人物が主人公。

死神が主人公という事でどんな内容になるのか?と心配していましたが、
何のことはありません。

絶妙な間で話が展開していき、
1つ1つの短編の完成度も高く、最終的には感動させられます。

本作を読む前に、本作が原作の映画で
金城武さん主演の「Sweet Rain 死神の精度」を観て
イマイチだったので、

期待していなかった分、本作のクオリティの高さには純粋に嬉しかったです。

a0114618_21105497.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-30 21:11 | 読書

TRU CALLING-トゥルー・コーリング

TRU CALLING-トゥルー・コーリング

2003年10月~2005年4月まで公開されていたアメリカドラマです。

内容は、
主人公のトゥルー・デイビーズは、大学を卒業し、病院の研修生になるはずが、
モルグ(=死体安置所)で働くことになってしまった。
初日の深夜勤務中、トゥルーはモルグから自分の名を呼ぶ声を聞く。
声のするクリプト(=遺体ロッカー)を開け、
そこに収容されたばかりのレベッカという若い女性の遺体を見つめていると、
突如その目が開き、トゥルーに向かって「助けて」と救いを求めた。
その瞬間、時間が逆転し、気がつくとレベッカが殺害される当日の朝に戻っていた。
トゥルーは24時間以内に事件を解決し、
助けを求める人のために尽力することとなる。
(Wikipedia参照)


主な出演者
エリザ・ドゥシュク、ショーン・リーブス、ザック・ガリフィアナキス
ジェシカ・コリンズ、A・J・クック、マシュー・ボマー、and more...

収録話は、
1 ストレンジ・デイ / Pilot
2 天職 / Putting Out Fires
3 弟 / Brother's Keeper
4 バチェラー・パーティー / Past Tense
5 月と星 / Haunted
6 秘密の関係 / Star-Crossed
7 元カレ / Morning After
8 清算 / Closure
9 モルグ殺人事件 / Murder in the Morgue
10 女友達 / Reunion
11 終わりなき日 / The Longest Day
12 バレンタイン / Valentine
13 ミス・フレッシュ・フェイス / Drop Dead Gorgeous
14 父と娘 / Daddy's Girl
15 ミシェルの災難 / The Getaway
16 表裏一体 / Two Pair
17 自殺願望 / Death Becomes Her
18 隣人 / Rear Window
19 D.O.A. / D.O.A.
20 最愛の人 / Two Weddings and a Funeral
21 ホワイトスコール / Perfect Storm
22 ギミック / Grace
23 闇の中で / In the Dark
24 運命の力 / The Last Good Day
25 死命 / Enough
26 ナイト・ビフォア・クリスマス/ 'Twas the Night Before Christmas...Again

の全26話です。



最終回が、続編があるような形で終わり方で
伏線も多数未回収のままで、次作が製作されなかった作品です。

おもしろいのはおもしろいんですが、物語が完結していないので
どうにも不完全燃焼です。


それを無視すれば、見所はたくさんあります。

特殊な能力を持った主人公を筆頭に
個性的なモルグの上司や少し残念な弟ww
魅力的なライバルなどキャラクターは豊富で

それらの人物達が絡む人間関係は複雑でおもしろいですし、

24時間前に戻って事件を解決するという、おもしろい設定とその謎解き。
毎回少しずつ明らかにされていく秘密と様々な伏線など、
かなり完成度が高いドラマに仕上がっています。

それだけに続編が製作されないのは残念です。

a0114618_031033.jpg


続編が無い悲しさで★を1つ減らして
★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-29 23:53 | 映画&ドラマ

新しい仲間が!! Minolta CLE

最近僕のカメラに新しい仲間が加わりました!!

Minolta(ミノルタ)のCLEです。

a0114618_23423573.jpg


さて、このCLEですが、最近仲良くさせていただいている、
あるお方にいただきました。(お借りしました?)

元々そのお方にOLYMPUS PEN(オリンパス・ペン)を欲しいという話をしていたんです。
ちなみに2009年から宮崎あおいさんがCMでしているデジタルじゃなくて
60~80年代に販売されていたハーフカメラの方です。
詳しくはコチラ 

ハーフカメラでは無いですが・・・って急に会った時に持ってきていただいたんです!!
いや~ビックリです。

正直フィルムカメラには疎いので、よくこのカメラは知らなかったんですが
家に帰ってよくよく調べてみると・・・
かなりの名機なんです!!

