<   2011年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ノルウェイの森

ノルウェイの森

2010年公開の日本映画で村上春樹の同名小説が原作です。

内容は、
高校時代に親友・キズキを自殺で喪ったワタナベは、
誰も知っている人間がいない東京の大学に行く。
そこでワタナベは空っぽな日々を送るが、
偶然キズキの恋人だった直子と再会する。
大切なものを喪った者同士付き合いを深めていき、
ワタナベは直子に魅かれていく。
そして、直子の二十歳の誕生日に二人は夜を共にする。
ところが、ワタナベの想いが深まれば深まるほど
直子の喪失感はより深く大きなものになっていき、
直子は結局京都の療養所に入院することになる。
そんな折にワタナベは大学で、小動物のように瑞々しい緑と出会う。
ワタナベは、直子とは対照的な緑と会うようになり、あるとき緑の自宅で唇を重ねる。
その後、直子から手紙が届き、ワタナベは直子に会い行く。
そこで、ワタナベはギターによるビートルズの「ノルウェイの森」を聴くことになる。
それは、直子が大好きな曲だった。
彼女はその曲を聴くといつも涙が止まらなくなるのだった…。
(Amazon参照)



監督・脚本:トラン・アン・ユン

主な出演者
松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、玉山鉄二、etc...


いや~スゴイ映画でした。
おもしろいってゆうのも少し違うし、
村上春樹の雰囲気が強く出てるってのも少し違うし・・・。

でも何か強い印象が残る作品でした。


元々、村上春樹さんの作品はあまり肌に合わず
しっかりと読んだのは1~2冊ぐらいしかありませんが、
ざっくりとした村上作品の匂いみたいなものはわかっているつもりです。

この映画からはその匂いがしっかりと感じることができました。

メインの3人
松山ケンイチさんはカメレオン俳優と呼ばれるだけあって
しっかりと役にはまっていますし、

水原希子さんは女優としては初の作品ということで
決して演技が巧いわけではありませんが
そのぎこちなさが逆にミステリアスでマッチしていました。

菊池凛子さんは相変わらず独特の存在感で圧倒的でしたが
どうにも年齢に無理があるようで気になってしまいました・・・。


監督が日本人で無い事もあってか幻想的な雰囲気で終始続くので
この雰囲気が好きか嫌いか大きく分かれると思います。

好き嫌いはあるでしょうがオススメできる作品です。

a0114618_0251992.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-31 00:25 | 映画&ドラマ

美味!!キムチカルボナーラ!!

10日程前に作ったカルボナーラの余り物で、またまた作ってみました。

今回はキムチカルボナーラ!!

前に神戸のパスタ屋さんで食べてめちゃくちゃ美味しかったんで
自分でも挑戦!!

といっても前回作ったカルボナーラの作り方と一緒ww
それにキムチ入れるだけwwまぁ多少他の分量は減らしましたが。

完成品はコチラ

a0114618_1364095.jpg


どうです?美味しそうじゃないですか?
(盛り付けが汚いので今度はキレイに盛りたいと思います。)

実際食べてみるとこれがまた美味しい!!

カルボナーラのクリーミーとキムチのピリ辛とがあいまって絶妙です!!

一度作ってみてください!オススメです!

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-30 13:09 |

Infinity on High(インフィニティ・オン・ハイ) Fall Out Boy(フォールアウトボーイ)

Infinity on High(インフィニティ・オン・ハイ)
Fall Out Boy(フォールアウトボーイ)


2001年に結成されたアメリカのパンクロックバンドFall Out Boyの2枚目のアルバムで、
本作のアルバム名はゴッホが1888年に弟に宛てた手紙からの引用だそうです。

内容は、
2006年のグラミー賞の新人賞にもノミネートされたシカゴ出身4人組の2ndアルバム。
プロデューサーには、
ニール・アヴロンに加えベイビー・フェイスの名前も!
パニック・アット・ザ・ディスコ、ニュー・ファウンド・グローリーもゲスト参加。
(Amazon参照)

収録曲は
1. Thriller
2. The Take Over, The Break's Over
3. This Ain't A Scene, It's An Arms Race
4. I'm Like A Lawyer With The Way I'm Always Trying To Get You Off (Me & You)
5. Hum Hallelujah
6. Golden
7. Thnks Fr Th Mmrs
8. Don't You Know Who I Think I Am?
9. The (After) Life Of The Party
10. The Carpal Tunnel Of Love
11. Bang The Doldrums
12. Fame-Infamy
13. You're Crashing, But You're No Wave
14. I've Got All This Ringing In My Ears And None On My Fingers
日本番ボーナストラックとして
15. G.I.N.A.S.F.S.
16. It's Hard to Say "I do", When I Don't.



