<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

時計じかけのオレンジ(原題:A Clockwork Orange)

時計じかけのオレンジ(原題:A Clockwork Orange)

1972年公開のアメリカ映画で、
アンソニー・バージェスの同名小説が原作です。

内容は、
近未来、毎日のように
暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、
ある殺人事件で仲間に裏切られ、
ついに投獄させられてしまう。
そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが……。
(allcinema ONLINE参照)


監督・脚本:スタンリー・キューブリック

主な出演者
マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、マイケル・ベイツ、etc...


スタンリー・キューブリックの傑作SF!!
久々に見直しましたが、やっぱスゴイ作品です。
何回観てもインパクトが強烈。

やっぱりこの監督天才です・
約半世紀も前の作品なのに、今観ても
ストーリー構成力、ストーリーの特異性、独特の世界観と映像美、カメラワーク
どれを取っても、この時代の他の作品とは画一された作風です。

主人公は完全に悪人で、
暴力やセックスシーンなどかなりバイオレンスな場面が多いので
大勢で観るのには全く向いていません。
(HDリマスター版だとボカシが消えているので、そちらをオススメします)

主人公や、周りの人に不快感を感じることはしばしばあるんですが、
この不快感がミソで、不思議な魅力を感じれます。

伝えたい事が全く伝えられませんが、
映画好きなら一度は観る事をオススメします。

a0114618_17070543.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-30 00:00 | 映画&ドラマ

96時間/レクイエム(原題:Taken 3)

96時間/レクイエム(原題:Taken 3)

2015年公開のフランス映画で、
2009年公開の「96時間」、2012年公開の「96時間/リベンジ」に続くシリーズ3作品目

内容は、
かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、
元CIA秘密工作員ブライアンはロサンゼルスに戻り、
再び家族の絆を取り戻そうとしていた。
そんな折、前妻レノーアが、彼の家で死体となって発見される。
運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、
殺人事件の容疑者として指名手配され……。
(シネマトゥディ参照)


監督:オリヴィエ・メガトン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン

主な出演者
リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン
ラデ・シェルベッジア、etc...


人気シリーズの3作品目で
1作目は無駄を一切省いたアクション映画で、
最初から最後まで突っ走った、
戦うお父さん事リーアム・ニーソンの代表作の1つですが

続編で多少劣化しつつも、貯金を使って何とか乗り切ってましたが、
今作はもうその貯金も尽きて駄作になりさがっています。

1作目の利点
93分と短くまとめてる
セガールばりの危なげのない無敵感と、それに反した神経質な性格
最初から最後までの疾走感
主人公の目的意識

の全てで悪い方に改悪されていて
ちょっとしたコメディ要素は嫌いじゃないけど、
全体の出来としてはイマイチと言わざるをえません。

シリーズの完結編にして、物語の軸がぶれてしまった作品です。

a0114618_06003922.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-29 00:00 | 映画&ドラマ

日々ロック

日々ロック

2014年公開の日本映画で、
榎屋克優の同名漫画が原作です。

内容は、
勉強もスポーツもダメ、彼女ナシのパッとしない高校生だが、
ロックを愛する心だけは人一倍強い日々沼拓郎。
友人に誘われバンドを結成した彼は卒業後、
上京して伝説のライブハウスで活動し始めるが、
なかなか客は集まらない。
そんな現実にもめげず熱いライブパフォーマンスを繰り広げていたある日、
トップアイドル宇田川咲と出会う。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:入江悠

主な出演者
野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、岡本啓祐、毬谷友子、竹中直人
蛭子能収、喜多陽子、and more...


ん~原作好きで観たんですが、どうにもスッキリしない。

映画化に向けて設定が変わるのは仕方ありませんが、
個人的にちょっと納得いきません。

原作漫画のキモは追いつめられて、追いつめられて、
鬱屈した思いを爆発させて書いた曲(歌詞)が
読む人の心を打つ所なんだと思いますが、

それが映画では少し描き足りていない気がします。

主人公の日々沼もちょっと作りこみ過ぎで、魅力が半減
もうちょっと普通の人に描いていても良かったんじゃないでしょうか?

