<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

プロメテウス

プロメテウス(原題:Prometheus)

2012年公開のアメリカ映画です。

内容は、
科学者エリザベスが、
地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した。
それを知的生命体からの<招待状>と分析した彼女は、
巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号で地球を旅立つ。
2年以上の航海を経て未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、
冷徹な女性監督官ヴィッカーズ、
精巧なアンドロイドのデヴィッドらとともに
砂漠の大地にそびえ立つ遺跡のような建造物の調査を開始する。
やがて遺跡の奥に足を踏み入れたエリザベスは、
地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにするのだった……。
(Amazon参照)


監督:リドリー・スコット 脚本:デイモン・リンデロフ

主な出演者
ノオミ・ラパス、シャーリーズ・セロン、マイケル・ファスベンダー
ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、etc...

前情報全く無く観ましたが、最後の最後にかなり驚かされました。

ネタバレやけど書いていいんかな?

普通に他のサイトで書いてるし、別に隠してるかんじでもないから言っちゃえ!

エイリアンシリーズの第五作目の前日譚として企画されたものの、
結局は独立したストーリーになっています。

ホンマラストシーンで気づかされたけどよくよく考えたら
気づくポイントはめっちゃたくさんあったのに(笑)

・強いヒロインが主人公
・アンドロイドが出てくる
・巨大企業ウェイランド
・監督がリドリー・スコット(エイリアン1の監督)
etc...と色々と共通点が!

まぁ映画の出来自体は正直イメイチで、
映像美は迫力満点!!なんですが、ストーリーがイマイチ
とゆうか展開にリアリティが感じられない。

SFっぽいギミックやメカはらしくて良いんですが、
登場人物の行動が理解できなくて?ってなってしまいます。

個人的に、エイリアンシリーズ(特に1)好きな人には分かると思うんですが
スペースジョッキーにフューチャーしたストーリーで
全て見終わって納得させられました。

映画としては可も無く不可も無く、エイリアン好きとしては好き嫌い分かれる作品です。

個人的にはエイリアンシリーズ好きとして見て損はありませんでした。

a0114618_17402064.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-31 17:41 | 映画&ドラマ

ルパン三世 生きていた魔術師

ルパン三世 生きていた魔術師

2002年に発売されたルパン三世のOVA2作目、
モンキー・パンチの漫画「ルパン三世」が原作です。

内容は、
地中海の美しい風土、建築物を舞台に、
東ギリシアに伝承されてきた秘宝“天球の水晶”をめぐり、
ルパンと暗黒街の魔術師と呼ばれた宿敵・パイカルの戦いが再び始まる。
(Amazon参照)


ルパン三世のアニメ化30周年記念で製作されたOVAらしいんですが、
全然おもしろくない!!

敵役には初代テレビシリーズで人気のあった(らしい)バイカルを再登場させてるんですが、
見どころはただ、それだけ。

ってゆうか見どころありません。

テンポが悪くダッラダラとした短調なストーリー展開、
よく合っていない音楽と映像、

48分と短いのが唯一の救いです。

あまり制作物を批判するのは本位ではありませんが
全くオススメできない作品です。

a0114618_13204748.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-30 13:21 | 映画&ドラマ

図書館内乱 著:有川浩

図書館内乱 著:有川浩

内容は、
図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、
日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。
毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、
密かな想いを寄せていた。
そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、
いわれのない罪で小牧を連行していく―かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?
(Amazon参照)


こないだ書いた図書館戦争の続編でシリーズの第2作品目

前作で完全に世界観が頭にインプットされているので
物語にスッと入っていく事ができました。

今回もSFチックな設定にピュア~な恋愛を絡めていて有川浩さんらしさ満開で
郁と堂上の2人をやきもきしながら見るのはきっとこのシリーズ通して変わらないんでしょうね(笑)

前回では心情をあまり明らかにしないメインどころの脇役が物語のメインになって
その周りを郁と堂上が動き回ると言った感じで、
世界観がよりわかって前作同様楽しめるおもしろい1冊です。

a0114618_13162177.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-29 09:17 | 読書

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

2013年公開のアニメ映画で、冨樫義博の漫画「HUNTER×HUNTER」が原作です。

内容は、
ゴン=フリークスと共に旅をしていたキルア=ゾルディックは
兄のイルミ=ゾルディックに「お前には友達はできない」と迫られる夢にうなされていた。
しばらくして二人はマリオネットを操って路上ライブにいそしみ、
ライブ終了後に投げ銭を受け取る人形師に出会う。人形師の名はレツといった。
一方、クラピカはレオリオとの道中、竪琴を弾く少年と出会う。少年は、
かつて試験官が引き連れてきた者から同伴者を一人選んで行う試験で、
競争相手であるはずの隣相手を選び、
共に合格した程の仲である目の見えない少年、パイロだった。
クラピカはレオリオに先を促して二人の時間を作った。
再会も束の間、クラピカはパイロに両の目を奪われてしまう。
クラピカが病室で静養している中を幻影旅団No.4のヒソカが現れ、
奪った相手が以前の幻影旅団No.4だった男だと語った。その男の名は……。
(Wikipedia参照)


何だこれ?ん~受け付けない作品です。

原作好きではありますが、どうなのこれ?