お気に入りの1枚!
ノリも良くて全曲聴きやすく、
ジャンルはパンクロックに分類されているみたいですが、
ポップな要素もたっぷりで比較的に誰でも聞きやすいアルバムです。

1曲1曲のクオリティが高く、
曲と曲との繋ぎ方(曲順)のバランスも素晴らしくてアルバムとしても◎!!

発売当時HMV(?)で視聴した時に一発で聴き惚れて購入しました!

オススメできる1枚です。

a0114618_9244888.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-30 09:25 | 音楽

告白

告白

2010年公開の日本映画です。

内容は、
ある中学校、雑然とした教室。
終業式のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだす。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は「告白」から始まる。
(Amazon参照)


監督・脚本 中島哲也

主な出演者
松たか子、岡田将生、木村佳乃、芦田愛菜、山口馬木也、高橋努、etc...


原作小説が好きだったんですがやっと本作を見ることができました。
感想としては巧く小説を映画化しているな~って感じでした。

原作に逆らわず、無理矢理な解釈や変更をせず、
原作をシンプルに作品にした感じ。


ただ、そこは監督が下妻物語パコと魔法の絵本中島哲也さん。

原色を巧く使ったりなど映像美は流石です!!

人間のほの暗い部分を強く描いているので
観る人を選びますが個人的にはオススメできる作品です。

a0114618_23573349.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-29 23:59 | 映画&ドラマ

重力ピエロ 著:伊坂 幸太郎

重力ピエロ 著:伊坂 幸太郎

内容は、
仙台の街で起こる連続放火事件。
放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。
過去に辛い記憶を抱える泉水と春の二人の兄弟は、
事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。
グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。
謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは・・・。
(Wikipedia参照)


2009年に加瀬亮さん、岡田将生さん主演で映画化もされた作品です。

すごく重いストーリーなんですが、
表現方法や当事者の雰囲気からそんなイメージはあまり感じ取らせません。

中盤ぐらいからは読者に謎のヒントを与えだすので、
察しが良い人は大体こんな感じかなぐらいには想像できますが、

そんなものは関係無いぐらいに、感動させられます。

ミステリーやサスペンスの要素や倫理的な問いかけなどを含みながらも
すごく、すごく美しい家族愛を描いていて、最後には心地良い気持ちに!!

伊坂さんの他の作品に出てくる登場人物も登場するので、
伊坂さんファンならニヤっとさせてくれるでしょう。

こんな微妙なリンクがあるからこそ、
ありえないような内容であってもどこかリアルを感じる作品になっているんじゃないでしょうか?

おすすめの作品の1つです。

a0114618_230226.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-28 23:01 | 読書

デイブレイカー

デイブレイカー

2010年公開のアメリカ・オーストラリア合作映画です。

内容は、
西暦2019年。世界中を襲った疫病により、
人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。
そんなヴァンパイア達に、
食料供給源である旧来の人間が減少し血液の枯渇という深刻な問題が持ち上がる。
血液研究者のエドワードは絶滅寸前の人間を救うため、
代用血液の開発を急いでいた。一方、
レジスタンス組織のコーマックは逃亡中の人間達の保護活動を行っていたが…。
(Amazon参照)


監督・脚本:マイケル・スピエリッグ

主な出演者
イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニール、イザベル・ルーカス、etc...


ヴァンパイア映画は結構好きで、その出来に一喜一憂してきましたが、
今回はストーリーが一風変わっています。

ヴァンパイアが世界を支配していて、人間が少数派の世界で・・・って
すごく惹かれませんか?

人類が絶滅の危機に瀕しているという事で
いわゆる食糧危機に面していて、何とか解決しようとしている過渡期の話なんですが

巧く人間の世界でも起こりうる内容に置き換えているので
恐怖を誘って、しかも感情移入しやすくなっています。

この手の映画らしい少々グロテスクなシーンはラスト近くにチラっとしか出ていませんが
ヴァンパイア映画好きならストーリーの設定だけでも観る価値アリです。

a0114618_22305616.jpg


★★★☆☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-27 22:31 | 映画&ドラマ

MIND ASSASSIN(マインドアサシン) 著:かずはじめ

MIND ASSASSIN(マインドアサシン)
著:かずはじめ


内容は、
他人の記憶と精神を破壊する暗殺者「MIND ASSASSIN」の能力を持つ主人公と
患者たちとの関わりを中心に、
人の心が持つ様々な姿が描かれてゆく。
(Wikipedia引用)

全3巻 35話


触れることで相手の記憶と精神を破壊することができる
超能力を持った主人公のお話です。

少年週刊ジャンプという少年誌で掲載されていたにも関わらず、
精神をテーマにしている事もあってかなりダークな内容の話もあります。

その反面から心暖まるような話も多く登場します。

悲しみや喜びなどを様々な側面から現わした
精神性の高い話が多いんじゃないでしょうか。

ただ、ジャンプでするには少し内容が濃かったからなのか、
短い期間で掲載が終了してしまいました。

画力も高くて、話の構成もしっかりしているので
もう少し評価されても良い作品だと思います。

P.S
かずはじめさんの代表作は
明稜帝 梧桐勢十郎
Luck Stealer(現在連載中)
です。
この2作品もおもしろいので興味がある方は是非。

a0114618_2284612.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-26 22:10 | 読書

