<   2015年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

LUCY/ルーシー(原題:Lucy)

LUCY/ルーシー(原題:Lucy)

2014年公開のフランス映画です。

内容は、
マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシーは、
特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。
しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。
脳科学者ノーマン博士が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、
少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:リュック・ベッソン

主な出演者
スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、アムール・ワケド
チェ・ミンシク、アムール・ワケド、etc...


近年のベッソン作品は予告のキャッチーさと中身が反比例していますが、
本作もそんな感じ。

スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマンと人気・実力共に確かな2人
確かな演技の脇役アムール・ワケドや
狂気を孕んだ良い演技をされているチェ・ミンシクなど俳優陣は素晴らしいんですが、

いやもう設定や演出が突っ込み所満載!
いやいやいやってぐらいオカシな所が散見されています。

これは突っ込んだら負けですね。

スカヨハのビジュアルはクールでカッコイイし、
超人っぷりは序盤限定で素晴らしいんですが、

時を経るに連れて微妙に・・・

な~んにも考えないで流し観するにも、それ程テンポが良いわけでもないし、
89分と短い中にまとめてるのが好感持てるぐらいでしょうか?


個人的にはハマらない作品でした。

a0114618_14410781.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-07-30 00:00 | 映画&ドラマ

ルビー・スパークス(原題:Ruby Sparks)

ルビー・スパークス(原題:Ruby Sparks)

2012年公開のアメリカ映画です。

内容は、
若くして天才作家としてもてはやされたカルヴィンだったが、
今ではひどいスランプに陥ってしまっている。
そこで、理想の女の子“ルビー・スパークス”の物語を書くことに。
執筆に没頭していたある日、
何とカルヴィンの前に自分が空想して作り上げていたルビーが現われ……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
脚本:ゾーイ・カザン

主な出演者
ポール・ダノ、ゾーイ・カザン、アントニオ・バンデラス、アネット・ベニング
スティーヴ・クーガン、エリオット・グールド、クリス・メッシーナ
アリア・ショウカット、and more...


ラブコメかと思って軽~い気持ちで観ていたら、
結構重めのパンチ喰らった感じです。

もちろんコミカルな描写もありますが、
物語のピークを人間関係の複雑さに持っていているので
意外と重めの見応えがあります。

恋愛経験が浅めの男性が
女性に対して抱いている幻想なんかをぶち壊し
現実の女性の在りようを表しているので
意外に男性は勉強になるんじゃないでしょうか?ww

にしても製作総指揮に
主人公のポール・ダノとヒロインのゾーイ・カザンが参加してて
脚本もゾーイ・カザン
そしてこの2人リアルでも長年のカップルって・・・スゴイです!

a0114618_09110451.jpeg

★★★★★
 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2015-07-29 00:00 | 映画&ドラマ

ジャイロスコープ 著:伊阪幸太郎

ジャイロスコープ 著:伊阪幸太郎

内容は、
助言あります。
スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。
人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。
バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「if」。
謎の生物が暴れる野心作「ギア」。
洒脱な会話、軽快な文体、
そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。
(Amazon参照)


オリジナル短編集ってことで、
時期も掲載紙もバラバラで、書いてる内容もジャンルも全くのバラバラ
最後にはいつもの感じでまとめてありますが、

内容は玉石混合といった感じで、
好みもあると思いますが、かなり理解が困難な作品もあります。

初期の伊阪作品ファンは、ちょっと物足りないかもしれません。

個人的にはけっこう楽しめました。

a0114618_02505096.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-28 00:00 | 読書

ぼくを探しに(原題:ATTILA MARCEL )

ぼくを探しに(原題:ATTILA MARCEL )

2013年(日本では2014年)公開のフランス映画です。

内容は、
幼少時代に両親がこの世を去って以来、
言葉を発することができないポールは、伯母姉妹に育てられる。
ダンス教室を営む二人はポールをピアニストにすることに夢中で、
彼は過去の記憶を心の中に秘めながら孤独な毎日を淡々と過ごしていた。
そんなある日、
彼はひょんなことから
同じアパルトマンで生活しているマダム・プルーストと出会い……。
(シネマトゥディ参照)



監督・脚本:シルヴァン・ショメ

主な出演者
ギョーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン
エレーヌ・ヴァンサン、ルイス・レゴ、ファニー・トゥーロン、etc...