1981年に発売された長老で、僕よりも年上ww
ミノルタ最後のレンズ交換式レンジファインダーカメラということで
今でも結構な人気があるらしいです。

フィルムのカメラはトイカメラでしかキチンと撮っていなかったので
これを機にこいつを使いこなせるようになりたいと思います!!

そして、その結果をデジカメの方にもフィードバックできたらとか考えてます。

その内、blogかHPで撮った写真もアップしますので好ご期待!

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-28 23:41 | 日常

エスパドリーユ MADE in SPAIN

今、流行りの(?)靴 エスパドリーユを買ってしまいました。

ちなみにエスパドリーユって僕はあまり聞き慣れなかったんですが、
どんなのかご存知ですか?

エスパドリーユ発祥の地はフランスとスペインの国境を挟んだバスクという地方で、

甲の部分は布で、
靴底が縄で作ってあるのが特徴です!
靴底にエスパルトの繊維を編み込んでいたことからエスパドリーユ名づけられたそうです。

フランスでは屋外で履く人もいますが、一般的にイメージするのは
夏の室内履きだそうです。


そんなエスパドリーユですが、
僕が購入したのはコイツ!!

a0114618_23151282.jpg


ちょっと土臭くて男っぽい雰囲気がありませんか?
そして生産もMADE in SPAIN!!このスペイン産ってのにも少し惹かれます。
何かヨーロッパで生産されているのって変に愛着が沸くんですよね!

底はもちろん縄で作られていて、その下にソールがあります。
僕が気に入っているのは足の甲の部分にアトランダムに刺繍されたラインです。

イージーパンツとかショーツと相性抜群っぽくて、
裸足で履いて楽で涼しいので、これからの季節にヘビーローテーションになりそうな予感です。
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-27 23:20 | ファッション

I Get Wet   Andrew W.K.

I Get Wet Andrew W.K.

1998年にインディーズデビューしたアメリカのロック歌手の1stアルバムです。

収録曲は、

1. It's Time To Party
2. Party Hard
3. Girls Own Love
4. Ready To Die
5. Take It Off
6. I Love NYC
7. She Is Beautiful
8. Party Til You Puke
9. Fun Night
10. Got To Do It
11. I Get Wet
12. Don't Stop Living In The Red

全12曲


このおっさん(失礼ww)かなりぶっ飛んだ方ですww

下のアルバムジャケットを見ていただいたらわかると思いますが、
顔面血だらけです。

この人、アルバムのジャケットの為に必要も無いのに
自分で壁に顔面をぶつけて鼻血を出したそうですww
しかも、結局血の量が足らなくて豚の血で代用したんだとか・・・。

どうです?ぶっ飛んでるでしょ?
この時確か21歳だったと思います。

親日家なのか、
日本で発売されるアルバム(日本国内盤)の楽曲全てに邦題のサブタイトルがついてあったり、

安藤竜の名義で
鼠先輩の「六本木〜GIROPPON」とかGReeeeNの「キセキ」、
THE BLUE HEARTSの「リンダ リンダ」をカバーしたアルバムも発売しています。

この人の楽曲はパーティの曲をロックにして歌ってるんですが、
これがまたゴリゴリで激しいロック!!

特に、1曲目のIt's Time To Party
2曲目のParty Hard はまさに盛り上がるのにピッタリの曲で、
6曲目のI Love NYCは思わず叫び出したくなる曲です。

ゴリゴリのロックが好きな方におすすめの1枚です。

a0114618_22525113.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-26 22:53 | 音楽

理由

理由

1995年公開のアメリカ映画で、
ジョン・カッツェンバックの同名小説が原作です。

内容は、
1986年、フロリダ州オチョピー。
わずか11歳の白人少女ジョウニー・シュライヴァーが無残な死体で発見された。
逮捕されたのは、黒人青年ボビー。
死刑判決を受けた彼は、8年後にある行動を起こす。
死刑反対論を唱えるハーバード大学教授ポール・アームストロングの元に
無実を訴える手紙を出したのだ。
過去に遡って調査を開始するポールの前には、
次々と意外な事実が浮かび上がってくる…。
(Amazon参照)


監督:アーネ・グリムシャー 脚本:ジェブ・スチュワート、ピーター・ストーン

主な出演者
ショーン・コネリー、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・キャプショー
ブレア・アンダーウッド、エド・ハリス、etc...


16年も前の作品ですが、オススメできる映画です。

本作では3人の名優が出演しています。
ショーン・コネリー、ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリスです!

