<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

MOTO 2つ折りイタリアンレザー財布

使ってるレザーの財布がかなり経年変化したのもあって、気分転換に財布買い換えました!

鳥取に本店があるレザー&シルバーのお店MOTOの2つ折りレザー財布です。
購入店:MOTO松江店
値段:22,050円
a0114618_593158.jpg

a0114618_594910.jpg


前から欲しかったMOTOの財布ですが、大阪で取り扱いしている店では
種類も限られていたので中々購入には至らなかったけど、
やっぱMOTOの店舗に行くと色々と種類があって購買意欲をそそられる!

まぁ島根まで旅行に行った時やから気が大きくなってるんもあるけど(笑)

選んだのは一番シンプルで定番の形で2つ折りで
札入れが分かれていて、小銭入れの待ちも以外と待ちは広いんで使い心地も良い!

外側にはMOTOのシルバーのコンチョ(?)が着いていて
それも可愛い!!

そして肝心のレザーも質が良い!たしかイタリアンレザーを使ってたはずやけど、
触り心地も良くて柔らか過ぎず堅過ぎず絶妙!

そして一番(?)の特徴ですが、経年変化が凄い!
イエローのレザーがこげ茶、ブルーのレザーがほぼ黒になったりと全く別の色に変化します。

僕が買った財布も今はモスグリーンぐらいの色ですが、
かなり濃いグリーンに変化するらしい。

おそらくのイメージですが、
a0114618_5263026.jpg

これぐらいには色が変化するんじゃないかと思います!!

いや~レザー好きにはたまらない!
結構早く変化していくんでクリーム塗ったりしたりせずに楽しみたいな~って考えてます。
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-30 23:05 | ファッション

リミットレス

リミットレス

2011年公開のアメリカ映画で、アラン・グリン作の小説ブレイン・ドラッグが原作です。

内容は、
脳を100%活性化する新薬と出会い、
人生のどん底から財界の頂点へと駆け上がる男、エディ。
だが成功の果てには、恐るべき副作用と罠が待ち受けていたー。
作家志望のエディは、元妻の弟から通常は20%しか使われていない脳の力を
100%活性化する新薬NZT48を渡される。
疑いながらも服用した30秒後、エディの頭は劇的に覚醒し、
一晩で傑作小説を書き上げる。
語学や数学など、あらゆる力を吸収したエディは、やがてビジネス界に進出。
ウォール街で伝説的な投資家カールと手を組み、
ハイスピードで富と権力を手に入れる。
だが、そんな彼を待っていたのは、
NZT48を巡る泥沼の争いと恐ろしい副作用だった。
果たしてエディはこの危機を乗り切り、
運命に打ち勝つことができるのかー?
(Amazon参照)


監督:ニール・バーガー 脚本:レスリー・ディクソン

主な出演者
ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アビー・コーニッシュ
アンドリュー・ハワード、アンナ・フリエル、etc...


興行成績的には成功しているらしいんですが、
どうにもしっくりこない作品です。

まず、人間は脳の20%しか使っていないって設定自体が
使い古されていて、今では都市伝説的の科学的根拠の無いものを使ってるので
その時点でイマイチ・・・。

そして主人公に全く魅力が無い。

起こす行動自体は、すごく人間らしくて理解できるんですが、
最初から最後まで自分のことしか考えていなくてでラストも何か締まりの無い感じ。

主演のブラッドリー・クーパーは相変わらずセクシーなのにもったいない。
ロバート・デニーロは昔のオーラも全くなくて・・・。

そして薬に関するディテールが甘くてリアリティが全く感じられないのが残念です。

タイトルに反してリミット感じまくりの作品でした。

a0114618_531332.jpg


★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-29 23:03 | 映画&ドラマ

Slow Riseのシルバーリング

やっぱ小物好きや~!!また買ってしまった・・・。

Slow Riseのシルバーリング
購入店:Tapir
値段:6,825円
a0114618_8434667.jpg


いや~可愛い!!

山々の上に星が点在していて、その中に1つだけ三日月のデザイン!!
良い!そして安い!!

ハンドメイドらしいので、細かいデザインは全く同じものはなくて、
かすれ具合が土臭くてカッチョいいんです!

デザイナーがアウトドア好きってのがよくわかります!

