<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

しあわせの雨傘

しあわせの雨(原題:POTICHE )

2010年(日本では2011年)公開のフランス映画です。

内容は、
スザンヌは毎朝のジョギングが日課の幸せなブルジョワ妻だったが、
ある日、雨傘工場を運営する夫ロバートが心臓発作で倒れ、
雨傘工場を切り盛りすることに。
亭主関白の夫の下で押し黙る日々を送っていた彼女だったが、
子ども、昔の恋人、工場の従業員たちの協力を得て予想外の本能が目覚めていく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:フランソワ・オゾン

主な出演者
カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ
カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ、ジェレミー・レニエ 、etc...

1977年のフランスが舞台なんですが、
今のご時世にマッチしているかのような女性の社会進出を描いています。

といっても、ただのサクセスストーリーでしゃなくて、
主人公のスザンヌは一癖どころでは無いぐらいクセのある人物ってゆうのが
少しずつわかっていきます。

家庭で夫の言うとこに反論せず、浮気も黙認し、
お飾りな妻であることに幸せを感じている(と思いこもうとしている)主人公が

夫の病気を機に、社会と触れ合い、
新たな自分に気づき、活き活きしていく様子は男の僕が観ていても
ワクワクしてしまいます。

最後の方の展開はやや強引で無理がありますが、
少し笑えてホッコリもする良作です。

a0114618_00495046.jpg

★★★★☆
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2014-07-31 00:52 | 映画&ドラマ

終戦のエンペラー(原題:Emperor)

終戦のエンペラー(原題:Emperor)

2012年(日本では2013年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官として
ダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。
彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズに、
太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。
わずか10日間という期限の中、
懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。
ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、
彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。
(シネマトゥディ参照)


監督:ピーター・ウェーバー
脚本:ベラ・ブラシ、デヴィッド・クラス

主な出演者
マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子
中村雅俊、西田敏行、桃井かおり、etc...


舞台は、第二次世界大戦終戦直後の連合国軍占領下の日本、
昭和天皇が戦犯として裁かれることをいかにして回避したかという史実を、
フィクションを交えて描いた作品です。

よくこんな難しい題材を映画化したもんです。

アメリカ映画ですが、アメリカ視点、日本視点と両方からきっちりと描いていて、
映画作品なのでフィクションも多く入り込んでいますが、
事実も含まれているので、この映画が真実だと思うのは危険ですが、
大体をイメージするのには良いのかもしれません。

特に海外の方は日本をイメージしやすいのかも。
少々誤ったイメージも含まれますが・・・。

大きなフィクションの1つに
フェラーズ准将の恋愛模様がありますが、
正直これ無くても良かったかな~と思います。
まぁ映画だから仕方ないかもですが。

全体を通して完成度が高く、最後の天皇陛下の進言には感動させられ
戦争についても考えさせられることもあるので、
観ても損の無い作品です。

a0114618_00304479.jpg
★★★★☆ 星4つです!

過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2014-07-30 00:31 | 映画&ドラマ

127時間(原題:127 Hours)

127時間(原題:127 Hours)

2010年公開のアメリカ映画で、
登山家のアーロン・ラルストンの自伝
「奇跡の6日間(原題:Between a Rock and a Hard Place)」が原作です。

内容は、
誰にでも、人生のターニング・ポイントは必ずやってくる。
アーロン・ラルストンの場合、それは自分の庭のように慣れ親しんだユタ州、
ブルー・ジョン・キャニオンでの出来事だった。
金曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、
ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発した。だが、運命の瞬間が彼に襲いかかる。
落石に右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。
助けを求める叫び声は無人の荒野にむなしく呑み込まれ、
持てる知恵と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ピクリとも動かない。
死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。
自分勝手に生き、決して心を開かなかった両親にも、友人にも、恋人にも――。
衰弱した身体を引き裂くように襲いかかる後悔、
そして湧き上がる命への情熱。生きたい。生き直したい――!
そして生命の限界を超えた127時間後、遂に彼は〈決断〉する――。
(Amazon参照)


監督:ダニー・ボイル
脚本:ダニー・ボイル、サイモン・ボーファイ

主な出演者:ジェームズ・フランコ

実話をベースにしている作品で、
本人言わく、冒頭でハイカーの女性2人を天然のプールに案内するシーン以外は
かなり事実に即したドキュメンタリーに仕上がっているそうです。

主人公のアーロンが少しずつ追い込まれていく様子がすごく生々しくて
感情移入することによって、アーロン同様気持ちが焦っていきます。

後半は少し残酷なシーンがあるので、苦手な人には注意が必要ですが、
それでも観る価値ありの名作です。

ダニー・ボイル監督の見事と言える演出と、
ジェームズ・フランコの完璧な演技に、
ドキドキハラハラさせられてからの~ラスト!!