ショーン・コネリーはこの頃からあまり変わっておらず
貫禄のある演技を魅せてくれ、

ローレンス・フィッシュバーンは今と違い痩せマッチョな感じで
強面の警察官を演じています。

そして、エド・ハリスは知的な人物を演じているイメージですが
本作ではかなり頭の逝っちゃった連続殺人犯の役を演じています。
その壊れようは本作の見所の1つです。


ストーリーは詳しく書くと面白さが激減してしまいますので
ここでは割愛させてもらいますが、

おもしろいとだけ言っておきたいと思いますww

気になる方は、ストーリーのあらすじなども調べずに
本作を観ることをオススメします。

a0114618_12312818.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-25 12:31 | 映画&ドラマ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 著:J・K・ローリング

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
著:J・K・ローリング(Joanne Kathleen Rowling)翻訳:松岡 佑子


内容は、
魔法界のサッカー、クィディッチのワールドカップが行なわれる。
ハリーたちを夢中にさせたブルガリア対アイルランドの決勝戦のあと、
恐ろしい事件が起こる。
そして、百年ぶりの開かれる三大魔法学校対抗試合に、
ヴォルデモートが仕掛けた罠はハリーを絶体絶命の危機に陥れる。
しかも、味方になってくれるはずのロンに、思いもかけない異変が…。
(Amazon参照)


シリーズ第4作目
ハリーの魔法学校4年生の時のお話です。

個人的にシリーズを通して1番か2番目に好きな作品です。

真ん中の巻ってゆうのもあるからなのか
劇的な変化が本作で起こり、
本作のラストから、シリーズのラストへの道のりがある程度呈示されます。

さらに、本作では色々な事柄が明らかになります。
ダンブルドアの校長ではなく、ヴォルデモートの唯一恐れている人物としての側面。
ヴォルデモートに対抗する人たち、スネイプの過去etc...

この後のシリーズの伏線も数多く張られています。

そして、本作から少しずつダークな側面も覗かせはじめるので、
印象ががらりと変わり苦手になった人もいるかと思います。

初の上下巻という事もあり、ボリュームも大幅UPしていますが、
全く長く感じさせられないぐらい色々な出来事が起きて、
逆に読み足りない気持ちにさせられます。

a0114618_3372813.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-24 23:35 | 読書

マイレージ、マイライフ

マイレージ、マイライフ

2009年(日本では2010年)公開のアメリカ映画で
ウォルター・カーンの同名小説が原作です。

内容は、
年間322日も出張するライアン・ビンガムの仕事は
企業のリストラ対象者に解雇を通告すること、
つまりプロの""リストラ宣告人""。
「バックパックに入らない人生の荷物は背負わない」をモットーとする彼は、
夢の1000万マイル達成をすぐ目前にし、
しがらみから自由な生き方を楽しんでいた。
そんなライアンに二つの出会いが訪れる。
一人目は彼と同じく出張族のアレックス。
気軽な大人の関係とお互い割り切って情事が始まる。
もうひとつの出会いは新入社員のナタリー。
ネット上で解雇通告を行い、
出張を廃止するという合理化案を会社に提出しており、
ライアンの立場と1000万マイルの達成を危うくする存在だった。
異なる年代の二人の女性との出会いをきっかけに、
人を""切る""ことで生きてきた男が
""つながり""の大切さに気づいていく・・・。
(Amazon参照)


監督:ジェイソン・ライトマン 脚本:ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー

主な出演者
ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック
ジェイソン・ベイトマン、エイミー・モートン、etc...


監督が、サンキュー・スモーキングJUNO/ジュノ
ジェイソン・ライトマン監督!!

2作とも好きな作品だったので、本作も期待していましたが、
期待を裏切らない秀作ぶりです。

単純なハッピーエンドのストーリーでなく、
社会派なテーマに恋愛とゆうフィルターを通して
人の絆やつながりを巧くハリウッドらしいエンターテイメントに
落とし込んでいます。

ジョージ・クルーニー主演で安定感は抜群ですし、

妖艶な大人の女性を演じているヴェラ・ファーミガ、
トワイライトシリーズで端役で出演し、
本作ではフレッシュな今時の女性を演じたアナ・ケンドリックが

本作に華を添えています。

ゴールデングローブ賞で脚本賞を受賞(その他映画賞受賞)しただけあって
オススメできる作品です。

a0114618_2123536.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-23 21:24 | 映画&ドラマ

