<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アメイジング・スパイダーマン2(原題:The Amazing Spider-Man 2)

アメイジング・スパイダーマン2
(原題:The Amazing Spider-Man 2)


2014年公開のアメリカ映画で、
マーベル・コミックのキャラクター“スパイダーマン”の実写映画化作品で、
2012年公開の“アメイジング・スパイダーマンhttp://piecelife.exblog.jp/19828578”の続編です。

内容は、
スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、
グウェンとの関係も好調なピーター。
だが、旧友のハリー・オズボーンがニューヨークに戻ってきたのを機に、
充足していた生活が微妙に変化していく。
そんな折、サイ型パワードスーツを装着したライノ、
人間発電機エレクトロという敵が出現。
苦闘を強いられる中、
追い打ちをかけるように怪人グリーン・ゴブリンとなったハリーが襲い掛かってくる。
(シネマトゥディ参照)


監督:マーク・ウェブ
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、ジェフ・ピンクナー

主な出演者
アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス
デイン・デハーン、コルム・フィオール、and more...


王道のヒーロー映画!!

サムライミ監督の前シリーズが好きで、前シリーズの最終章が2007年に終わったとこなので
どうしても比べてしまって、新シリーズの1は正直物足りなかったんですが、

本作の出来は意外としっかりと高評価!!

前作はどうしても説明臭く+スパイダーマン誕生の云々をもう1度観ることになったので
見応えがありませんでしたが
本作で前作の伏線やリブートされた設定も回収して完全に1,2でシリーズの完成度を高めています。

アクションの迫力は過去シリーズと合わせても一番!!
スパイダーマンがニューヨークの街を糸で飛び回る見せ方も前作以上で
実際に自分が飛び回っているかのような感じを与えてくれます。

特にエレクトロの強大さはグンバツ!!
まぁそのせいで、グリーンゴブリンと一瞬だけ登場するライノがしょぼく感じてしまうほどですが(笑)

人間ドラマも見事で、
ピーターの恋愛も含めた(てかそれが一番でかいか?)苦悩のしっかりと描いていて
超能力を得たものの、中身は普通のティーンエージャーであるピーターのキャラクターを
見事に描いています。

正直140分と長い内容で、詰め込み過ぎなストーリー、
エレクトロの終わり方など難点もいくつか散見しますが、
総合して考えると見応えのある王道のヒーロー映画です。

a0114618_03032459.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-30 00:00 | 映画&ドラマ

麺屋 ひしお の醤油ラーメン

紀州湯浅吟醸醤油ラーメン「麺屋 ひしお」

和歌山生まれにも関わらず、和歌山ラーメンがあまり好きでない
非県民ですが、美味しいと評判の“麺屋 ひしお”に行ってきました。

注文したのは、

紀州湯浅吟醸醤油ラーメン(600円)と天使の羽根餃子(350円)

a0114618_04075168.jpeg
ラーメンは醤油と煮干しの2種類、
つけ麺が煮干しが1種類で

今回は一番基本の醤油ラーメン。

和歌山の湯浅と言えば昔から醤油を作っていて、
そんな湯浅の吟醸醤油を使用しているのがこのラーメンの売り!

テーブルまでラーメンを運んでから、
スプレーみたいなので醤油をシュッシュッとしてくれるパフォーマンス(?)もあります。

肝心のお味ですが、

スープはこだわりの醤油と魚介の組み合わせで、あっさりとしていて
よくある和歌山ラーメンの豚骨醤油ほど獣臭やしょっぱさが無いので、
和歌山ラーメンが苦手な方でも十分に楽しめます。

麺は中細のストレートだったかな?

餃子はワイルドだろ~の如く羽根がガッツリついていて
味の方もまずまずといったところ。

比較的あっさりめで優しいお味なので、
ガッツリやこってりが好きな方はちょっと物足りないかもしれませんが
あっさり好きにはオススメの人気店です!

