<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハドソン川の奇跡(原題: Sully)

ハドソン川の奇跡(原題: Sully)

2016年公開のアメリカ映画です。

内容は、
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、
安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長は、
いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、
マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。
このまま墜落すれば、乗客はおろか、
ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、
ハドソン川への着水だった。
(シネマトゥディ参照)


監督:クリント・イーストウッド 脚本:トッド・コマーニキ

主な出演者
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、etc...


2009年に起きた「USエアウェイズ1549便不時着水事故」とその後の真相を描いた作品

やっぱりイーストウッド監督作品は素晴らしい!!

奇跡の生還を果たした英雄的な機長の話なので、
いくらでもお涙ちょうだいの感動的な作品に作ることはできるのに、

そこはイーストウッド監督

誰か(主人公)をヒロイックに扱ったりするわけではなく、
実際の世界と同じく名もなき一般人たちのそれぞれの働き(事実だけ)に焦点を当てていて
それでいてお話としても面白く仕上がっているのはさすがです。

邦題からはこの事件の奇跡的な感動作かと予想してしまいますが、
原題のSullyの通り、あくまでも機長のサレンバーガーと
その周りの人物達(奥さん、同僚たち、乗客たち)を事実を基に描いているだけに過ぎず、

直線的に感動的に持っていかさない為にサレンバーガーを心配する奥さんの描写を極力減らし、
電話で話すだけに留めている正直さは見事の一言です。


トム・ハンクス、アーロン・エッカートと熟練の俳優2人の演技も見事でそこにも注目です。

法廷劇の争いをストーリーの軸にしていて、
物語の盛り上がりもそれにリンクしていますが、
それはあくまでも表向きで軸にはしっかりとイーストイッド節がきいた人間物語。

ラストのアーロン・エッカートの一言もツボ

オススメできる名作です。

a0114618_01513826.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-12-27 00:00 | 映画&ドラマ

龍三と七人の子分たち

龍三と七人の子分たち

2015年公開の日本映画です。

内容は、
組長を引退したものの、
ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三。
そんな毎日にいら立ちを募らせる中、
彼はオレオレ詐欺にだまされてしまう。
人々をだます若い連中を許すわけにいかないと、
龍三はかつての子分たちを召集して世直しをすることに。
年齢に関係なくまだまだいけるとオレオレ詐欺のグループを倒しに向かう彼らだが、
行く先々でとんでもない騒動を引き起こしていく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:北野武

主な出演者
藤竜也、近藤正臣、中尾彬、安田顕、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健
小野寺昭、萬田久子、ビートたけし、etc...


北野武監督の本業であるコメディ

序盤からちょっと古臭い笑いがこれでもか!ってぐらいしつこく続くので、
中盤ぐらいまでは「あれ?これ失敗か?」って思ってたら、
終盤、その鬱憤を晴らすかのように終盤畳み込むように笑いを
ぶっこんできて、大いに笑わせてくれますww

プロットも演出もこれといって目新しくなく
笑いもゆっる~いものなのにバイオレンスをスパイスに
緊迫の無い不思議なバランスが面白い!

名優達のなんともとぼけた演技も楽しめるので、

北野映画が苦手な人も楽しめる1作です。

a0114618_13122525.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-12-06 00:00 | 映画&ドラマ

パディントン(原題:Paddington)

パディントン(原題:Paddington)

2014年公開のイギリス・フランス合作映画で、
マイケル・ボンドの児童文学作品「くまのパディントン」が原作です。

内容は、
ある日、大都会ロンドンのパディントン駅に、
真っ赤な帽子がトレードマークの小さなクマが降り立つ。
南米ペルーの奥深いジャングルから長旅の末ようやくイギリスまでたどり着いた彼は、
右も左もわからない状態だった。
思い切って丁重な態度で通行人に語りかけるものの、
言葉を話すクマに反応してくれる人はおらず……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ポール・キング

主な出演者
ベン・ウィショー、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス
ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、etc...


熊の映画って聞くとまず思い浮かぶのがTED
いやいやそれはおかしいだろ。
やっぱ(実写化も決まった)くまのプーさんでしょ!

いえいえ、違います。こちらもメジャーな作品
「くまのパディントン」の実写映画「パディントン」です。

いやま~可愛いのなんのって!

TEDのブラックな笑いとは違って
家族でほっこり爽やかに笑える作品に仕上がっています。

パディントンのビジュアルや仕草、セットなど可愛いく作り込まれていて、
とにかく可愛いのなんのってww

ニコール・キッドマンのほんわかした悪役もハマっていて
心地よく観れるファミリームービーです。

a0114618_12384000.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2016-12-05 00:00 | 映画&ドラマ