事実を語るだけなら数行の文字だけで説明できるかもしれませんが、
94分の映像にすることで、説得力が半端ありません。

オススメの作品の1つです。

a0114618_0164099.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-07-29 00:17 | 映画&ドラマ

mousrache index No.3 なつみっふぃー

何とか第3弾を発表できました。

a0114618_04465610.jpg
a0114618_04470912.jpg

ニックネーム:なつみっふぃー
出身地:和歌山
場所:和歌山
年齢:17歳
職業:高校生

[PR]
by ks-1518 | 2014-07-28 01:54 | moustache index

ムーラン・ルージュ オリジナル・サウンドトラック

ムーラン・ルージュ オリジナル・サウンドトラック

ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが主演した、
2001年公開のミュージカル映画のサウンドトラックです。

内容は、
『ムーラン・ルージュ』は、ニコール・キッドマン演じる高級娼婦と
ユアン・マクレガー演じる貧乏な青年詩人の禁断の愛のゆくえが描かれる
豪華絢爛なミュージカル。
『ロミオ&ジュリエット』のバズ・ラーマン監督がその卓越したセンスで、
往年の「ミュージカル映画」の味わいを
アヴァンギャルドに現代によみがえらせた1本だ。
本盤はそのサウンドトラックである。
(Amazon引用)

収録曲は
1. Lady Marmalade - Christina Aguilera, Pink, Mya & Lil' Kim
2. Diamond Dogs - Beck & Timbaland
3. Children of the Revolution - Bono, Gavin Friday & Maurice Seezer
4. Nature Boy - David Bowie & Massive Attack
5. Le Tango de Roxanne - Cast with Jose Feliciano
6. Because We Can - Fatboy Slim
7. Sparkling Diamonds - Nicole Kidman
8. One Day I'll Fly Away - Nicole Kidman
9. Rhythm of the Night - Valeria
10. Hindi Sad Diamonds - Nicole Kidman & Cast
11. Your Song - Ewan MacGregor
12. Elephant Love Medley - Ewan MacGregor & Nicole Kidman
13. Come What May - Ewan MacGregor & Nicole Kidman
14. Compliante De La Butte - Rufus Wainwright
15. Nature Boy - David Bowie & Massive Attack)
の全15曲です。


実は、この映画まだ観た事無いんですが、
サウンドトラックだけ、友人にいただきまして・・・ww

映画は観ていませんが、このCDはテンションが上がるような曲ばかり!!

ノリが良い曲から、切ない曲までホント盛りだくさんです!!

唄っているメンバーも豪華で、Christina AguileraやPink、Mya、Beckなど有名どころばかり。

主演のニコール・キッドマンとユアン・マクレガーもかなりの歌唱力を披露しています。

3曲目の「Children of the Revolution」はM-1の入場シーンに使われている曲ですし、
1度聴いてみても損は無い1枚です。

早く映画を見なければ・・・

a0114618_21264795.png


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-07-27 00:00 | 音楽

ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ

2003年(日本では2004年)公開のアメリカ映画で、
ダニエル・ウォレス小説「ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり」が原作です。

内容は、
身重の妻と暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。
彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、
聞く人を魅了するのが得意だ。
ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、
いつしか自分だけ父の話を素直に聞けなくなっていた。
3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に
巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、
その不満が爆発する形で、
ウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、
仲違いが生じ、それ以来二人の不和が続いていたのだった。
そんなある日、母から父が病で倒れたと知らせが入る。
ウィルは妻と共に実家へと戻る。
しかし、病床で相変わらずな話を語り出す父と、
本当の父を知りたいと葛藤する息子は理解し合えぬままだった。
はたしてウィルはエドワードの話の中に、
父の真実の姿を見出すことができるのだろうか…。
(Wikipedia参照)


監督:ティム・バートン
脚本:(原作)ダニエル・ウォレス (脚色)ジョン・オーガスト

主な出演者
ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ
ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター 、and more...

ティム・バートン監督らしい仕上がりの作品で
美しい映像や色彩、音楽、独特の演出でファンタジーを巧く表現しています。

まるで飛び出す絵本をむちゃくちゃリアルにしたよう!

エドワードの話の中には親子愛を中心に色々な感情が巧く隠されていて、
物語を観ていると少しずつ少しずつ、その感情に触れていくことができます。

号泣するような映画ではありませんが、
静かに涙がこぼれてきてちょっぴり悲しいですが、
何か満足感を持って観終われる名作です。

他にも色々と伝えたいことはありますが、
巧くコトバにできないので、一度観てみてください。

観て損はしない名作の1つです。

a0114618_21164974.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-07-26 00:00 | 映画&ドラマ

洒落乙(シャレオツ)スナップ No.2 ????さん

はい、何とか2枚目掲載することができました。

洒落乙(シャレオツ)スナップ 第2弾です。

a0114618_03580649.jpg

ニックネーム:????
撮影場所:和歌山
年齢:2?歳
職業:サービス業
ファションのポイント:ロングシャツを小物で品良く


イケメンさん発見です。写真撮られ慣れてるのか、
撮られ方がサマになっていて、すごく撮りやすかったww

ロングシャツだけど、色合いが爽やかで夏にピッタリな方でした。

オマケでモノクロも

a0114618_03581937.jpg

[PR]
by ks-1518 | 2014-07-25 00:00 | 洒落乙(シャレオツ)スナップ

エンド・オブ・ホワイトハウス(原題:Olympus Has Fallen)