[PR]
by ks-1518 | 2014-09-29 00:00 |

Inpaichthys kerri アンクルチノパンツ&ロングワークシャツ

少し前に買った2つのアイテムをblogに載せるの忘れてたので・・

①Inpaichthys kerri(インパクティスケリー)のアンクルチノパンツ
購入店:naichichi(ナイチチ) 大阪店
値段:18,360円
a0114618_00593448.jpg
今年の春に買ったブルーのアンクルチノパンツが気に入っていたら、
秋物で同じシルエット(生地は厚め)のアンクルチノが出たので即購入!!

これメチャメチャ形がキレイでシルエットが抜群です!!
特に後ろから見るとそれが際立ちます!!
秋になってきたんでこれからガシガシ履いきたいと思います。


②Inpaichthys kerri(インパクティスケリー)のチェックロングワークシャツ
購入店:naichichi(ナイチチ) 大阪店
値段:17,280円
a0114618_01072543.jpg
一昨年ぐらいからチェックのロングシャツで良いの無いかな~と思っていたら、こいつに出会いました。

いや~カッコイイ!!コートみたいに羽織るもよし、写真みたいに前を閉じて着てもよし、
これも秋にガッツリ着たいと思います。

[PR]
by ks-1518 | 2014-09-28 00:00 | ファッション

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

2011年公開の日本映画で、1993年に実際に起こった
埼玉愛犬家連続殺人事件をベースにした作品です。

内容は、
熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、
家庭は不協和音を奏でていた。
ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、
やがて親しく付き合うようになる。
だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと
社本が気付いたときはすでに遅く、
取り返しのつかない状況に陥っていた。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:園子温

主な出演者
吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、and more...


園子温らしい作品ってゆうのがぴったりの作品です。

いや~ホントこの人鬼才というか変態ですね(笑)←褒めてます

実際の事件を基にしてますが、
ってかこんな事件あったの知りませんでした。

ちょっと調べてみるとかなりの衝撃的な事件。
映画の表現も過激でしたが、実際の事件もかなりの衝撃的なもの。


演者さんたちの演技が素晴らしくて、
衝撃的過ぎて(事実であっても)リアリティがない内容にも関わらず
リアリティを感じることができるほど!

特に“でんでん”さんが素晴らしい!
一見どこにでもいるような声のでかくて押しの強い陽気なおっさんが
豹変して笑顔で人体をバラバラにしてしまう狂気!

このどこにでも居てそうな感が恐怖を誘っていて、
精神的にきます。

全体を通してパワーを感じますが、
ラストの展開としては、ああゆうラストの持って行き方は理解できるんだけども
個人的にはちょっとスッキリしないのが気になるところでしょうか。


グロ表現は完全に観る人を選びますが、
園子温さんの女性のエロを描くのは巧く、
色っぽさが半端ないのでそれだけでも観る価値あります。

園子温さんらしい作品の1つです。

a0114618_06434687.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-27 00:00 | 映画&ドラマ

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

2013年公開のアニメ映画で、
モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」と青山剛昌原作の「名探偵コナン」のクロスオーバー作品です。

内容は、
米花町の銀行に保管されているチェリーサファイアを強奪したルパン三世。
銭形警部らの追跡を巻いたルパンは、謎の男アラン・スミシーと電話で連絡。
同じ頃、超人気アイドルのエミリオが美人マネージャーのクラウディアを伴い来日。
その際、コナンはエミリオのボディーガードをしている人物が、
ルパン一味の次元大介だと見破る。そんな中、エミリオに脅迫状が届き……。
(シネマトゥディ参照)


監督:亀垣一 脚本:前川淳


日本テレビ開局60周年、読売テレビ開局55周年、『ルパン三世』連載45周年、『名探偵コナン』連載20周年記念
と記念尽くしでクロスオーバーした作品です!!

2009年にテレビ放映されたルパン三世VS名探偵コナンのリンクした内容で、
本作でも劇中に関連した人物やエピソードが盛り込まれています。

ルパン三世ファンで、
名探偵コナンの方はファンとまではいかないものの知っている僕ですが、

これはどちらのファンでも楽しめる作品になっています!!

