<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ベイマックス(原題:Big Hero 6)

ベイマックス(原題:Big Hero 6)

2014年公開のアメリカのアニメ映画で、
マーベルコミックのアメコミ作品「ビッグ・ヒーロー・シックス」が原作の
ディズニー映画です。

内容は、
西洋と東洋の文化が融合し、
最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。
そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。
深い悲しみに沈む彼だったが、
その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、
ベイマックスが現れる。
苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて
生気がよみがえってきたヒロは、
タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。
(シネマトゥディ参照)


監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
脚本:ジョーダン・ロバーツ、ドン・ホール


原作ちょっと調べたけど、設定も含めかなり大きく改変してるんで、
参考にした程度の原作だと思った方が良さそうです。

てか、アメコミ原作って知ってる人どんだけいるんだろう?

日本の宣伝の仕方から感動系だと思ってたら、
エンターテイメント性がものすごく高くワクワクしながら観る事できました!!

いわゆるスーパーヒーロー物で
兄を失った主人公が兄が開発したケアロボットを通じて立ち直っていく様子を描いています。

ストーリー展開自体は
まぁ勘の良い人なら、敵を含めほとんどわかってしまいますが、
そんな事は全く、ほんと全く気にならなりません。

そんなベターな展開にも関わらず、1つ1つの完成度がものすごくて
感嘆の一言!アホ程面白いです!!(笑)

ディズニー映画でありますが色々と混ざり合った変わった作品。

①ディズニー×マーベルコミック(アメコミヒーロー)
これだけでスゴイコラボ!しかもこんな異色なコラボを見事に映画化しています。

②サンフランシスコ×東京 の架空都市が舞台
日本人だから余計に嬉しいですが、サンフランシスコと東京を
ザ・サンフランシスコとザ・東京を見事に融合していて、
特に東京感はホントに具体的にあそこだ!って特定できるぐらいリアルで
その折衷感はスゴイ!!よくあるピントのずれたダサイ日本感はほとんど感じられません!

③ケアロボット×戦闘ロボット
これも日本人的な感じで言うとドラエモン×ガンダム(マジンガーZの方が強いか?)


リアリティがあって高クオリティの映像
ワクワクできて感動できるストーリー
シンパシーを感じる世界観

ともう言うこと無し!!
キャラデザインを含め重要なポジションに日本人がいるのも嬉しい所です。

従来のディズニーの世界観にうまく日本の(アニメの)世界観を落とし込んだ
オススメのアニメ映画の1つです!!

a0114618_09255598.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2015-05-31 00:00 | 映画&ドラマ

チャッピー(原題: Chappie )

チャッピー(原題: Chappie )

現在公開中(2015年6月現在)のアメリカ映画で、
本作の監督ニール・ブロムカンプの短編映画「Tetra Vaal」が原作です。

内容は、
2016年、南アフリカ。ディオンは、世界初の自身で感じ、考え、
成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。
しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングに
チャッピーと一緒に誘拐されてしまう。
起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、
ストリートギャングのメンバーたちと接し、
彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。
圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、
バッテリー残量が5日分しかなく……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ニール・ブロムカンプ
脚本:ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル

主な出演者
シャールト・コプリー、デーヴ・パテール、ヒュー・ジャックマン、
シガニー・ウィーバー、and more...


エイリアンってゆう存在を用いて社会風刺の効いた名作「第9地区」で
奇才が出てきたと歓喜した後
アメリカの医療問題を風刺した物の物足りない「エリジウム」で
一発屋か?と疑いを持ってしまいましたが、

今回の作品でそんな疑いを払拭してくれました!!
さすが!と言わせてもらいます(←偉そうww)


「第9地区」と同じく世界有数の危険地帯ヨハネスブルグとゆう
エネルギッシュなプラスのパワーと犯罪都市ってゆうマイナスのエネルギーの混在した
ヨハネスブルグならではの世界観・空気感がたまりません。