ストーリーはすごく先の読める展開で予想がしやすいし、
バトルシーンも原作の心理描写や念能力での独特の戦いを期待していたんですが
全くなくいくつかの能力が出ただけでその描写も匂わす程度
ほぼほぼ殴り合ってるだけです(蹴りが好きなのかやたら蹴りが多かったです)

もっともらしい事を言って説明はしているものの
そもそもの設定をかなり無理して無視していたり
ツッコミどころは1つや2つではききません。

けっこう色んな所のレビューでは高評価が書かれていますが、
個人的にはDVDでももったいないぐらい。

オススメはしませんが、気になる方はって感じです。

a0114618_1012278.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-28 10:02 | 映画&ドラマ

ムーミンパパの名言集 著:トーベ・ヤンソン

ムーミンパパの名言集 著:トーベ・ヤンソン

内容は、
デッかくて奥深い、ムーミンパパ哲学の本!
大人気「ムーミンパパ」に焦点をあてた名言集。
長くて波乱万丈の人生で、険しい岐路に立った時も、
おだやかで、愉快で、優しさあふれる名言の数々を披露します。
(Amazon参照)


昔、ムーミン観た記憶がありましたが、
当時はそれ程気にせず観てました。
改めて思い返すとめっちゃ深イイ内容!!

その中でも家族の精神的支柱でみんなを導いていた
ムーミンパパの名言がたくさん詰まっています。

まぁ正直、それ名言?ってのもありますが、
心にグっつ刺さるものも結構あります。

その中でも好きな言葉で、この本の一番最初の言葉を

大きな旅立ちというものは、
書物の、第一行目の文章のように、重要なものなのだよ。
その一行が、この一瞬が、すべてを決定づけるんだ


あ~良い言葉です。

オススメの名言集の1つです。

a0114618_14103058.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-27 14:11 | 読書

V(ビジター)

V(ビジター)

2009年11月3日から2011年3月15日まで放送された(日本では専門チャンネルのみ放送したみたい)
アメリカのドラマで、1983年に放送された同名ドラマのリメイク作品です。

内容は、
世界各地に突如現れた巨大な宇宙船は人々に恐怖と衝撃を与え、
世界各国はパニックとなるが、
その宇宙船に乗るV(ビジター)の指導者アナは怯える人類に対し、
平和と友好、そして最新技術や医療の提供を約束する。
ニュースキャスターのチャドを利用して人類に好印象を与え、
人類の知識を超える高度な医療技術で人々の病気を治癒するビジターたちに
人類は多大な期待と信頼を寄せるようになるが、
その裏に隠された恐ろしい陰謀にまだ気がつくものはいなかった・・・
そんな中FBIの対テロ戦略部の捜査官エリカは
相棒のデールと共にテロ組織のアジトに乗り込み、
そこで死体と共に発見した情報を元に“ある集会”に乗り込む。
同じ頃神父のジャックも、Vに襲われて目の前で息絶えた信者より託されたメモを頼りに、
その集会に潜り込む。
そこはVの壊滅を計画するレジスタンスの集会だった。
そこでエリカはジャックや、Vの一員でありながら脱出し、
Vに反旗を翻したライアンなどと出会う。
しかし彼らにはVの魔の手が迫っていた・・・!
(Wikipedia参照)


エリザベス・ミッチェル、モリーナ・バッカリン、ジョエル・グレッチ
モリス・チェストナット、ローガン・ハフマン、 ローラ・ヴァンダーヴォート
スコット・ウルフ、and more...


また騙された・・・。
シーズン2で打ち切り。しかも完結せずに途中で。
どうせ終わらせるなら無理矢理にでも完結して欲しかった。

ファーストシリーズの方は面白くて、
ビジターの目的や秘密が少しずつ明らかになっていく様子をワクワクして見れますが
セカンドシーズンはそれほどのワクワク感がありません。

一体この後どうなっていくんだろう?ってゆう気持ちにもらえなかったし
セカンドシーズンの中だるみの感がいなめません。

そしてその中途半端なままラスト。

あ~もうダメです。観ない方が吉!

アメリカさんどうかドラマを中途半端に終わらせるのはやめていただきたい(笑)

a0114618_147193.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-26 08:09 | 映画&ドラマ

図書館戦争 著:有川浩

図書館戦争 著:有川浩

内容は、
正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し
人権を侵害する表現を取り締まる法律として
『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、
立てよ図書館!
狩られる本を、明日を守れ。
(Amazon参照)


2012年にアニメ映画化され、
岡田准一さんや榮倉奈々さん主演で2013年4月に実写映画化される作品です。

友人から勧められていたんですが、やっと読む事ができました。

うん。おもしろい。
物語の設定は有川浩さんらしく相変わらず無茶苦茶なものですが、
登場人物の1人1人がすごく活き活きとしていてリアルで
設定の細かい所もキチっと書き込まれているんで
妙にリアリティがある内容に仕上がっています。

この辺りは有川さんらしさ爆発です!!

