<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

2012年公開のアメリカ映画です。

内容は、
ダークナイト(=バットマン)が夜の闇に消え、
一瞬にしてヒーローから逃亡者となってしまったあの夜から8年。
地方検事ハービー・デントの死の責任を一身に背負い、
ダークナイトは、ゴードン市警本部長とともに目指した大義のために、
すべてを犠牲にした。
その嘘はしばらくの間、うまくいった。
犯罪防止のために制定されたデント法の重圧を受け、
ゴッサム・シティーにおける犯罪活動がことごとく潰されたからだ。
そんななか、ひとりの狡猾な泥棒の登場をきっかけにすべてが変わる。
猫のようなしなやかさをもつその怪盗は、その犯罪の真意も謎に包まれていた。
しかし、ゴッサムとダークナイトにとっての真の脅威は、
覆面テロリスト、ベインの出現だ。
ゴッサムを恐怖のどん底に陥れるベインによって、
ブルース・ウェインは自ら課した“潜伏期間"を切り上げざるを得なくなる。
そして再びケープとマスクを身にまとうのだが、
ダークナイトでさえも、ベインを倒すことはできないかもしれない……。
(Amazon参照)


監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン

主な出演者
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン
アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン、and more...

クリストファー・ノーラン監督のバッドマンシリーズ
バットマン ビギンズ、ダークナイトに続く最後の作品です。

前作ダークナイトが傑作と言っても差し支えのない名作なので
シリーズの最後を飾る本作の出来にはドキドキしていましたが、
期待を裏切らない作品に仕上がっています。

終幕にふさわしく、
バッドマンの復活、ド派手な戦闘シーン、そして未来に繋がるエンディングと
豪華な内容で十分に面白くて満足できるんですが、

前作のヒース・レジャーの怪演で最凶の敵のジョーカーに比べると
今回の敵のベインはどうにも見劣りしてしまいます。

代わりにキャットウーマンをアン・ハサウェイが
とある重要人物のジョン・ブレイクを大好きな俳優のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが
演じていてなんとかその分を補っています。

かなりクオリティの高い作品ですが、ダークナイトには少し及ばないところが・・・

上映時間が1,2,3が140分、150分、160分と少しづつ長くなっているのが
個人的にちょっと笑ってしまいました(笑)

a0114618_1323655.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-31 01:33 | 映画&ドラマ

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

2012年公開の日本映画で、ヤマザキマリの同名漫画が原作です。

内容は、
古代ローマと現代日本の“風呂”をめぐる冒険を描いたファンタジックコメディ。
古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい…。
(Amazon参照)


監督:武内英樹 脚本:武藤将吾

主な出演者
阿部寛 上戸彩 北村一輝 竹内力 宍戸開 笹野高史 市村正親、and more...


漫画が読んだ事がありますが、
映画版では原作のいくつかのエピソードを基にオリジナルのストーリーに仕上げています。

正直ローマ人を日本人が演じるって事で全く期待していませんでしたが、
意外や意外、しっかりとした作品に仕上げています。

いわゆるタイムスリップ物なんですが、なんとそれがお風呂場限定(笑)

日本の温泉や銭湯何かの技術を観て、ローマに戻ってそれを再現ってゆうのが
大筋のストーリーなんですが、そこにプチ史実も絡めて映画オリジナルのストーリーになっています。

正直その部分がちょっと・・・まぁ映画なんで
それぐらいのストーリーにしないと満足感が無いかもしれないんですが、

オリジナルのブッ飛んだ笑いの部分だけでいって欲しかったな~
無理矢理感動させんでも良かったのに・・・。

まぁ面白いのは面白いんでその辺は個人的な好みでしょうか?

日本と古代ローマがお風呂ってゆう意外なもので繋がるおもしろい作品です。

a0114618_045367.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-30 00:46 | 映画&ドラマ

ホワイトカラー "知的"犯罪ファイル シーズン1

ホワイトカラー "知的"犯罪ファイル シーズン1

2010年から放送されているアメリカのドラマです。
現在(2012年12月)シーズン3まで放送中

内容は、
天才的な頭脳を持つ元犯罪者とFBI捜査官コンビの活躍を描いたサスペンスドラマ。
刑務所を脱獄したニールは、FBI捜査官・ピーターに追い詰められるが、
自由と引き換えにある条件を提示され…。
(Amazon参照)


主な出演者
マット・ボマー、 ティム・ディケイ、 ティファニー・ティーセン
ウィリー・ガーソン、アレクサンドラ・ダダリオ、and more...


