<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

フォーカス(原題:Focus)

フォーカス(原題:Focus)

2015年公開のアメリカ映画です。

内容は、
30人の熟練詐欺師集団をまとめるニッキーは、
半人前な女詐欺師ジェスに可能性を見いだし、
一流の犯罪者にすべくノウハウを伝授する。
やがて二人は恋に落ちるが、
恋愛は自分の仕事の邪魔になると判断しジェスのもとを去る。
数年後、ニッキーが一世一代の詐欺を仕掛けるブエノスアイレスのモーターレース会場で、
一段と美貌に磨きをかけたジェスと再会し……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア

主な出演者
ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ロドリゴ・サントロ
ジェラルド・マクレイニー、B・D・ウォン、and more...


ウィル・スミス主演のクライム×ラブロマンス映画

クライムムービーとしては、
痛快!の一言がピッタリなぐらい、
華麗に詐欺を行っていて、気持ちよくさせてくれます。

きちんと、あれ?って思わせる部分もあるので、
それが「あ~っあそこね!」とトリックに明かされた後に
納得させられるのは見事!

ラブロマンス部分はクライム映画の側面がある分
ストレートには描いていなくて、
ちょっとしたコメディタッチになっていて、
そのバランスとウィル・スミスの雰囲気が相まって
心地良い作品に仕上がっています。

a0114618_06544080.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-31 00:00 | 映画&ドラマ

トランスポーター イグニション(原題:THE TRANSPORTER REFUELED)

トランスポーター イグニション
(原題:THE TRANSPORTER REFUELED)


2015年公開のフランス映画で、
2002年公開の「トランスポーター」シリーズのリブート作品です。


内容は、
美女アンナからの依頼を受けたフランクが約束の時間に現れると、
彼の愛車に3人の女性が乗り込んでくる。
銃口を向けられた彼は、
拉致された上に猛毒による影響で余命12時間と宣告された父親の姿を見せられる。
プロの運び屋としてのルールから外れた仕事を強いられたフランクは逆上するが、
タイムリミットは刻一刻と迫っていた。
(シネマトゥディ参照)


監督:カミーユ・ドゥラマーレ
脚本:アダム・クーパー、ビル・コラージュ

主な出演者
エド・スクレイン、レイ・スティーヴンソン
ロアン・シャバノル、ガブリエラ・ライト、タチアナ・パジコヴィク
ウェンシャ・ユー、ラシャ・ブコヴィッチ、レン・クダジャヴィスキ
ノエミ・ルノワール、and more...


前シリーズの男臭いステイサム臭が無くなって、
イケメンのエド・スクレインに変わってちょっと雰囲気が変わっています。

ざっくり観れば格闘もカーアクションも見応えあるので、
面白いんですが、
トランスポーターとして観ればちょっと物足りない。

ストーリー展開も練られていて、
見応えもちょっとしたどんでん返しもあるんですが、

敵のボスとの決着のつけかたが車でないのもちょっと・・・

これじゃ普通のアクション映画に収まってしまっている気がします。

面白いけど、トランスポーターにしなくても・・・
邦題のイグニションも・・・

a0114618_11390494.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-30 00:00 | 映画&ドラマ

ラン・オールナイト(原題:Run All Night)

ラン・オールナイト(原題:Run All Night)

2015年公開のアメリカ映画です。

内容は、
ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロンは、
命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。
ところが相手がマフィアのボスで親友ショーンの息子だったため、
復讐に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。
ジミー父子は、
組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、
迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジャウマ・コレット=セラ 脚本:ブラッド・イングルスビー

主な出演者
リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、ボイド・ホルブルック
コモン、エド・ハリス、ブルース・マッギル、and more...


アイルランド版の任侠映画みないな内容で、


過去に犯した事の罪悪感でアルコールに溺れる元マフィアの殺し屋が
自分の息子を守るために誤って敬愛するボスの息子を殺してしまう。

ボスに自分の息子共々追い込まれていって
我慢の限界を超えた時に元殺し屋が・・・って感じで

プロットは目新しいものは正直ありません。

主演は戦うおっさんのイメージが強いリーアム・ニーソン
同じリーアム・ニーソンの96時間シリーズにはちょっとある
コミカルな描写はは全くなく、
主人公の悲哀をトコトン描いています。

ラストの展開は予想できるものの、
これしかない!!って感じで納得できるのも高評価!

アクション要素よりも、
罪を犯した父親とその父を恨んでいる息子とゆう2人を
深く深く描いた内容が見所です。

a0114618_21525842.jpg

★★★★☆
 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-29 00:00 | 映画&ドラマ

ハッピーエンドが書けるまで(原題:STUCK IN LOVE)

ハッピーエンドが書けるまで(原題:STUCK IN LOVE)

2012年(日本では2015年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
作家ビル(グレッグ・キニア)は前妻エリカを忘れられず、
離婚して3年たってもまだ彼女の家の周りをウロウロしていた。
大学生の娘サマンサはさっさと父親を見限って新しい恋人を作る母親を嫌悪し、
3年間ろくに口もきいていない。
そんな彼女に同級生のルイスが恋心をいだくが……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジョシュ・ブーン

主な出演者
リリー・コリンズ、ローガン・ラーマン、グレッグ・キニア
ジェニファー・コネリー、ナット・ウルフ、クリステン・ベル、etc...