しばらくは休みの日には毎日つけそうな予感です。

いつかこれつけて富士山登るかな(笑)
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-28 08:48 | ファッション

スノーホワイト

スノーホワイト

2012年公開のアメリカ映画で、グリム童話の「白雪姫」が原作です。

内容は、
マグナス王と王妃エレノアに育てられたプリンセス・スノーホワイトは
外見も心も美しい少女。
王妃エレノアが亡くなった後、マグナス王は幻の軍勢と戦い、
囚われてたラヴェンナという女性を助ける。
ラヴェンナの美しさに心を奪われたマグナス王は、彼女を新しい王妃として迎えた。
だがラヴェンナの正体は邪悪な魔女だった。
ラヴェンナは王を殺し、弟フィンと共に国を乗っ取る。
国は闇に閉ざされ、囚われたスノーホワイトは7年間の監禁生活を送ることになる。
女王となったラヴェンナは自らの魔法の鏡に
いつも「世でいちばん美しい者は誰?」に問いかけていた。
しかしある日、ラヴェンナは魔法の鏡から自分よりも美しい娘が現れた事を知らされ、
その娘の心臓を食べて、永遠の美と若さを手に入れようと画策する。
目的の娘がスノーホワイトだと知ったラヴェンナは彼女を殺そうとするが、
スノーホワイトは一瞬の隙をついて牢から逃れ、闇の森へ逃げる。
闇の森に詳しい猟師のエリックはラヴェンナの命令を受けて、
闇の森に行き、スノーホワイトを捕らえた。
だがフィンに妻を殺されたエリックはスノーホワイトと手を組み、
一緒にラヴェンナの追跡から逃れる。
過酷な逃亡の中で戦う意味を悟ったスノーホワイトは抵抗軍を組織し、
自ら鎧を纏ってラヴェンナと戦う。
(Wikipedia参照)


監督:ルパート・サンダース 脚本:ホセイン・アミニ、イヴァン・ドーハーティ

主な出演者
クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース
サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、サム・スプルエル、and more...


すご~くもったいない感がいなめない作品です。
戦う白雪姫ってゆう設定は斬新でおもしろいんですが、ただそれだけ。

全体を通して白(ラヴェンナ)、黒(スノーホワイト)で統一されていて
(ダーク)ファンタジーの雰囲気はすごく感じられるんですが、

いかんせんストーリーが微妙。女王のラヴェンナの永遠の美に対する執着は伝わるんですが、
それ以外の登場人物の感情表現が希薄で全く入り込めず、

所々盛り上げてはくれるんですが、ピークに行く前に尻すぼみのように終わって次の場面へ・・
白雪姫が戦うシーンもラストの方にチラっとあるだけで、
アクションを期待している人はガッカリ。

ファンタジーってことで魔法が観れるかもって思っている人も
魔法を使えるのが女王のみってことでこれもガッカリ。

ヒロインを助けるイケメン2人もイマイチで、
クリス・ヘムズワースは重要な役割を果たすのでまだギリギリ存在感があるんですが、
もう1人のイケメン、ウィリアム王子演じるサム・クラフリンは「いる?」ってぐらい
どうでもいい存在。

主演のクリステン・スチュワートも(プライベートで色々と取りだたされるせいか)
清楚なイメージが全くないので、イマイチ役柄にあっていない上に(演技自体は意外と好演)

敵役のシャーリーズ・セロンがド迫力で美しさも魔女らしい妖艶な姿。
完全に主役を喰っています!まぁキャリアから言ってももう1人の主役ですかね?

全てにおいて1つ足りない感を感じる作品でしたが
シャーリーズ・セロンのお陰でなんとか楽しめる内容になっています。

a0114618_914233.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-27 09:04 | 映画&ドラマ

Tapir別注 アイビーベルト

来月クリスマスパーティに行くんですが、

ドレスコードでワンポイントで良いから赤か緑を入れてくださいって事で悩んでたんですが、
可愛いベルトを見つけました!

Tapirのアイビーベルト
購入店:Tapir
値段:4,410円
a0114618_1032594.jpg

ってこの写真は何か色合いがおかしくて修正できなったんで、
もう1枚
a0114618_1035965.jpg

これぐらいよりの写真だったらわかりますかね?

キャンバス×レザーのベルトでキャンバスの色が赤と緑ってゆうクリスマスカラー!!
12月にはピッタリや(笑)

金具が付いていて長さもある程度調整できるし、使いやすさ抜群です。

もちろん12月以外でもワンポイントで使えますが、
12月はクリスマスが終わるまでこいつメインで服装考えていきたいと思います(笑)
もちろんクリスマスパーティもこいつ使うつもり!

値段も安いし良い買い物や~。
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-26 10:08 | ファッション

パラダイス・キス

パラダイス・キス

2011年公開の日本映画で、矢沢あいの少女漫画が原作です。

内容は、
自分の可能性を信じるあなただけに、パラダイスへの扉が開く―――。
いつもの通学路で、有名進学校に通う女子高生・早坂紫の人生は変わった。
ファッション業界を目指す専門学校生から、
学園祭のショーのモデルにスカウトされたのだ。
最初は「遊んでるヒマなんかない!」と突っぱねるが、
受験を前に成績が伸び悩み、自分の生き方に疑問を抱き始めていた紫は、
デザイナーを目指す彼らの情熱に心を打たれる。
仲間のなかでも特に異才を放ち、学園一の天才と称えられるジョージの、
常軌を逸した行動に振り回されながらも、強く惹かれていく紫。
気がつけば彼女は、胸を焦がす恋と一流モデルになる夢に向かって、走り始めていた―――。
(Amazon参照)


監督:新城毅彦 脚本:坂東賢治

主な出演者
北川景子、向井理、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人
山本裕典、加藤夏希、etc...