主人公がまず男前!!いや~イケメンですね~女子好きですね~。
服装もオシャレで高級ブランドもチラホラ・・・

ってそこは本筋では無い所のなので、本編はというと


知的犯罪の事件に元(ほぼ現役)の天才犯罪者が
FBIのコンサルサントとして活躍するサスペンスドラマです。

主人公が天才犯罪者で口は巧いは手癖は悪いは知的だわって魅力たっぷりですが、
そんな主人公を逮捕した堅物の敏腕FBI捜査官や
主人公の友人で禿頭で冴えない風貌で最新技術や贋作にまで幅広い知識の禿げ頭のおっさんモジー
など脇を添える登場人物も魅力たっぷりで物語を構成しています。

ラストは謎を残したまま次シーズンに続くってゆうアメリカドラマの嫌~な所はありますが、
基本1話完結(+大きな流れ)で観やすい王道の海外ドラマです。

a0114618_8105616.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-29 08:12 | 映画&ドラマ

ONE PIECE FILM Z

ONE PIECE FILM Z

2012年公開のアニメ映画で、尾田栄一郎の漫画「ONE PIECE」が原作です。

内容は、
古代兵器に匹敵すると言われるエネルギー、ダイナ岩が奪われ、新世界が消滅の危機に晒される。
首謀者は“全海賊抹殺”を目的に“NEO海軍”を立ち上げた伝説の元海軍大将ゼット。
右腕に強力な武器“スマッシャー”を装着し、部下にアインやビンズを従えたゼットの牙は、
海賊王を夢見るルフィ率いる麦わらの一味にも向けられる。
さらに、ルフィたちを追い詰める海軍の正義。
一方、その海軍と距離を置き、麦わらの一味の動向を追う青キジ。
次々と迫る強大な力を前にしても、ルフィたちは立ち止まらない。
新世界の運命を賭けた戦いが、史上最大の興奮を巻き起こす!



監督:長峯達也 脚本:鈴木おさむ

原作者の尾田栄一郎が
2009年に公開のONE PIECE FILM STRONG WORLDでは製作総指揮でしたが
本作では少し抑えて総合プロデューサーで参加!!

色々映画化された漫画は数知れずですが、中々オリジナルに匹敵する作品はありませんが、
原作者が製作側にがっつり参加しているだけあってクオリティは間違い無し!!

迫力は映画って事でド派手な爆発とは戦闘シーンとかで原作以上!

脚本は放送作家や脚本家として有名な鈴木おさむさんとゆうことで108分にもかかわらず濃厚!

しかも原作ではまだ描かれていない秘密何かも登場してもう
驚きと笑いとワクワクの連続につぐ連続!!

公開初日から2日間の動員人数もハウルの動く城を抜いて21世紀最高記録になってる事からも
その人気の高さが伺えますが、個人的にはSTRONG WORLDの方が僅差で上かな?

ワンピースファン必見の映画作品です!!

a0114618_7141858.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-28 07:15 | 映画&ドラマ

死刑執行中脱獄進行中 著:荒木飛呂彦

死刑執行中脱獄進行中 著:荒木飛呂彦

内容は、
ある囚人が投獄されたのは“死刑執行のため”の部屋だった…!
衝撃の表題作をはじめ、
週刊少年ジャンプ掲載の『岸辺露伴は動かない』など
近年の短編を完全網羅した、実に11年ぶりの短編集登場。
(Amazon参照)


収録されている短編は4つ

・死刑執行中脱獄進行中
・ドルチ ?ダイ・ハード・ザ・キャット?
・岸辺露伴は動かない ?エピソード16:懺悔室?
・デッドマンズQ

とりあえず感想は・・・スゴイ!!
独特の世界観とストーリーや設定のセンスが見事です。

短編ですので、1話の中にかなり濃ゆい内容がギッシリ詰まっていて
読み応え満点です!