宇田川咲がアイドルってゆうのもちょっと・・・。
きゃりーぱみゅぱみゅとPerfumeと足して2で割った感じだし。

ストーリーも一見、感動できるラストではありますが、
お涙頂戴的な狙いが透けて見えて何だかね。

前半部分に多い下ネタ多用のコミカル要素もいらないような気がします。

原作読んで無かったら、もっと素直に観れたんでしょうか?
そうゆうの差し引けば面白いのかもしれません。

あっ、劇中のザ・ロックンロールブラザーズの曲は素直に良かったです。

a0114618_14233690.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-28 00:00 | 映画&ドラマ

セッション(原題:Whiplash)

セッション(原題:Whiplash)

2014年(日本では2015年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
名門音楽学校へと入学し、
世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。
そんな彼を待ち受けていたのは、
鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。
ひたすら罵声を浴びせ、
完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、
その指導に必死に食らい付いていくニーマン。
だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:デミアン・チャゼル

主な出演者
マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー
メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、etc...


これは面白い!!
ガッツリはまってしまいました。

ただ、マイナス面も多くあるのでそこも忘れずに書いときたいと思います。

まず、邦題の「セッション」
原題の「Whiplash」はジャズの有名な曲名で
直訳すると鞭打ち(ドラマーの人でなる人が多いらしい)になるので、
そのままかいっその事振り切って全く違ったタイトルにすれば良いのに、
中途半端な変え方するから違和感が・・・
全然セッションが表にでる映画じゃないのに。


音楽に対する捉え方もちょっと引っかかっていて、
僕もBASSをかじってたクサレ音楽愛好家だから気になっているのかもしれませんが

主人公が目指している(フィッチャーが育てようとしている)先が
超絶技巧のドラマーで、

根性論的な指導方法で技術的なもののを叩きあげていくので、

音楽として偉大になるってゆうのが、
果たしてそれだけなのかってゆうのは大いに疑問視させられます。
なので、音楽映画として観るとツッコミ所がガッツリありますが、
見方を変えてスポ根として観ると違和感が少なくなります。


ですが、素晴らしい所がそんなマイナス面をはるかに上回っています。


全体的にかなり前のめりな展開で、
観てる人の意識が全く追いつかないぐらいワンテンポ早く
かつ想像の少し斜め上の展開が多少強引でありつつも
気にならないのが素晴らしい!!

カメラワークや映像もリアリズムを追求したようなものではなく、
どこか非現実感の感じるファンタジー的な切り口なので
さらに物語にのめりこんでいきます。

狂気と悲哀にじみた師弟関係やそれに付随した主人公とフレッチャーの
歪な心理描写が凄い!!

そして、特にこの映画が面白くて他の(音楽)映画とは違う所は

ラストシーンの衝撃!!

キレイな音楽映画にするならばラストシーンちょっと手前で曲が終わった所で
終わったっても良いのに、

そこから続くドラムソロからの終わって終わる所!!

これが歪で印象的でインパクトが凄い!!

1つ1つの描写も考えられていて、後で思い返すとヤベーってなりますし、
シンプルに特異さと面白さを融合された、
ある意味エンターテイメントに特化した素晴らしい作品です!!

これは絶対劇場で観た方がいい作品です!!

a0114618_05534839.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-27 00:00 | 映画&ドラマ

マッドマックス 怒りのデス・ロード(原題:Mad Max: Fury Road)

マッドマックス 怒りのデス・ロード
(原題:Mad Max: Fury Road)


現在公開中(2015年6月現在)のオーストラリア映画で、
1979年公開の「マッドマックス」のシリーズ4作品目です。

内容は、
資源が底を突き荒廃した世界、
愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックスは、
砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョーの一団に捕らわれ、
深い傷を負ってしまう。
そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ、
全身白塗りの謎の男、
そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。
マックスは彼らと手を組み、
強大なジョーの勢力に戦いを挑む。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジョージ・ミラー

主な出演者
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト
ヒュー・キース・バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
ゾーイ・クラヴィッツ、and more...