フランスのオムニバス映画「パリ、ジュテーム」でエッフェル塔の監督の
シルヴァン・ショメが監督作品。

元アニメーション作家だけあってエッフェル塔と同じく
アニメも含めた表現が巧くて
リアルとファンタジーの境界を曖昧にした世界観は
色彩も音楽も美しくて気持ちが良くなります。

ストーリー展開はともかく、物語の核になる部分は結構残酷ですが、
爽快なラストシーンですっきりとした後味で終らせる事に成功しています。

ちょっと独特な雰囲気なので好き嫌いは結構ハッキリ分かれるますが、
個人的にはオススメの作品です。


にしてもお母さん超キレイだなww

a0114618_07410183.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-27 00:00 | 映画&ドラマ

夏はTシャツが欲しくなる

ナンデデショウ?Tシャツはイッパイ持っているのに
夏はTが欲しくなる・・・

UNITED TOKYOの 花火刺繍風プリントTシャツ
購入店:UNITED TOKYO OSAKA
値段:7,344円

a0114618_01534917.jpg
白シャツいっぱい持ってるのに、やっぱTシャツは白が一番好きです。

一見ハンドステッチなのかな~と思って手に取って観ると
プリントってゆう面白い一品!

見た目も夏っぽくて可愛いし、よく使えそうな1枚です。

[PR]
by ks-1518 | 2015-07-26 00:00 | ファッション

マッドマックス2(原題:Mad Max2:The Road Warrior)

マッドマックス2(原題:Mad Max2:The Road Warrior)

1981年公開のオーストラリア映画で
1979年公開の「マッドマックス」の続編

内容は、
前作よりさらに数年後、石油危機を迎え荒廃した世界。
凶悪な暴走族と戦いながら荒野の中で生活を続ける一団に救われたマックスは
用心棒として彼らに協力する。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョージ・ミラー 脚本:テリー・ヘイズ

メル・ギブソン、ブルース・スペンス、ヴァーノン・ウェルズ
マイケル・プレストン、ヴァージニア・ヘイ、エミル・ミンティ、etc...


何だろう?不思議な感じです。

中身はたいして無い。そう無いんです。

色々と突っ込み所のある設定や
全く感情移入できない主人公や登場人物達

なのになぜこんなにも魅力的なのか!

映画ならではの視覚的(聴覚的)に訴えてくる迫力や
独特の雰囲気が心を躍らせるんでしょうか。

説明不能に面白いの一言です。


北斗の拳のモチーフになったのがよくわかります。
てか、まんは北斗の拳ですね。

a0114618_01221817.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-25 00:00 | 映画&ドラマ

バッド・マイロ!(原題:BAD MILO!)

バッド・マイロ!(原題:BAD MILO!)

2013年(日本では2014年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
会社では何かと口うるさい上司や左遷に悩み、
家庭ではアクの強い母親に苦しめられ、
サラリーマンのダンカンのストレスは限界に。
猛烈な腹痛に襲われ、記憶を失うようになる。
そのころ、ダンカンの周囲では惨殺事件が連続で発生していた。
やがて、ダンカンは腹痛と殺人事件のつながりを知ることとなり……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジェイコブ・ヴォーン

主な出演者
ケン・マリーノ、ジリアン・ジェイコブス、ピーター・ストーメア
パトリック・ウォーバートン、etc...


このCG全盛期にパペット(人形)を使った
チープでバカな映画なんてって思ってたら
完全に裏切られます!!