普通に読んでいても十分楽しめますが、
「デッドマンズQ」は同作者のJOJOの奇妙な冒険の第4部の外伝になっているので、
前知識があれば衝撃を受けること間違いなしです。

絵のタッチ的に好き嫌いはあると思いますが、個人的にオススメの作品の1つです。

a0114618_1114497.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-27 11:02 | 読書

フォーン・ブース

フォーン・ブース

2002年(日本では2003年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
メディア・コンサルタントのスチュは、
いかなる状況も口先一つで乗り切ってきたやり手であった。
ある日、そんな彼がニューヨークのブロードウェイに訪れた際、
近くにあった電話ボックスのコール音が鳴り響いていることに気付き、
思わず受話器を取ってしまう。
すると、電話の主は「電話を切れば、お前を殺す」と彼を突然脅してきた。
間もなく、スチュの胸には銃の赤外線標準が合わされ、
彼は電話ボックスから出られなくなってしまう。
そして、彼の目の前にいた通行人が何者かに射殺されてしまい、
スチュはその犯人に仕立て上げられてしまう。
(Amazon参照)


監督:ジョエル・シュマッカー 脚本:ラリー・コーエン

主な出演者
コリン・ファレル、ラダ・ミッチェル、フォレスト・ウィテカー
ケイティ・ホームズ、キーファー・サザーランド


これぞ低予算で作られた名作の代表って感じの作品です。
まぁ低予算とは言っても1300万ドルの制作費がかかってるので
厳密には低予算とは言えませんが、最近のハリウッドの作品の中では少ない方。

撮影期間は2週間。
撮影場所は「電話ボックス」周辺の1箇所のみ!!

制作費の多くはコリン・ファレルとかの大物俳優への出演料なんですかね?


81分と比較的短い作品ですが、
作中ずっと緊張感のある雰囲気が続くのでまったく短く感じません。
むしろすごく長い映画に感じます。


ストーリーはすごくシンプルですが、
その設定は見事で、狭い空間の中で見事に展開させて終結させています。

そしてこのようなシンプルで斬新な作品の良し悪しを決めるのは俳優ですが、
主演のコリン・ファレルは見事な演技を見せてくれます!
この俳優さん大好きです!!
鬼気迫る主人公の表情や仕草は素晴らしく、彼の演技が作品全体を包んでいます。

見応えタップリのおすすめの作品です。

a0114618_16573429.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-26 16:58 | 映画&ドラマ

弾丸三重ツアー!! 牡蠣と松阪牛と共に

先週ぐらいに三重に弾丸トラベラーしてきました。

仕事終わりに奈良のT宅へ!家に着いたのは1時過ぎにも関わらず、
今から行かへん?の一言・・・。

行っちゃいますか(笑)って感じのノリでいきなり伊勢神宮へ爆走ww

お参りが5時から出来るんですが、少し早めに着いたので車で暖をとった後
開場と同時にお参りスタート!!

凍えながら記念写真(寒さに震えてたので超適当)
a0114618_21303672.jpg

同じく寒さに震えながら手をお清め
a0114618_21311799.jpg


30~40分ぐらいかけて人気の無い暗がりの伊勢神宮を参拝

ちょうどふたご座?流星群と重なっていた日なので
空を観ると流れ星がチラホラと。

伊勢神宮の神聖な雰囲気と相まってかなり幻想的な時間を過ごしました。
そう、野郎2人で・・・(笑)

その後カキ食べ放題のお店に向かって車を走らせて、
お店のOPENまで寂れてそうなお店の駐車場で仮眠。

起きてみると行く予定の無いお店がめちゃ美味しそうなので
急遽そこでお昼(実質、朝)ご飯食べる事にww

a0114618_21352396.jpg

a0114618_21353151.jpg


寂れてそうなんてのは勘違いでOPENすると
朝早いにも関わらず結構人は入ってきました。

a0114618_2142192.jpg

めちゃ豪華!しかも旨い!!

伊勢海老に焼き牡蠣も食べて三重の海鮮大満喫!!

この後、もともと行く予定だった牡蠣食べ放題のお店に行って
生牡蠣も満喫!
a0114618_2150492.jpg


いや~海鮮が旨い!!