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説 著:東野 圭吾・石田 衣良 and more

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説
著:東野 圭吾・石田 衣良 and more


内容は、
超人気作家7人が『こち亀』を小説化!!
『新宿鮫』の鮫島&晶が浅草初詣で両さんと遭遇。
『池袋ウエストゲートパーク』のマコトは両さんと一緒に結婚詐欺師退治。
大原部長と悪ガキ両さんの知られざる出会いなど、
両津勘吉大活躍の短編が7本!
(Amazon参照)



2007年5月にこち亀連載30周年&日本推理作家協会60周年を記念して
作家の各々の作品の登場人物とこち亀キャラとのコラボレーションが行われた作品です。

掲載作品は
『幼な馴染み』大沢在昌:鮫島警部、青木晶、藪英次(新宿鮫シリーズ)
『池袋⇔亀有エクスプレス』石田衣良:マコト(池袋ウエストゲートパークシリーズ)
『キング・タイガー』今野敏:コラボなし
『一杯の賭け蕎麦』柴田よしき:花咲慎一郎
『ぬらりひょんの褌』京極夏彦:南極夏彦(どすこい)
『決闘、二対三!の巻』逢坂剛:梢田威、斉木斉(御茶ノ水警察署シリーズ)
『目指せ乱歩賞!』東野圭吾:コラボなし

の6作品。


いわずとしれたこちら葛飾区亀有公園前派出所こと
こち亀!!

連載35年の超長寿作品で巻数は174巻にも達しています(確かギネス記録)

そんなこち亀とベテランミステリー作家がコラボした短編集!!

いや~おもしろかったです。

見所は有名作家の作品の登場人物とコラボって事らしいんですが

個人的に一番おもしろかったのはコラボしていない
東野圭吾さんの「目指せ乱歩賞!」です。

人間離れした両さんのキャラを十二分に表現していますし
小説家ならではのストーリーも秀逸!!

こち亀、東野作品のどちらを読んでいなくても
楽しめます。

他の作品もおもしろいんですが、
何作かは両さんの表現が緩かったりと惜しいと感じるものもあります。

こち亀ファンもミステリーファンも楽しめる1冊です。

a0114618_2265937.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-22 22:09 | 読書

レボリューション6

レボリューション6

2002年公開のドイツ映画です。

内容は、
ベルリン・クロイツベルグ地区マッハナウ通り。
ティムと車椅子のホッテは廃屋で暮らしていた。
2人は他の4人の仲間たちと、
87年にここを拠点として帝国主義へのアナーキーな抵抗運動を行っていた。
しかしベルリンの壁崩壊以降、2人を残し当時の仲間たちはばらばらとなってしまった。
そんなある日、空き家の豪邸が突然爆発する。
原因はティムたちが15年前に仕掛け不発に終わった時限爆弾だった。
捜査の過程で6人の犯罪を示すフィルムも警察に押収されてしまう。
ティムとホッテは、いまでは別の人生を歩んでいる
かつての仲間に大急ぎで連絡を取るのだった…。
(allcinema参照)


監督;グレゴール・シュニッツラー 脚本:ステファン・デーンネルト、アンネ・ヴィルドゥ

主な出演者
ティル・シュヴァイガー、マーティン・ファイフェル、ゼバスティアン・ブロンベルク
ナディヤ・ウール、マティアス・マシュケ、ドリス・シュレッツマイヤー
クラウス・レーヴィッチェ、etc,,,


善き人のためのソナタesノッキン・オン・ヘブンズ・ドアなど
何気に名作が多いドイツ映画!!

抽象的な表現で、理解しづらい映画が多いヨーロッパ映画ですが
ドイツの映画は意外と当たりの作品が多いです。

本作もそんな当たりの内の1本!!


それぞれ生き方が変わった(変わらない)かつての仲間達が集まった事で起きる、
葛藤、恋愛、裏切り、駆け引きなどをコメディ要素も少し入れながら
巧みに表現しています!!

クライムムービーの要素も含んでいるので、物語後半には
手に汗握るようなシーンも!!

一度、社会の王道の道からそれてしまった人間が魅せる
苦しさや憤り、そしてそこから抜け出した仲間たち
一種の社会風刺的な要素も含んでいます!

もちろん映像はヨーロッパ映画らしく美しい情景を描いています!!

オススメの作品の1つです。

a0114618_221198.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-06-21 22:02 | 映画&ドラマ