にしても、この監督、人間以外を使って人間を表現するのがアホ程巧い!!
人工知能ってゆう特殊な存在にも関わらず、
身振り手振りと言葉使いで感情を表して、
成長途中で何もわからない人工知能を通じて、
風刺を効かして「人間」の醜さと美しさを見せてくれます。

そして、人口知能、の倫理的な意味も考えさせられます。

デーヴ・パテール、シガニー・ウィーバーなど実力のある俳優や
悪役が珍しいヒュー・ジャックマンなども良いんですが、

今回個性を光らせているのは
主人公のチャッピーをモーションキャプチャーで演じているシャールト・コプリー
・・・ではなくてww

南アフリカ発のヒップホップユニット
DIE ANTWOORD(ディー・アントワード)の2人!
ワトキン・チューダー・ジョーンズ(Ninja)、ヨランディ・ヴィッサー(Yo-Landi Vi$$er)

このユニット、あのレディ・ガガの前座を断り、PVで思いっきりディスったことで
有名になった人たちです。
ちなみにそのPVはこれ
(最後にライオンに喰い殺されりゃそらガガ様も怒るわww)

この3人良い味出しています。
洗練された演技ではありませんが、勢いのある良い演技しています!!

他にもユニットでの名前そのままに出演して、黄色やピンクなどカラフルな銃で戦ったり、
名前がプリントされた服着たりと良い味がにじみ出ていて。

でも、ラスト直前のシリアスな場面で、
オレンジのスウェットにカタカナで大きく「テンション」て書いてるのは
ダメだってww笑ってしまったもの。


ただ、ラストがこれから!!って所で終わってしまうので、
ラストについては好き嫌いはあるかもしれません。
(もちろんあえて狙ってこうゆうラストにしているのはわかります)

個人的には満足できる良い作品でした。

a0114618_18244793.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-30 00:00 | 映画&ドラマ

はじまりのうた(原題:Begin Again)

はじまりのうた(原題:Begin Again)

2014年(日本では2015年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
ミュージシャンの恋人デイヴと共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、
彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ。
瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、
さらにデイヴの浮気が発覚。
部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、
彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。
歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダンに
アルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジョン・カーニー

主な出演者
キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、ヘイリー・スタインフェルド
アダム・レヴィーン、ジェームズ・コーデン、ヤシーン・ベイ
シーロー・グリーン、キャサリン・キーナー、etc...



何これ!!!!!
めっちゃ良い!!!!

心にグサっときました!!

音楽映画好きだけど、これはもうその中でもガッツリ上位に入ってきました。


仕事もプレイベートも落ち目の元敏腕音楽プロデュサーと
失意のシンガーソングライターが出会って・・・って
こんな雑でセンスの無いストーリー説明しかできそうにないので、
その辺りはパスで・・・

シンプルに劇中の音楽が素晴らしい!!

初映画出演したMaroon 5のアダム・レヴィーンの歌声と曲が素晴らしいのは当たり前なんですが、
キーラ・ナイトレイが意外な魅力を発揮しています。
歌唱力という点だけで見れば、いや聴けば、プロのアダム・レヴィーンと比べると見劣りしますが、
女優のしての力量なのか、元々の資質なのか、
歌声に艶があって何ともいえない魅力があります!
全編通して、キーラ・ナイトレイの歌声に痺れさせられます!
にしても、相変わらずこの人の表情は素晴らしい!
特に笑顔の破壊力ったらありません。
なんなんでしょう?あの何とも言えないステキな笑顔
キーラ・ナイトレイの笑顔だけでご飯3杯はいけますww

劇中で色んな名曲が奏でられますが、
特に印象に残っているのが、スプリットイヤホンで
グレタとダンが音楽を聴きながら街を巡るシーン!
ダンの言葉を借りるなら(正確に覚えていませんが)
「音楽を聴くと平凡な街並みが何か意味があるような気にさせてくれる」
の通り、音楽とゆう魔法がかかって街とそこいる人たちが
特別な何かに感じさせてくれます。