お互いのキャラクターの見せ場がちゃんと用意されていて、
その2つが巧く交わってストーリーを展開させています。

最初から最後まで飽きさせないストーリー展開で、
ルパン一味のかっこよさとコナン君たちのかわいらしさが合わさって
気持ちいハーモニー。

お祭り企画なので多少大味ですが、十分に楽しめる作品です。

a0114618_06032785.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2014-09-26 00:00 | 映画&ドラマ

イントゥ・ザ・ストーム(原題:Into the Storm)

イントゥ・ザ・ストーム(原題:Into the Storm)

現在公開中(2014年9月現在)のアメリカ映画です。

公式HP

内容は、
直径3,200メートル、
秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。
炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、
ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、
住民たちはシェルターに避難。
一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、
最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて……。
(シネマトゥディ参照)


監督:スティーヴン・クォーレ 脚本:ジョン・スウェットナン

主な出演者
リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、
マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=カーレイ、
アーレン・エスカーペタ、etc...


ハリケーンを扱った映画ということで、
1995年公開(日本では1996年公開)のヤン・デ・ボン監督のツイスター(原題:Twister)が
浮かびますが、

そのツイスターを想像していたので、
大味なCG凄いだけのパニック映画を想像していたので
横っ面を叩かれるような衝撃でした!!

ハルケーンの恐ろしさは巧く表現されていて、
見ていてハラハラドキドキさせられるのは当然ですが、

本作が素晴らしいのはその人間ドラマ!

こういったパニック映画では映像の迫力一辺倒になりがちですが、
本作はストーリーや人間ドラマがしっかりとしていて
しっかりとした作品を見せてくれます。

映像の見せ方も素晴らしくて
ファウンド・フッテージと普通の映像を組み合わせていて
それがよりリアリティを生んでいて見応えある映像美です!

パニック映画としてはかなり完成度の高いオススメの作品です。

a0114618_02234606.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-25 00:00 | 映画&ドラマ

ばしゃ馬さんとビッグマウス

ばしゃ馬さんとビッグマウス

2013年公開の日本映画です。

公式HP

内容は、
次々と脚本コンクールに応募するものの、
一次審査すらも通らない34歳の馬淵みち代。
そんな彼女と同じシナリオスクールに通う26歳の天童義美は、
自分の作品をほとんど書いたことがない割には、
常軌を逸した毒舌で他人のシナリオを酷評する。
そんな彼らが出会ってしまい、何と天童がみち代にほれてしまう。
嫌味な自信過剰男だと自分を嫌うみち代に認めてもらおうと、
ついにシナリオを書くことを決意する天童。
意外な彼の真摯な姿に、みち代も心を開き始めるが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔、仁志原了

主な出演者
麻生久美子、安田章大、山田真歩、岡田義徳、etc...


麻生久美子さん主演ってことぐらいの前情報で観ましたが、
監督が“純喫茶磯辺”の吉田 恵輔さんってことで、
純喫茶磯辺と同じく
「笑いを前面に押し出していない喜劇」といった複雑な内容となっています。

初めは
クソマジメで10年以上も脚本コンクールに応募するも一次審査も通らない“馬淵みち代”と
ほとんど脚本を書いたことも無いにも関わらず他人の脚本を酷評する“天童義美”が
主人公で、

初めはその2人を対比した形で見せているんですが、
少しずつ、2人の行動や発言がシンクロしていって、

その行動や発言が見ていて“イタく”て
でもそのイタい部分が誰にも少しは当てはまる事があって、
話が進むほど自分を投影していって、感情移入していきます。

夢を諦めずに追い続けている馬淵みち代と
何もしていないのに大口を叩いている天童義美

(極論で)大別すると誰もがこの2種類に分類されるので
誰もが共感ができて心を打たれる名作です。

にしても麻生久美子さんはメチャキレイで演技巧いし、
安田章大さんも以外とハマっていて演技もソツなくできてるし
配役も見事だな~

a0114618_13264788.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-24 00:00 | 映画&ドラマ