きっと星のせいじゃない」と同じジョシュ・ブーンが監督

父親と子供達(姉と弟)が全員作家(と作家志望)ってゆう特異性はあるものの、
3人それぞれが、それぞれの年代での愛と恋を描いています。

ラストはちょっとリアリティがありませんが、
色んな世代で共感を得られる内容で、

ちょっとアメリカの空気感があるので、
日本人には馴染みがない所はありますが、
それでも十二分に面白く感じれると思います。

a0114618_17433083.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-28 00:00 | 映画&ドラマ

ゴーストバスターズ(原題:Ghostbusters)

ゴーストバスターズ(原題:Ghostbusters)

1984年公開のアメリカ映画です。

内容は、
ピーター、レイモンド、イゴンは、
ゴーストバスターズを名乗って幽霊退治業をスタートさせる。
次々と幽霊を退治して注目を浴び有名になっていくゴーストバスターズ。
一方、門の神ズールと鍵の神ビンツが人間の体を利用して融合を果たそうとしており、
これが実現すると悪魔が世界を支配する危機的状況に陥ってしまうのだが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:アイヴァン・ライトマン
脚本:ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス

主な出演者
ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス
シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、and more...


ホラーコメディの傑作!!

子供の頃何度も観てた気が、
あの音楽は1回聴いたら忘れられない中毒性がありますww

今観ればCGはかなりチャチですが、
当時はこれで斬新だったんだよな~。

CG以外でも、こんなしょうもないボケのシーンで
ここまで作りこむかってゆうセットや仕掛け作ったりするのも
今観たら感動ものですww

ゴーストと銘打っていますが、
出てくるゴーストに恐怖は感じませんし、子供でも十分に観れるんじゃないでしょうか?

4人のおっさんがマジメにバカなことしてるのがたまらなくて、
これが決してくだらなくないものじゃなく絶妙な掛け合いになっているので
最後まで飽きずに観る事ができます。

続編もありますが、1の方が個人的に好みです。

a0114618_00331016.jpeg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-27 00:00 | 映画&ドラマ

ザ・ホード -死霊の大群-(原題:La Horde)

ザ・ホード -死霊の大群-(原題:La Horde)

2010年公開のフランス映画です。

内容は、
殺された仲間のかたきを討つため、
ギャングの潜伏する高層ビルに乗り込んだウィセムら警官たち。
しかし、激しい銃撃戦が繰り広げられる中、
原因不明のまま発生した大量のゾンビが、
人肉を求めてビルにやって来る。
やむを得ず手を組んだ警官とギャングたちは、
ゾンビの大群に立ち向かうが……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ヤニック・ダアン、バンジャマン・ロシェ

主な出演者
クロード・ペロン、ジャン=ピエール・マルタンス、エリック・エブアニー
オーレリアン・ルコワン、ドゥードゥー・マスタ、アントワーヌ・オッペンハイム
ジョー・プレスティア、etc...

ハロウィン時期なのでゾンビ映画を。

近年流行りのダッシュしてくるゾンビ映画です。

序盤、警官とギャングの対立を描いたかと思ったら、
それぞれの陣営での人間関係が複雑で、
ギャングと警官入り乱れた人間模様は見事!

それにしても斧を持ったおっさんのキャラクターが凄い!!
かなりイっちゃっててある意味この映画の主役ですww

出てくる登場人物もみんなすごくて、
殴る蹴るでゾンビをしばきまくりww

倒せないまでも結構良い勝負してるのがスゴイです。

特に終盤に1人で大量のゾンビに対してほぼ肉弾戦で戦う様子は
かなりインパクトあって見所の1つ!

ちょっと特殊な雰囲気のオススメゾンビ映画です。

a0114618_21102265.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2015-10-26 00:00 | 映画&ドラマ

陽気なギャングは三つ数えろ 著:伊坂幸太郎

陽気なギャングは三つ数えろ 著:伊坂幸太郎

内容は、
陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、
消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。
だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。
正体に気づかれたギャングたちの身辺で、
当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。
蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、
人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!
必死に火尻の急所を探る四人組に、
やがて絶体絶命のカウントダウンが!
(Amazon参照)


9年ぶりに発売されたシリーズ3作品目!

過去2作を読んでいたら、冒頭からニヤニヤさせられること必至!

9年ぶりの新作にも関わらず、4人のキャラ設定に全くブレがなく
この相変わらず感を嬉しく思います。

ストーリー展開の軽妙さと軽快さは変わらず、
オチや伏線の着地点を巧みに想像させ、
そして落とし穴かのようにその想像を裏切る様は痛快の一言!!