ロビン・フッド

ロビン・フッド

2010年公開のアメリカ・イギリス合作映画です。

内容は、
12世紀末。イングランド獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の中に、
数々の武勲を打ち立てた弓の名手、ロビン・ロングストライドがいた。
フランス軍との戦闘でリチャード1世が落命したと知ると仲間とともに部隊を離れるが、
王の側近たちがフランス軍の闇討ちに合う現場に遭遇する。
そこで倒れていた瀕死の騎士ロバート・ロクスリーの遺言、
ノッティンガム領主の彼の父に剣を届ける約束を果たすため、
ロビンたちはノッティンガムへ向かう。
そこでは、彼の新たな人生が待ち受けていた・・・
(Amazon参照)


監督:リドリー・スコット 脚本:ブライアン・ヘルゲランド

主な出演者
ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング
ウィリアム・ハート、マーク・アディ、etc...


こうゆう中世を舞台にした作品は好きな部類に入ります。

本作の主人公を演じるのはラッセル・クロウ
グラディエーターでも好演をしていましたが、本作でも良い演技されています!
こうゆう中世を舞台にした作品はハマリ役ですね!

ヒロイン(?)を演じるのもエリザベス:ゴールデン・エイジなどの
ケイト・ブランシェットと、

中世を舞台にした作品でアカデミー章を受章した2人が好演しています。


ストーリーもよくできていて、
史実にフィクションの人物を巧く混ぜていてドラマ性がすごく豊かで、
起承転結がきっちりと描かれています。

ディレクターカット版は確か20~30分ぐらい上映版よりも長いですが
そちらで観る方が楽しめると思います。

a0114618_22142298.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-25 22:14 | 映画&ドラマ

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女

2008年(日本では2010年)公開のスウェーデン映画で
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが自身の小説
「MORSE -モールス-」を脚色した作品です。

内容は、
ストックホルム郊外に住む12歳のオカルト好き少年オスカーは、
内気で友達が居ない、いじめられっ子である。
ある日、彼の家の隣にエリという名の同い年の女の子が引っ越してくる。
学校に通わず、昼間は外出もしないミステリアスなエリにオスカーは恋心を抱くようになった。
同じころ、町では失踪・殺人事件が相次いで発生。
やがてオスカーはエリの正体が不老不死のヴァンパイアであり、
一連の事件の犯人であることを知る。
(Amazon参照)


監督:トーマス・アルフレッドソン 脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

主な出演者
コーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、etc...


見事!素晴らしい作品の一言に尽きます。

ヨーロッパの映画らしく芸術的で町並みや描写は美しくて、作品の空気感を見事に現わしています。

ストーリーもヴァンパイアの苦悩を
主人公の苦悩(イジメなど)や恋愛感情など
様々な日常とを絡めていて、ホラー映画とは思えない出来です。

そして、色んな所のレビューでも書かれていますが、
ある重要なシーンにボカシが入っています。
この事が納得いきません!!
そんな悪影響を与えるような卑猥なシーンには思えないし
この場面が終盤のシーンに密接に関わってくるのに・・・。

映倫さん、お願いしますよ・・・

それ以外は本当にオススメできる完成度の高い作品です!!

a0114618_255177.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-24 02:55 | 映画&ドラマ

多読術 著:松岡正剛

多読術 著:松岡正剛

内容は、
読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。
著者、松岡正剛の読書遍歴を振り返り、
日頃の読書の方法を紹介しながら、
達人による多読のコツを伝授します。
「棚から選書する方法」「読書する場所」
「最初に読むべき頁」等々、
そのコツは多岐にわたります。
本書を読んで、
あなたに適した読書スタイルを再発見してみてください。
(Amazon参照)


タイトルの「多読術」だけ見ると速読とか、
本をいっぱい読む方法などを連想してしまいそうですが
(実際、僕もそう思いました )
そういった類の本ではなく、

本との接し方をわかりやすく
(実際、それでも結構難しい部分もありましたが)
説明してくれています。
よくある「本はこう読むべき」というような内容ではありません。

本を読むのは服を着るみたいに、
スーツを着てフォーマルな感じで読むのも正解だし
ジーンズを履くみたいにカジュアルに~ ってゆう感じが
すごく共感できて、目から鱗でした!

これから本を読んでいこうかな~って考えている人には良いきっかけになるかもしれない本です。

a0114618_0172619.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-23 23:18 | 読書