これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 著:Michael J. Sandel 翻訳:鬼澤 忍

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
著:Michael J. Sandel(マイケル・サンデル)
翻訳:鬼澤 忍


内容は、
ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義、待望の書籍化!
1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか?
金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか?
前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。
つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。
社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、
にもかかわらず決断をせまられる問題である。哲学は、机上の空論では断じてない。
金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、
現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。
この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、
そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。
彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。
ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、
超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー
"Justice: What's the Right Thing to Do?"、待望の邦訳。
(Amazon参照)


まず、最初に・・・
読むのにめっちゃ時間がかかりました!!

いつもならこの文章量のものなら
2~3日、長くて4~5日ぐらいで読み終わるのに、

本書は2週間もかかってしまいました。

それほど難しい内容です。(僕にとっては)


正義」をテーマに色々な思考実験を繰り返し、
読者に様々な問題提起をし、それについて語っていくといった
形式をとっています。

そして、実在にあった事件や事柄をあげて論考するといった事もしています。

こういった手法はすごくうまくて、為にも勉強にもなりますが、
よくよく読んでいると、かなり巧みに誘導されています。

著者の考え方に対する否定的な意見は全く取り上げられていないので、
偏った論考なのでは無いでしょうか。

すごく納得させられる内容で、思わず流されかけてしまいますが、
本書が絶対とは思わない方が無難です。

ただし、
本書のような手法や、思考実験については
プラスになる事尽くしですので、

鵜呑みにしないのであればすごく良い1冊です。

a0114618_12384395.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2010-10-14 12:42 | 読書


<< 紅の豚 服を売りに出したら。 >>