ラストをチープな恋愛物にしない辺りも上品さを感じさせてくれます。


街の至るところで喧騒も含め録音していく様子は
絶対誰かマネしそうだな。てかもうマネしてる人いてるかww

オススメの音楽映画の1つです!!

a0114618_17571444.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-29 00:00 | 映画&ドラマ

大統領の執事の涙(原題:LEE DANIELS' THE BUTLER)

大統領の執事の涙(原題:LEE DANIELS' THE BUTLER)

2013年(日本では2014年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ。
ホテルのボーイとなって懸命に働き、
ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。
アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、
歴代の大統領に仕えながら、
キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といった
アメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。
その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、
彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。
(シネマトゥディ参照)


監督:リー・ダニエルズ 脚本:ダニー・ストロング

主な出演者
フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ
マライア・キャリー、 ロビン・ウィリアムズ、etc...


ほんのりした感動系かと思いきや、
内容は、アメリカの黒人差別問題を扱った作品です。

同じ時期の黒人差別を描いた作品「それでも夜は明ける」が
アカデミー賞も受賞してお株を奪われた感がありますが、
こちらも観る価値のある作品です。

他の黒人差別を取り扱った作品と違い、
主人公のセシル・ゲインズは幼少期以外は
(肉体的に)それ程大きな迫害を受ける事もなく
ホワイトハウスのバトラー(執事)として、当時の黒人の中では恵まれた境遇にいます。

ホワイトハウスのバトラーとして、
アメリカの歴代大統領の考え方や、事件に接する様子を描くことで、
今までとは少し違った目線で、アメリカの負の歴史を描いています。

これだけで必見の内容ですが、

主人公のフォレスト・ウィテカーの演技が素晴らしい!!
ラスト・キング・オブ・スコットランド」で
残虐の独裁者を演じていた人と同じとは思えません!

マライア・キャリー、やロビン・ウィリアムズなど
うっかりすると見逃してしまう大物が出演しているのも見所の1つです。

a0114618_13041409.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-28 00:00 | 映画&ドラマ

武士の献立

武士の献立

2013年公開の日本映画です。

内容は、
春は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、
勝ち気過ぎてたった1年で婚家から離縁を言い渡される。
加賀藩で料理方を務める舟木伝内に料理の腕を見込まれた彼女は、
彼のたっての願いで伝内の息子安信のもとへ嫁ぐことに。
だが、包丁侍の家に生まれた跡取り息子の夫は料理が大の苦手で……。
(シネマトゥディ参照)


監督:朝原雄三
脚本:柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三

主な出演者
上戸彩、高良健吾、西田敏行、余貴美子、成海璃子、柄本佑、鹿賀丈史


同じ加賀藩を描いた作品ってことで
勝手に武士の家計簿みたいな感じかな~と思っていたですが、

「加賀騒動」とゆう実際に起きた加賀藩の御家騒動と
実在した包丁侍の家庭から描いた作品です。

時代劇であるものの、完全に現代劇を映したかのような内容で、
言葉使い何かは良いんですが、
醸し出す雰囲気は時代劇感があまりなく、
良く言えば時代劇が苦手な人でも見やすく、
悪く言えば時代劇好きにはちょっと物足りないかもしれません。

エンディングのCHARAの「恋文」もガッツリPOPSなんで
時代劇感をさらに無くしています。

もう1つの難点は物語の核となる料理の描写の少なさ。
もう少し焦点を絞って細やかに描いて欲しかったです。

ただ、2人を取り巻く環境や感情の変化は
(特に安信の心の変化!)
じわじわと心に染みわたっていって感情移入させてくれて
ラストにはしっかりと感動させてくれます。
僕はガッツリ感涙させられましたww

夫婦の心に寄り添った良い作品です。

a0114618_06593392.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-27 00:00 | 映画&ドラマ

武士の家計簿

武士の家計簿

2010年公開の日本映画で、
磯田道史の教養書 武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新 が原作です。

内容は、
会計処理の専門家、
御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之。
江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、
加えて武家社会には身分が高くなるにつれ
出費も増えるという構造的な問題があった。
直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断し、
猪山家の人々は一丸となって倹約生活を実行していく。
(シネマトゥディ参照)


監督:森田芳光 脚本:柏田道夫

主な出演者
堺雅人、仲間由紀恵、伊藤祐輝、 松坂慶子、草笛光子、西村雅彦、and more...