シリーズ4作品目なんですが、
正直メル・ギブソンの出世作で、
2が漫画「北斗の拳」の世界観のモチーフになったってぐらいしか知りませんでした。

本当はシリーズを観てから本作を観るべきなのですが、
今回は勉強不足で観れて無いので、近々シリーズ観てから
このページに追記するつもりです。


シリーズ全てでメガホンとっているジョージ・ミラー監督
豚を主人公にしたコメディドラマ「ベイブ/都会へ行く」の監督でもあった事に
今更気付いたんですが、
本作ではかなり振り切っています。

アフリカで撮影した壮大な世界観、
必要最低限にまで削ぎとった極少のセリフ
広大な大地を縦横無尽に多方向から撮影した狂ったようなカメラワーク
徹底的にシンプルなストーリー展開
キャラクターデザインや終末世界の描き方

などなど挙げればキリが無いぐらい面白いポイントが浮かんできます。

マイナスポイントはトム・ハーディ演じる主人公に
どうにも愛着が沸き辛い所でしょうか?

ブレーキ不要に最初から最後までつっぱしった、
B級臭が漂う名作の1つです。

a0114618_05455829.jpeg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-06-26 00:00 | 映画&ドラマ

デッドフォール(原題:Tango & Cash)

デッドフォール(原題:Tango & Cash)

1989年(日本では1990年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
ロス市警きっての腕利き刑事タンゴ&キャッシュ。
ただし2人の相性は最悪。そんなある日、
ひとつの事件をきっかけに2人の関係は180度転換する。
FBI捜査官殺害の罪で、こともあろうにタンゴとキャッシュが犯人にされてしまう。
罠を仕掛けたのはシンジケートのドン、ペレット。
2つの正義が手を組んだとき、彼らを阻止できるものは誰もいない!
(Amazon参照)


監督:アンドレイ・コンチャロフスキー 脚本:ランディ・フェルドマン

主な出演者
シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセル、ジャック・パランス
テリー・ハッチャー、ジェフリー・ルイス、etc...


中々濃ゆい2人が主人公の警察のいわゆるバディ物

コミカルな要素が多く含んでいて、ビバリーヒルズコップなんかを思い出しました。

それほどシリアスな場面は無くて、一環して軽快に描いているので
比較的見やすくなっています。

にしてもノリがガッツリ80年代のアクション映画だなww

a0114618_16522685.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-25 00:00 | 映画&ドラマ

東京難民

東京難民

2014年公開の日本映画で、福澤徹三の同名小説が原作です。

内容は、
堕落した大学生活を送ってきた時枝修は、
生活費を工面してくれた父親が借金を抱えて行方をくらまし、
授業料未納によって大学を除籍される。
家賃も払えずアパートを追い出された彼は、
ネットカフェで宿泊しながら日払いのアルバイトで過ごしていた。
さらにはホストクラブで働くはめになり、ついにはホームレスになってしまう。
(シネマトゥディ参照)


監督:佐々部清 脚本:青島武

主な出演者
中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月
中尾明慶、金子ノブアキ、井上順、and more...


ストーリー的にはかなり強引でちょっと展開自体にはリアリティは感じませんが、
導入部分に関しては、誰にでも(学生時代に)起こりうる可能性があるので、
その辺りには純粋に恐怖を感じました。

最底辺に落ちていく様子や、そこでも絶望しない様子などを描いていて
若者の群像劇のようになっているので、

現在社会の闇を表す一役を買っているんではないでしょうか?