原作の少女漫画ファンの友達から、ジョージが違い過ぎてムリ!って言われていたので
敬遠していましたが、気にはなっていたので観てみました。

どうも色々と原作ファンの方からバッシングの多い作品ですが、
まぁ原作有りの作品なら仕方無いんでしょうね。

まぁ僕は原作読んでないんで、余計な偏見無しの感想を。

華やかな世界が表現されていて映像美が美しくて
意外におもしろい出来です!!

服装はショーの時に着ている以外の衣装はどれもオシャレで
特に北川景子さんが着ている服はめちゃ可愛い!!
まぁ北川さんが可愛いせいもありますが(笑)

逆に向井理さんは役柄のせいか結構攻めた服装なんで、
トレンチなんかはちょっと似合ってないですね(笑)

女の子は好きな内容だとは思いますが、
どうにも原作では重要だろうジョージがかなりチープな存在になっているのが残念。

ちょっと最後の方は個人的にスッキリしない感じでしたが、
恋愛系、ファッション系好きな方(特に女性)は楽しめると思います。

a0114618_1595955.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-25 02:01 | 映画&ドラマ

ゾンビゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

2011年(日本では2012年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
3年ぶりに目覚めたオタク系青年マイクは困惑していた。
街がゾンビの集団とそれを迎え撃つ人間たちの姿で溢れていたのだ。
その時マイクを銃弾が襲う。死ぬ!と思ったのも束の間、全く痛みを感じないマイク。
あれ?と訝しがる彼にブレントと名乗るゾンビが親しげに声をかけてきた。
ブレントが語るところによると、
彼らは人間の記憶と知性を取り戻してしまった珍しい“半分ゾンビ”だというのだ。
「人間にもゾンビにもなれない半端ものかよ…。」と打ちひしがれるマイクだったが
ポケットを探るとそこには愛する恋人に渡しそこねた婚約指輪が。
ブレントの励ましもあり、彼らは時に人間、
時にゾンビのフリを繰り出しながら恋人を探す旅を始める。
しかし、やっかいな“半分ゾンビ”を軍が見逃すはずもなく、
ゾンビハンターたちが彼らの行く手を阻むべく猛スピードで追撃を始めていた…。
(Amazon参照)


監督:ブレット・ピアース、ドリュー・T・ピアース
脚本:ブレット・ピアース

主な出演者
マイケル・マッキディ、ロス・キダー、マーカス・テイラー
トーマス・ガラッソー、エデン・マリアン、etc...


ゾンビ映画好きですが、
最近パッとした映画はゾンビランドぐらいで中々おもしろいものが無くて
駄作が多かったんですが、
これはそんな期待していない予想の斜め上をいく独創的な作品です。

これまでも自我を保ったゾンビが主人公の作品はいくつもありましたが、
これはそこに青春(恋愛)の要素をミックスした作品です。
ってゆうかゾンビって事を除けば完全に青春映画です!!

まぁ低予算のB級映画なので映像の出来は安物っぽい感じはいなめませんか
ストーリーの展開のさせかたや丁寧で愛情の感じる作りは
ゾンビ映画好きの方以外にも一見の価値アリ!

まぁゾンビ映画なので多少グロイ演出はありますが、
それでもSAWシリーズ何かに比べればコメディタッチなので全然マシ!

パッケージにあるみたいに派手なドンパチはありませんが、
最後には少しほっこりさせられるオススメの青春コメディ(ゾンビ)映画です。

a0114618_1103765.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-24 01:11 | 映画&ドラマ

君に届け

君に届け

2010年公開の日本映画で、
現在連載中(2009年~)の椎名軽穂の同名少女漫画が原作です。

内容は、
北幌高校に入学した黒沼爽子は、陰気で見た目が暗く、
周りからは「貞子」と呼ばれ、クラスに馴染めないでいた。
しかし、クラスメイトの風早翔太や吉田千鶴、矢野あやねなどの協力を得て、
周囲の誤解を解き、友情・恋愛などを通して成長していく。
(Amazon参照)


監督:熊澤尚人 脚本:根津理香、熊澤尚人

主な出演者
多部未華子、三浦春馬、蓮佛美沙子、夏菜
青山ハル、桐谷美玲、金井勇太、and more...

いや~年甲斐もなくキュンキュンしてしまいました(笑)
きょうび珍しいぐらいピュアな恋愛映画!