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜

2011年公開のアニメ映画で、
映画ドラえもんシリーズ通算第31作(第2期シリーズ第6作)。
1986年公開の「ドラえもん のび太と鉄人兵団」のリメイク作品です。

公式HP

内容は、
北極からロボットの足と謎の青い球体を持ち帰ったのび太。
すると、のび太の家の庭に空からロボットの部品が降ってきた。
「鏡面世界」を使って巨大ロボット“ザンダクロス”を完成させた
ドラえもんとのび太だったが、
ロボットの持ち主の少女リルルが登場。
何と、ザンダクロスとリルルはロボットの星メカトピアからやって来たのだった。
(シネマトゥディ参照)


監督:寺本幸代 脚本:清水東


最近、オリジナルもリメイクも含め第2期の作品を観始めましたが、
初めてのアタリです!!

旧作の良さはそのままに新しい要素を違和感なく溶け込ませています。

前作ではそれほど重要なキャラクターではないジュドを
ピッポとゆう新しい要素を加えることで、

のび太達との友情、リルルとの関係性やメカトピアでの過去など
さらに深い物語を作る助けになっています。

個人的にはのび太とリルルの名かけあいの部分にピッポが入ってくるのは
いただけなかったので、

リメイクとして成功だったとしても個人的には旧作の方が好きだったりします。

まだ全ての2期作品を観たわけではありまえせんが、1番完成度の高い作品でした。

a0114618_12252387.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-23 00:00 | 映画&ドラマ

るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 伝説の最期編

現在公開中(2014年9月現在)の日本映画で、
和月伸宏の漫画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」が原作で、
映画シリーズ(3部作)の最終章です。

公式HP

内容は、
海を漂流し流れ着いたところを、
剣術の師匠である比古清十郎に助けられた緋村剣心。
その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、
飛天御剣流の奥義を教えてほしいと懇願する。
一方、甲鉄艦・煉獄に搭載した大砲で一つの村を襲撃した志々雄真実は、
政府に対して剣心を指名手配し、捕らえて処刑するように求める。
(シネマトゥディ参照)


監督:大友啓史 脚本:藤井清美、大友啓史

主な出演者
佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介
土屋太鳳、田中泯、福山雅治、江口洋介、藤原竜也、and more...


(ネタバレ注意!!)
原作をリアルタイムで読んでファンでしたが、
1作品目の“るろうに剣心”、
本作の前編“るろうに剣心 京都大火編”は面白かったですが
今作はちょっと期待外れにも程があります。

感想を一言で言うと・・・
“ナンダコレ?”です。

まず、作りが雑で、
原作の良いシーンやセリフの上澄みだけをすくったかのような展開や演出で
ストーリー上の矛盾点や違和感など挙げればきりがありません。

その中でも特に気になった点は

十本刀の扱い
3強のはずの
魚沼宇水は秒殺もとい瞬殺
安慈と左之助の戦いが金的&パワーボムでの決着
2作品目で剣心を追い詰めた瀬田宗次郎が弱体化の上
バックボーンを描いてないにも関わらず自己崩壊で
救いも無いは意味もわからないはで意味不明

その他に至っては見た目はかなりの再現ぶりにも関わらず
出番全く無し

と酷いもんです。
これなら初めから3強だけ出して3本刀ぐらいにして設定しなおした方がスッキリします。

師匠の比古清十郎の剣術も飛天御剣流らしさが全くなくて
演技や動きが良いもののちょっと・・・
(ここは原作ファンとしてのエゴなので、それ以外の方は大丈夫だと思います)

四乃森蒼紫もザコのような弱さで強さが全く伝わらないのが残念でなりません。

最後の志々雄真実に対して4対1で戦うシーンがあるんですが、
映像としての迫力は出るんでしょうが、志々雄真実の凄さが際立つ形になって
剣心が完全に霞んでしまいます。奥義の天翔龍閃も地味でショボイし・・・。

とゆうかなんで突然そこで蒼紫が出てくるよ!脈略なさすぎだよ!!