エンド・オブ・ホワイトハウス
(原題:Olympus Has Fallen)


2013年公開のアメリカ映画です。

内容は、
シークレット・サービスとして大統領の護衛にあたるも、
大統領夫人の命を守ることができなかったマイク。
それから2年後、彼はホワイトハウス周辺を担当する警備員となっていた。
そんな中、独立記念日を迎えたホワイトハウスをアジア人のテロリスト・グループが占拠し、
大統領の解放と引き換えに日本海域からの米海軍撤収と核爆弾作動コード開示を要求する
特殊部隊による救出作戦が失敗に終わるのを目の当たりにしたマイクは、
一人でホワイトハウスに飛び込んでいくが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:アントワーン・フークア
脚本:クレイトン・ローテンベルガー、カトリン・ベネディクト

主な出演者
ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン
リック・ユーン、アンジェラ・バセット、アシュレイ・ジャッド、etc...


面白いっちゃあ面白いんですが、

アメリカの自国大好き感が全面に出された作品です。

よくあるっちゃあよくあるんですが、
ここまで全力で出してる作品は久々ですww

ストーリーは王道を行っていて、展開もそれほどどんでん返しもありません。
まぁ王道って言ってもいいぐらいなんで、
起承転結はしっかりと作っていて
見せ場も用意されていて、ホワイトハウスが壊れていく様子や
ホワイトハウスの小ネタなんかは観る価値ありです。

アクションはスピーディなんで、何も考えなくて観る分には良いかもしれません。

人間描写がちょっと甘いので、
もうちょっと主人公と大統領の関係性を際立たせていたらもっと満足感が得られていたかも

個人的には同じ年に公開された、ホワイトハウスを舞台にしたアクション映画
ホワイトハウス・ダウンの方がオススメですww

a0114618_20594517.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-07-24 00:00 | 映画&ドラマ

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

2008年公開の日本映画で、うすた京介の漫画「ピューと吹く!ジャガー」が原作です。

内容は、
ミュージシャンに憧れる清彦は、ひょんなことからナゾのふえ吹き男・ジャガーと出会い、
芸能人養成所「ガリプロ」のふえ科に入学。
しかし、赤字の原因であるふえ科は廃止寸前。
そこで、科の存続のためにふえ科のメンバーが目をつけたのは、20億円のふえ。
首尾よく手に入れ、はしゃぐメンバーだったが…。
(Amazon参照)


監督:マッコイ斉藤 脚本:オークラ

主な出演者
要潤, 大村学, 高橋真唯, 小木博明, なぎら健壱、and more...


いや~ガッカリ感が半端ありません。

配役は良い感じなのに内容が全くジャガーさんじゃありません。

マッコイ斎藤さんは原作ちゃんよ読んだんだろうか?

確かにあの原作を映像化するのは難しいけど、これはちょっと酷すぎます。

マッコイ斉藤さんと言えば、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の印象が強いですが、
なんかノリが「とんねるずのみなさんのおかげでした」っぽい。

下ネタあるし、暴力あるし・・・

そんなのジャガーさんじゃありません!!

って原作知らない人にはそんなこと関係無く面白いかどうかと思いますが、
きっとこの作品は原作読んでる人しか観ないと断定していかせてもらいます。

うすた京介さんのぶっ飛んだながらも
センスを感じる厳選された言葉のチョイスなんかも無く

なんとなくノリでやってる感がいなめません。

配役やキャラはは良いのに脚本がダメすぎます。

ジャガーさんファンとしてもイマイチだし、そうでなくても・・・な作品です。

a0114618_20203851.jpg


★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-07-23 00:00 | 映画&ドラマ

bistro olive(ビストロ オリーブ)

bistro olive(ビストロ オリーブ)

南海難波駅の裏側でイタリアンと言えば「PIENO(ピエーノ)」さん

同じ場所に3店舗を構えて、連日人が賑わっている人気店ですが、
そんな場所に新たにイタリアンが参入してました。

南船場にあるオシャレな人気イタリアン“スペッロ”の3号店で
(2号店は日本橋)

その名も“bistro olive”。

イタリアンバールだからなのか落ち着いた雰囲気の店内は
女子・女子・カップルといった中、

オーバー30才の男2人で突入してきました。

料理は本格的なイタリアンって感じで、どれも美味しくて箸が進みます。
メインターゲットが女性だからなのか、バールだからなのか
量は少し少なめなんで、色んな料理を少しずつといった感じでしょうか。

お酒や、本日の料理なんかも豊富で頻繁に通っても飽きがこなさそうです。

お酒はブランデーにフルーツをつけたお酒がオススメです
(僕は飲めないので他薦ですがww)

美味しい料理と美味しいお酒、良い雰囲気を味わいたい人は是非!!
人気店なので、行かれる際はご予約をお忘れなく!!

a0114618_22365998.jpg


店名:BISTRO OLIVE(ビストロ オリーブ)

住所:大阪府大阪市中央区難波4-5-8 1F

営業時間:11:30~13:30(LO)17:30~23:30(LO)

定休日:不定期

HPはコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2014-07-22 00:00 |