これでもか!!!ってぐらいに青春要素がたっぷりで
恋愛+友情を描いてあってこれがまたストレートで良い!

物凄く純粋な主人公の爽子を演じる多部未華子さんこと多部ちゃんは
ハマり役でピュアな女子高生を見事に演じきっています!

そして相方の爽やかから生まれてきたような早風を演じるのは
イケメン俳優の三浦春馬さん

この二人を軸に観ていてもどかしい気持ちになるような
スローなテンポの恋愛の様子は観ていてドキドキ、ワクワクしてしまいます!

そして、爽子にいち早く打ち解けて友達になった吉田千鶴、矢野あやねを演じる
蓮佛美沙子さんと夏菜さんがこれまた良い味出していて

何度かこの2人に泣かされてしまいました(笑)

純度1000%のピュアな恋愛映画を観たい方にオススメです!
もちろん男性も楽しめると思います。

あ~原作の少女漫画も読んで観よ~かな~。

a0114618_1303794.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-23 01:31 | 映画&ドラマ

Jagged Little Pill  Alanis Morissette

Jagged Little Pill  Alanis Morissette

カナダのシンガーソングライターAlanis Morissette(アラニス・モリセット)が
1995年に発売した3枚目のアルバムです。

収録曲は
1. All I Really Want
2. You Oughta Know
3. Perfect
4. Hand In My Pocket
5. Right Through You
6. Forgiven
7. You Learn
8. Head Over Feet
9. Mary Jane
10. Ironic
11. Not The Doctor
12. Wake Up
13. You Oughta Know (Alternate Take)
の全13曲です。


Alanis Morissetteのアルバムの中でも1番好きな1枚です。

少しロックよりのテイストで全曲を通して完成度が高くてはずれがありません。
美声と呼ぶような歌声ではありませんが、
独特で雰囲気のある声で表現としてあってるかはわかりませんが、
どちらかと言うと渋~い声(決して低かったり、ダミ声とかではありません)

特にオススメは4曲目のHand In My Pocket!
他の曲と比べてどこが!って言えませんが、なんとなく持っているパワーみたいなものが
より伝わってきます!

英語がわかる方は歌詞が考えさせられるようなものらしいので
そこを楽しんでみてもいいかもです。

試聴はコチラ

a0114618_1363650.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-22 01:37 | 音楽

幸せの教室

幸せの教室

2011年(日本では2012年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
学歴を理由にリストラされた仕事大好きなラリー・クラウンは、
再就職のためにスキルアップを図るべく、短期大学に入学する。
その大学でスピーチのクラスを教えるメルセデス・テイノーは、
毎日遊び暮らしている売れない作家の夫に嫌気がさし、
結婚生活の不満からアルコールに逃げ、
今では教師として講義への情熱さえも見失っていた。
初めてのキャンパスで年齢も境遇も違う様々な人々と出会い、
学び、全てが新鮮で充実した毎日を過ごし始めるラリー。
そんなラリーとの交流を得て、自分と向き合い始めるメルセデス。
果たして二人はこの教室で、幸せな未来を見つけることが出来るのか―?
(Amazon参照)


監督:トム・ハンクス
脚本:トム・ハンクス、ニア・ヴァルダロス

主な出演者
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ググ・バサ=ロー
ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、and more...

またまた邦題がわかりやすく(?)改題されてる。
もともとは主人公の名前の「Larry Crowne」
やっぱ自国以外でのPRにはわかりやすいタイトルの方が良いんですかね?

監督×脚本×主演がトムハンクス!
そしてヒロインがジュリア・ロバーツと期待感を煽る所ですが、
実際の所もかなり楽しむ事ができました!

ストーリーはほっこりとしていてそれ程特別な事が起こるわけではありませんが、

主人公のトム・ハンクスが少しずつ変わっていく様子や
そのスピード感や内容にほっこりさせられ、
名優トム・ハンクスの絶妙の演技で誠実で可愛らしいラリー・クラウンに
すっかり好感を抱いてしまいます。

かたやヒロインのジュリア・ロバーツも負けじと、
序盤はトゲトゲしい中年(?)女性のメルセデス・テイノーが
少しずつ心を開き前向きになっていく様子は前後半のギャップがビックリするぐらいで
かつてアメリカの恋人と呼ばれた由縁は健在で45歳にも関わらずキュートさが溢れています。

劇的なドラマはありませんが、
ひたひたの浸透してくるかのようなストーリー展開で
終盤間近にラリーがスピーチを行うシーンは
登場人物と一緒に拍手してしまいそうになるぐらい素敵なシーンの一つで
オススメです。

ほっこりとしたい人や
10代のようなただただ切ないようなラブストーリーに飽き飽きしている人に
オススメの1作です。

a0114618_1485491.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-11-21 01:52 | 映画&ドラマ