その後温泉のあるスーパー銭湯で温泉、サウナ、岩盤浴の後
ソファで漫画読んでダラダラとリゾート気分。

最後は焼肉屋さんで松坂牛を食べに!
a0114618_2213165.jpg

いや~やっぱり旨い!最後の締めには若干重いですが最高です!!

ん~大満足の旅行や~~。
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-25 22:05 | 日常

おしゃれデート服コレクション 街で見つけた"カップル"コーデ 著:ashimai

おしゃれデート服コレクション 街で見つけた"カップル"コーデ
著:ashimai


内容は、
「彼の持っているアイテムに合う服は?」
「今の時期、何を着ればいいの?」
「色の合わせ方を知りたい!」
「このシチュエーションにぴったりの格好は?」
もう着ていく服に困らない!どんなシーンでも“お似合い”な2人になれる!
いつも服選びに悩むあなたのためのヒント。
(Amazon参照)


完全に女性用の本みたいですが、買ってしまいました。

だって内容が良いんだから仕方がない!

著者?であるイラストレーターのashimaiさんが
街で見かけたオシャレなカップル(らしき人)のイラストを載せているんですが、
それがデニムやジャケット何かのアイテム別、季節別、
色別、カラー別、結婚式やトレッキング何かのシーン別に細かくわかれているから超便利!

コーディネートに関する細かいコメントがあって女性はもちろん、
(女性目線からの)男性についても色々とコメントがついています。

それだけでも便利なのにカップルのコーディネートのバランス何かも考えられてあって
実用的さはスナップ写真よりももっと上です!

オシャレに便利な1冊です。

a0114618_17311447.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-24 17:31 | 読書

キツツキと雨

キツツキと雨

2012年公開の日本映画です。

内容は、
出会うはずのない二人が出会ったら・・・新しい今日が、森の中から始まった。
木こりの克彦が暮らす長閑で小さな山村。
そこへ突然やってきたゾンビ映画の撮影隊に、住人たちは戸惑い気味。
ひょんなことから無理やり手伝わされる羽目になった克彦は、
強引な撮影スタッフと“使えない若いスタッフ"に振り回されて爆発寸前。
一方、克彦のなかで“使えない若者"にされてしまった新人監督の幸一は、
持ち前の気の弱さで現場をまとめきれずにパニック寸前。
偶然出会った木こり60歳と新人監督25歳。
初めは距離を置いていたふたりが、克彦は撮影を通して映画の面白さに気づき、
幸一は克彦と接することで本来の自分らしさを取り戻していく。
そしてふたりの交流は、
いつしか村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく。
(Amazon参照)


監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄

主な出演者
役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、and more...


いや~おもしろい!!かなり好きな作品です。

観てから気づいたけど南極料理人と同じ沖田監督

そういや定点位置での固定カメラのアングルが多かったな~
何でこの監督が撮るとそんな普通のシーンが見応えあるシーンに映るんだろうか。

きこりと映画監督。
山間の村としょぼいB級映画。
日常と非日常。

全く接点の無いもの同士が交わってなんともいえない雰囲気を作っています。

所々クスっと笑えるシーンが目白押しで、じ~んわり暖かくさせられて
クライマックスにはもう完全に心を奪われていました。

友情、家族愛、などの人との繋がりが暖かく感じるオススメの名作です!

a0114618_2384412.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-23 23:09 | 映画&ドラマ

同級生 著:東野圭吾

同級生 著:東野圭吾

内容は、
同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、
そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。
俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと
事故の真相を暴くことだけだった。
やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、
彼女の絞殺体が発見されるや、
一転俺は容疑者にされてしまう。
(Amazon参照)


舞台が学校。
ストーリーはかなり切ないものになっています。

トリック自体はそれ程難しい凝ったものではありませんが、
使い方がすごくうまいので古い作品ですが全然古臭く感じさせません。

主人公にあまり感情移入できなかったのが残念ですが、
ストーリー自体にはすごく惹きこまれるものがあって
次のページ、次のページへとドンドン先の展開が
気になって進んでいきます。

少しずつ真相が明かされていく辺りはさすが東野さんです。
ありきたりな印象を与えない
オススメのミステリー作品の1つです。

a0114618_1746935.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-22 17:48 | 読書