展開の強引さに目をつぶれば、俳優さん達の演技も良いですし
一見の価値のある作品です。

a0114618_02464315.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-24 00:00 | 映画&ドラマ

明日に向って撃て!(原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid)

明日に向って撃て!
(原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid)


1969年(日本では1970年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
19世紀末の西部史に名高い、二人組の強盗ブッチとサンダンスの逃避行を、
哀愁とユーモアをこめて描く。
列車強盗としてならしたブッチとサンダンス。
しかし、近代化に向かう時代に、彼らの生き方はあまりにも旧弊だった。
新たな夢を求めて、二人は南米ボリビアへと旅立つが……。
(allcinema ONLINE参照)


監督:ジョージ・ロイ・ヒル 脚本:ウィリアム・ゴールドマン

主な出演者
ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス、etc...

名前だけは知ってたけど、観れていなかったので、

少し前に観た「俺たちに明日はない」と同じく、
いわゆるニューシネマというジャンルになります。

アウトローとして時代の流れ乗れなかった実在の人物達の悲劇を
描いていています。

主人公2人はバラエティの掛け合いのような軽妙な軽口を叩いていて、
少しずつ追いつめられていくにいつれ、その軽口に哀愁を感じさせられます。

いわゆる西部劇なんですが、
それ程派手な暴力や銃の撃ち合いなんかが表現のメインではないので
その辺りは見所だと思います。

見逃してはいけないのは、ラストシーンのストップモーション!!
このシーンは映画史に残る名シーンだと言われているので、必見です!!

a0114618_02430976.jpeg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-23 00:00 | 映画&ドラマ

ONCE ダブリンの街角で(原題:Once)

ONCE ダブリンの街角で(原題:Once)

2007年公開のアイルランド映画です。

内容は、
ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男は、
ある日、チェコ移民の女と出会う。
ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、
自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。
すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジョン・カーニー

主な出演者
グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ヒュー・ウォルシュ
ゲリー・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、etc...



上質な音楽映画です。

何でも脚本・監督のジョン・カーニーが
主演のグレン・ハンサードのバンドの元ベーシストで、
ストリートミュージシャンの映画化の話をハンサードに持ちかけたんだとか。

にしても、主演のグレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァは
プロミュージシャンで演技は素人なのに、意外に良い演技をしています。
全く違和感を感じませんでした。

特に音楽が流れるシーンや演奏シーンは長回しが多用されていて
アドリブもありつつでしょうが見事の一言!!

音楽映画の一番のポイントの音楽も素晴らしくて
ストーリーとマッチしていてすっと共感させてくれます。

独特の空気感が映像と音楽から伝わってきて
ダブリン独特の息遣いが聞こえてくるかのよう。

オススメ出来る音楽映画の1つです。

a0114618_02351982.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-06-22 00:00 | 映画&ドラマ

私の男

私の男

2014年公開の日本映画で、桜庭一樹の同名小説が原作です。

内容は、
奥尻島に猛威を振るった津波によって孤児となった10歳の花は
遠い親戚だという腐野淳悟に引き取られ、
互いに寄り添うように暮らす。花が高校生になったころ、
二人を見守ってきた地元の名士で遠縁でもある大塩は、
二人のゆがんだ関係を察知し、
淳悟から離れるよう花を説得。
やがて厳寒の海で大塩の遺体が発見され、
淳悟と花は逃げるように紋別の町を去り……。
(シネマトゥディ参照)


監督:熊切和嘉 脚本:宇治田隆史

主な出演者
浅野忠信、二階堂ふみ、山田望叶、モロ師岡、高良健吾
藤竜也、etc...


色々なレビューではかなり高評価な作品なんですが、
個人的にはちょっとしっくりきませんでした。

主人公2人が近親相姦を起こすんですが、
それ程珍しい内容でもなく、これぐらいで衝撃作だとも思えないし、
そもそもその内容に若干の嫌悪感を感じます。

よく、禁断の愛的な表現でレビュー書かれているんですが、
どうにも2人からは愛を感じられなくて、

お互いが欠けたものを補うために、寄生しあっているように感じます。

なんで全く感情移入できなくて、最後まで入り込めませんでした。

見所としては二階堂ふみさんの演技ぐらいでしょうか?

あの薄気味悪い雰囲気はかなりの衝撃です。

a0114618_05445833.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-06-21 00:00 | 映画&ドラマ