ただ、個人的には小物臭のする相手が敵役だったのが物足りませんでした。
(後半、ゲスっぷりが急上昇するので、敵役にふさわしくはありますが)

シリーズに共通する痛快な1作です。

a0114618_14551255.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-25 00:00 | 読書

プリデスティネーション(原題:Predestination)

プリデスティネーション(原題:Predestination)

2014年(日本では2015年)公開のオーストラリア映画で、
ロバート・A・ハインラインによる短編小説「輪廻の蛇」が原作です。

内容は、
1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンは、
バーテンダーに自身が歩んだ人生を語る。
それは女性として生まれて孤児院で育ち、
付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、
さらに赤ん坊を何者かに誘拐されたという壮絶なものだった。
それを機に男性として生きることを選んだジョンに、
バーテンダーは未来からやって来た時空警察のエージェントだと明かす。
驚く彼を自分の後継者に選んだバーテンダーは、
装備を託すとともに宿敵である爆弾魔との対決に臨んでいく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ

主な出演者
イーサン・ホーク、サラ・スヌーク、ノア・テイラー、クリストファー・カービイ
クリス・ソマーズ、クニ・ハシモト、etc...


全く何も事前情報無く観たけど、面白い!!!!

色々と書きたいんですけど、
どう書こうにもネタバレしてしまいそうなので、
何も書けません。

ってこうゆうこと書いてるのもネタバレになりそうだな~。

登場人物は本当に本当に少ない中、
巧く練られたストーリーは見事の一言!

とにかく内容説明では面白さは伝わらないので、
一度観てみてください。

a0114618_09544212.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-24 00:00 | 映画&ドラマ

アイズ ワイド シャット(原題:Eyes Wide Shut)

アイズ ワイド シャット(原題:Eyes Wide Shut)

1999年公開のアメリカ映画で、
アルトゥール・シュニッツラーの小説「夢小説」が原作
スタンリー・キューブリック監督の遺作でもあります。

R-18指定

内容は、
ニューヨークに住む内科医のウィリアム・ハーフォードとその妻アリスは、
互いに愛し合い幸せに暮らしていた。
しかし、ある日妻から、「過去に心を奪われた男性がいて、
求められたらすべてを捨ててもいいと思った」と聞き、
ウィリアムは衝撃を受ける。
それをきっかけに性の妄想にとり憑かれていく彼は、
夜の街を徘徊する。
やがて、昔の友人に誘われるまま、秘密の乱交パーティに潜入するのだが……。
(allcinema ONLINE参照)


監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、フレデリック・ラファエル

主な出演者
トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック
マリー・リチャードソン、トッド・フィールド、and more...


昔観た時はこれがキューブリック監督の作品だと知らず、
これが初めて観たキューブリック作品だった気がします。

当時は衝撃は受けたものの、あまり物語がスっと入ってきませんでしたが
今回改めて観ると面白い!!

どの家庭にもある夫婦のギクシャクした問題を
乱交パーティなど非現実的なものを使って
ファンタジー的に表現しています。

これが見事!!

若きニコール・キッドマンが裸体を披露していたり、
他にも乱交パーティでも裸体の美女が多数出てくるので、
アメリカでも日本でもR-18指定の成人映画扱いになっているものの、
卑猥になっていないのは凄いです。

音楽や世界観の作りこみはキューブリック監督ならではの
独特でハイセンスな色彩表現など今観ても色褪せません!

マジメに変態を描いたとも言える名作ですww

a0114618_21045041.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-10-23 00:00 | 映画&ドラマ

フランシス・ハ(原題:Frances Ha)

フランシス・ハ(原題:Frances Ha)

2012年(日本では2014年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
バレエカンパニーの研究生で27歳のフランシスは、
大学在籍時の親友ソフィーとニューヨークのブルックリンで共同生活をしていた。
ある日、彼女は恋人に一緒に暮らそうと誘われるが断り、
その後別れることに。
ところがソフィーがアパートの契約更新を行わず、
引っ越しすると言ったことで……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ノア・バームバック

主な出演者
グレタ・ガーウィグ、ミッキー・サムナー、アダム・ドライバー
マイケル・ゼゲン、パトリック・ヒューシンガー、and more...


全編モノクロなのも相まって独特の雰囲気を持った映画です。

同居していた親友に恋人が出来て出て行き次のステージに進むことに嫉妬し、
クレジットで借金してふらっとパリに行ってみたり、
ダンススタジオをダンサーとしてクビになり、
事務での求人を断り母校に寮の管理人とバイトで食いつなぐ・・

と27歳なんだったらもっとしっかりしろよ!って思って
正直かなりイライラさせられましたが、

人生において誰もが抱く不条理感は
きっと共感できるような部分があるので、
その辺は巧くカバーされています。

劇中で流れる音楽がうまく物語にはまっているので
相乗効果で心地良い気持ちにもしてくれます。

a0114618_16481717.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-10-22 00:00 | 映画&ドラマ