そして、もう1つピュアピュアな恋愛要素も入っていて
そこも有川節が満開です(笑)
まぁその辺りはスグに想像つきますが、それとおもしろさはまた別。
ミステリー的なものは皆無ですが、エンタメ的な要素は満開で、
実写映画化されたのも納得の内容です。

a0114618_942121.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-25 09:44 | 読書

DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆

2011年公開の日本映画です。

内容は、
血気盛んな若手警察官・早川勇作は、
犯罪を未然に防ぐために活動する警備犬と
ハンドラーが所属する部署へと転属させられるが…。
(Amazon参照)


監督:七高剛 脚本:大石哲也

主な出演者
市原隼人、戸田恵梨香、村上淳、阿部進之介
カンニング竹山、時任三郎、etc...


ん~レビューが高いのが多かったんで期待して観ましたが正直そこまで楽しませませんでした。

人間と犬の友情を描いた作品なんですが、
よく言えば王道、悪く言えばありきたりなストーリー展開。

クライマックスの辺りのピンチはほんとベターで
2011年の作品とは思えないような古典的な展開

そして、市原隼人さん演じる主人公の早川勇作の行動が自分勝手で自己中心的。
それが最後の方まで変わらなくて、全く感情移入できませんでした。

こうゆうベターな作品もおもしろいと思うんですが、
無理に感動させようってゆう意図が見えるからか・・・。

恋愛要素も無理にいれてる感じがして微妙です。

この作品はどうにも肌に合わなかったですね。

a0114618_12414289.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-24 12:42 | 映画&ドラマ

グラバーズ

グラバーズ

2011年公開(多分日本では未公開)のイギリス映画です。

内容は、
平和なアイルランドのある島の漁村。突然、空から奇異な物体が落ちてきた。
次々と行方不明になっていく人々。砂浜に浮かび上がったクジラの死骸。
一体何者の素行なのか。地元の警察は捜査に乗り出すが、
犯人として浮かび上がったのは、とんでもないモノだった!
この宇宙モンスターに島人たちは戦いに挑むが・・・。
島の飲んだくれ老人たちが中心となり、導き出した奇抜な退治法とは?


監督:ジョン・ライト 脚本:ケヴィン・ルヘイン

主な出演者
リチャード・コイル、ルース・ブラッドリー、ラッセル・トビー、and more...


正統派のB級コメディホラーです!!

このやっすい感じがたまりません!

モンスターが出てきて人を襲うんですが、アルコールが弱点って事で
泥酔状態なら襲われても生き残れるってゆうんでもうみんなベッロベロのアホ状態(笑)

最初はお固くて可愛くないヒロインもベロベロ状態になると自分に正直になって
ニセナタリー・ポートマン並に可愛くなるのにはビックリです。

おバカな事を真剣にやってる映画はおもしろいもんです。
B級映画好きにオススメの作品です。

a0114618_1565625.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-23 02:00 | 映画&ドラマ

愛と誠

愛と誠

2012年公開の日本映画で、
梶原一騎原作・ながやす巧作画の同名漫画が原作です。

内容は、
ブルジョア一家の令嬢・早乙女愛は幼少期、雪山で見知らぬ少年に助けられた。
その出来事は、彼女の心に“白馬の騎士との出会い"として、
強烈な思い出となり刻み込まれた―。
それから11年後の1972年、新宿地下街。愛の前に現れたのは、
超不良の太賀誠。それは運命の再会だった―。
不幸な少年時代の復讐を胸に東京へやって来た誠は
不良グループとの殴り合いのケンカの果て、
上京早々少年院送りに…。
運命の人との再会を果たした愛は、誠を更生させるため、両親に頼み込み、
名門青葉台学園に誠を編入させる。
さらにはアパートや学費を用意し、誠を更生させることを宣言するが…。
(Amazon参照)


監督:三池崇史 脚本:宅間孝行

主な出演者
妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、伊原剛志
余貴美子、一青窈、市村正親

1974.75.76年に西城秀樹さん主演で映画シリーズもしていた作品で、
そのリメイク作品になるんですかね?

悪の教典やクローズZEROの三池崇史監督に妻夫木聡主演!
脇役にも市村正親さんや余貴美子さんと意外と超豪華!!

昭和の名曲に所々ミュージカル調になっていて、曲の雰囲気と歌詞が妙にマッチしています。

色んな所のレビューではかなり高評価だったんですが、
個人的にはあまり受け入れられませんでした。

全体を通して少しコメディタッチでそのギリギリな感じが
三池監督の良さではあるんですが、今回はちょっとあまり好きでは無い感じです。

全体を通してコメディ要素映画のような表現で純粋な愛を描いていて、
その辺りは好感が持てるんですが、
あえてでしょうが高度な子供騙しかのような演出が好きになれませんでした。

個人的に好きな女優さんの大野いとさんと安藤サクラさんが
良い演技していたのが良かったかなと(笑)

a0114618_9494331.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-01-22 09:50 | 映画&ドラマ