腸内のポリープがバケモノになるなんて
汚いはグロイはなんですが、
これが意外とキモ可愛いww

80年代のB級映画のノリ全開で
あまりノレない下ネタはマイナスポイントですが、
それ以外はかなり好感持てますww

かなりバカしてる映画ですが、細部まで色々と考えられていているので
観る価値ありのシュール映画です!!

a0114618_01414843.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-24 00:00 | 映画&ドラマ

神さまの言うとおり

神さまの言うとおり

2014年公開の日本映画で、
作:金城宗幸 作画:藤村緋二の同名漫画が原作です。

内容は、
何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬の通う学校に突如ダルマが出現し、
命を懸けたゲームの始まりを告げる。
少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、
幼なじみの同級生・秋元いちかと一緒に第2のゲームへと向かう。
一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。
(シネマトゥディ参照)


監督:三池崇史 脚本:八津弘幸

主な出演者
福士蒼汰、山崎紘菜、染谷将太、優希美青、入江甚儀、and more...


原作はそれなりに面白いと思って読んでたんですが、
実写化はかなり難しいな~ってゆう印象。

そんな予想通りかなり内容がキツイものになっています。

監督は三池さんなんで、何とか観れるものになっていますが、
それでもご都合主義全開の展開にはゲンナリします。

序盤にメイン所の人物っぽい人があっさり死ぬ所と
規制を逆手にとって血しぶきを赤いビー玉(らしき物)で表現してる所は
観る価値ありですが、
それ以外は個人的にはちょっと受け付けない内容でした。

a0114618_01144056.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-23 00:00 | 映画&ドラマ

ジュラシック・パークIII(原題:Jurassic Park III)

ジュラシック・パークIII(原題:Jurassic Park III)

2001年公開のアメリカ映画で
ジュラシックパークシリーズの第3作品目です

1作品目「ジュラシック・パーク
2作品目「ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-

内容は、
パラセーリング中に遭難した少年を助けるため捜索チームがある島に向かった。
しかし、そこはあの恐竜たちが棲息する島のすぐ近くだった。
かつて、恐竜の島で恐怖の体験をしたグラント博士。
不本意ながらもチームに同行するハメになった彼の不安は案の定的中し、
今までに見たこともない巨大で凶暴な恐竜と対峙することに……。
(allcinema ONLINE参照)

監督:ジョー・ジョンストン
脚本:ピーター・バックマン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー

主な出演者
サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ
アレッサンドロ・ニヴォラ、トレヴァー・モーガン、etc...


ストーリーは新要素を少し入れながらも予想通りの流れですが
これが意外と嫌じゃないww

CGは初期と比べてかなり進化していて
あまり違和感が無くなりました。

恐竜の種類は増えていて、
今まで最強だったTレックスを凌駕する強さの
スピノサウルスが登場したり(生態については異論あるものの)
初めて翼竜であるプテラノドンが登場したりしています。

普通に楽しめますが、
それでも1の出来は超えているまでではないのが残念です。

a0114618_00561539.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-22 00:00 | 映画&ドラマ

ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-(原題:The Lost World)

ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-(原題:The Lost World)

1997年公開のアメリカ映画で、前作同様マイケル・クライトンの小説
「ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-」が原作
ジュラシック・パークの続編です。

内容は、
コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島、ロス・シンコ・ムエルタス。
そこは“サイトB”と呼ばれる、
<ジュラシック・パーク計画>において恐竜をクローン生産させるための拠点だった。
ところがハモンドの会社は倒産寸前で、
この危機を救おうと甥のルドローは恐竜を生け捕り、
見せ物にする計画を発表する。
マルカムはハモンドに探検隊のリーダーを依頼されたが、一度は断った。
だが恋人の恐竜学者サラがすでに出発したことを知り、
慌てて彼も“サイトB”へ向かうのだが……。
(allcinema ONLINE参照)


監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:デビッド・コープ

主な出演者
ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、ヴァネッサ・リー・チェスター
ヴィンス・ヴォーン、リチャード・シフ、etc...


シリーズ最新作「ジュラシックワールド」を楽しむ為に
見直しましたが・・・

あれ?こんな感じだったけ?

シリーズ1作目は久々に見直して面白い!って思ったのに
もっと面白かった気が・・・(笑)

登場人物の行動につっこみっぱなしで
オイオイオイオイって何度もつぶやいてしまいました。

ほんと自業自得な人多すぎだし
ご都合主義が過ぎます

見せ場はアメリカ本土にTレックスが上陸した所なんでしょうか?

シリーズの予習以外にはオススメしない作品です。

a0114618_08473494.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-07-21 00:00 | 映画&ドラマ