結構前に観てたのに、レビュー書いてなかったんで、今更ですが更新。

下手するときれいごと!!って言っても良いぐらい
清廉潔白な主人公を描いています。

ざっくり言うと夫婦愛を描いていて、
特別大きな事件が起きるようなことはなく、
その時代にいた現在のサラリーマンともいうべき平凡な侍の
生活を見事に描いていて、
よくある時代劇とは一風変わった独特の作風となっています。

ただ、そこが本作の良い所と悪い所で

特別な事件があるわけではないので、
ドラマ性が弱くエピソードも小ぶりなんで、
親しみは沸く分、物足りないと思う人もいると思います。

それでも心温まる夫婦の様子は一見の価値ありです!

a0114618_06542157.jpg

★★★ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-26 00:00 | 映画&ドラマ

沈黙の鎮魂歌(原題:DRIVEN TO KILL)

沈黙の鎮魂歌(原題:DRIVEN TO KILL)

2009年(日本では2010年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
元ロシアン・マフィアのボスで、今は犯罪小説家のルスラン。
ある日、元妻キャサリンから一人娘レイニーの結婚を知らされ、
彼らが住む街へと向かう。
レイニーの結婚相手ステファンは、
かつての因縁の敵ミカエルの息子。
レイニーのために組織を抜けたステファンを、
父ミカエルがよく思っていないのは明らかだった。
ルスランのいやな予感は的中し、結婚式直前にキャサリンは殺され、
レイニーも瀕死の重傷を負ってしまう。
愛するものを傷つけられたルスランの怒りが爆発!
眠っていた彼の闘魂が目覚め、復讐の幕が切って落とされた—!
(Amazon参照)


監督:ジェフ・F・キング 脚本:スティーヴン・セガール

主な出演者
スティーヴン・セガール、ローラ・メネル、インナ・コロブキナ
イゴール・ジジキン、ドミトリー・チェポヴェツキー、ロバート・ウィスデン
ザック・サンティアゴ、etc...


またまたセガール作品。
このB級感は一度はまるとクセになってしまいますww

ストーリーは設定はセガール作品でよくあるような設定で
目新しさは全くありません。

それはいつものことなんで問題ありません。

今回もいつもの如く、ほぼ無敵!!
大勢に囲まれようが、銃突き付けられようが
意に介さずバッタバッタと敵を倒してくれます。

だだ、今回の敵役のイゴール・ジジキンが良い味出してくれてます!
中々の迫力と威圧感を醸し出してくれているのはもちろん、
今回ムテキのセガールさんにかすり傷を負わしてくれますwwww

これが中々の快挙ww

中々そんな姿観れませんからねww

それだけで一見の価値のあるクセになる作品です。
まぁ合わない人は楽しめませんが。

a0114618_02562730.jpg
★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-05-25 00:00 | 映画&ドラマ

メイズ・ランナー(原題: The Maze Runner)

メイズ・ランナー(原題: The Maze Runner)

2014年(日本では現在公開中)のアメリカ映画で、
ジェームズ・ダシュナーの小説「The Maze Runner」が原作です。

内容は、
そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、
自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。
やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、
迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。
生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ウェス・ボール
脚本:ノア・オッペンハイム、グラント・ピアス・マイヤーズ、etc...

主な出演者
ディラン・オブライエン、ウィル・ポールター、カヤ・スコデラーリオ
トーマス・ブローディ・サングスター、パトリシア・クラークソン、etc...


期待せずに観ましたが、これが予想以上に面白い!!