突然本作から登場(?)した伊藤博文がさんざん剣心を苦しめているにも関わらず
最後にとってつけたかのように敬礼するのにも意味不明で理解に苦しみます。

2時間半を使ってその大部分が剣心の過去や成長を描いている為に(それも不十分)
アクションシーンが少なめでテンポも遅くてかなり退屈です。

アクション自体も1,2と躍動感と迫力があって素晴らしかったアクションも
何も進化せず、地面滑って軽い剣撃を打ち合うみたいな繰り返しで
正直慣れてしまって何の感動もありませんでした。
(ダンスしているかのようなスピーディな動きは評価できますが)

前作からの期待感を完全に裏切られました。

高評価している方もいているようなので完全に個人的な意見ですが、
僕には全く楽しめない“コレジャナイ感”を感じる作品でした。

a0114618_00210026.jpg

★☆☆☆☆ 星1つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2014-09-22 00:00 | 映画&ドラマ

スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ(原題:Spartacus: Gods of the Arena)

スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ
(原題:Spartacus: Gods of the Arena)


アメリカで2011年1月~2月の間放送されていたドラマ作品で、
“スパルタカス”シリーズ3部作の外伝で1stシリーズの前日譚を描いています。

公式HP

内容は、
クィントゥス・レントゥルス・バティアトゥスは父の剣闘士養成所を継ぎ、
剣闘士試合の興行師ラニスタとなる。
野心にあふれる彼は父の影から逃れることを夢見て、自らの名が知れ渡るよう、
また館が隆盛を極めるよう努力を惜しまない。
その傍らには美しき妻ルクレティアがおり、
いかなる手段を講じてでも夫の野心が満たされるべく内助の功に精を出すのだった。
バティアトゥスは、名声と栄光をもたらしてくれそうな男ガンニクスに全財産を投じる。
二刀流で巧みに戦う手だれだ。しかし、バティアトゥスに対抗する者たちや、
その手駒であるカプアの次期王者らが命がけで彼に襲いかかる。
初回、いまだ飼いならされぬ、髪ぼさぼさのガリア人クリクススが購われてきて、
あざけりや死の恐怖に耐えながら、やがてガンニクスの跡を継いで王者となる。
バティアトゥスは、同業の敵トゥッリウスからの執拗な邪魔立てをかわし、
ガンニクスを獲得するが、そうするうちに父ティトゥスや友人ソロニウスとの絆が、
彼の飽くことなき野心ゆえに綻びを見せはじめる。
前王者のオエノマウスはしぶしぶ訓練士ドクトーレとなり、
シリア人の新米アシュールとダガンは剣闘士たるべく己の技量を示そうとする。
熟練の剣闘士バルカとガンニクスはクリクススの台頭に目を留めるが、
そのかたわらでバティアトゥスとルクレティアのたくらみは破綻し、
それが館に住む者たちの悲劇へとつながっていく。
そのような出来事の数々にもかかわらず街の新たな闘技場は完成へと近づき、
その披露目の試合で剣闘士奴隷たちは神々になるのだった。
闘技場落成の日、バティアトゥスの剣闘士たちは闘技会で躍進を見せる。
ガンニクスは再びカプアの王者に返り咲き、闘技場の神となる。
ソロニウスの剣闘士たちに勝利した褒美に彼は自由を獲得、クリクススが新王者となった。
(Wikipedia参照)


主な出演者
ジョン・ハナ、ダスティン・クレア、マヌー・ベネット、クレイグ・ウォルシュ・ライトソン
ピーター・メンサー、レスリー・アン・ブラント、etc...

、そして本作の順番で観ましたが、完全に失敗しました。

本作の後に2を見ていれば、2のキーパーソンのガンニクスの事や
色んな人物の背景が見えてきてもっと楽しむことができたのに・・・。

もったいないことをしてしまいました。

他にも色々と1での伏線(説明不足な部分)を補っているので、
シリーズを楽しむなら外せない内容となっています。

シリーズの見所の
エロとグロは1よりもパワーアップしてますし、
謀略や人間ドラマも健在です。

見るなら1、本作、2の順番をオススメをします。

a0114618_01440097.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-09-21 00:00 | 映画&ドラマ