児童向け?の小説が原作ってことで、
設定は結構無茶や強引な展開があって突っ込み所も多いですが、
許せる範疇。

もっとサスペンス色や迷路の攻略云々を魅せて欲しかったんですが、
内容は完全にアクション重視!

それはそれで緊張感あって良いんですが、
宣伝の仕方やせっかく迷路を設定にしているんだから
その攻略なんかをメインに据えて欲しかったです。

正直どこかで見たことのあるような
(LOST、ハンガーゲーム、進撃の巨人、漂流教室等)設定や演出で
新鮮味はありませんが、CGの出来と展開の早さで
グイグイと惹きこまれていきます。

続編がどうなるかはわかりませんし、
今回もほとんど謎が解けないので何とも言えませんが、

ドキドキハラハラは楽しめる作品でした。
続編に期待です。

a0114618_02290077.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-24 00:00 | 映画&ドラマ

E.T.

E.T.

1982年公開のアメリカ映画です。

内容は、
10歳のエリオットは、ある夜、家の庭で“怪物”を見る。
しかし、家族は誰一人としてその話を信じようとしない。
そこで彼は、色とりどりのチョコレートを使って怪物を家におびき寄せようとするが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:メリッサ・マシスン

主な出演者
ヘンリー・トーマス、ドリュー・バリモア、ピーター・コヨーテ
ディー・ウォレス、ロバート・マクノートン、etc...


往年の名作を見返し中、
先日観た「遊星からの物体X」は
敵対的エイリアンの傑作だとしたら、
同じ年に公開されたE.T.は友好的エイリアンの傑作

映画は知っていても今の20代の人は観てる人少ないんかな?

ざっくりと言うと少年とエイリアンの友情を描いたSFファンタジーなんですが、
スピルバーグ監督ってことでザ・王道のエンターテイメントに仕上がっています。

始めは正直キモいビジュアルのE.T.が途中から仕草やなんやらで
可愛く見えてくるんが不思議です。

見事なエンターテイメントなストーリーも素晴らしいですが、
個人的に特に惹かれるのは
ジョン・ウィリアムズによる劇中の見事な音楽!!

スターウォーズシリーズ(12月公開の最新作も)や
インディジョーンズやハリーポッターのシリーズなど
誰もが知っているメロディを送り出しているスゴイ方!!

これだけでも観る価値ありです。

最先端のCG使わなくてもちゃんとリアリティを感じさせてくれる傑作です。

a0114618_00251123.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-23 00:00 | 映画&ドラマ

沈黙の復讐(原題:BORN TO RAISE HELL)

沈黙の復讐(原題:BORN TO RAISE HELL)

2010年公開のアメリカ映画です。

内容は、
国際麻薬捜査部隊のボビーは、同じ隊のアクセルと共に、
バルカン半島諸国で不正取引されている銃と麻薬の特別捜査班に配属される。
やがて任務中にチームの一員がギャングの抗争に巻き込まれて命を落としてしまい、
怒りに打ち震えるボビーは壮絶な復讐を開始する。
(シネマトゥディ参照)


監督:ラウロ・チャートランド 脚本:スティーヴン・セガール

主な出演者
スティーヴン・セガール、ダン・バダラウ、ダーレン・シャラヴィ
D・ニール・マーク 、etc...


安定のセガール、沈黙作品。

合気道をベースにしたアクションは
合気道やってた自分としては嬉しい限りなんですが、

あいかわらずセガールさん無敵です。

かすり傷ぐらいでほぼ全く苦戦せずに、ばったばったと敵を倒してして
物語は終了ww

ストーリー展開はいつもの沈黙シリーズと似たり寄ったりなのはご愛嬌ww

わざわざDVD借りて観ようと思わないけど、
テレビで観てない新作やってると観てしまいます。

そしてそれなりに楽しめる(笑)

そろそろ次のエクスペンタブルズに登場しないかな~。
とかこの作品観ながら思ってましたww

a0114618_20571205.jpg

★★★☆☆
 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-22 00:00 | 映画&ドラマ