ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワーク

2010年公開のアメリカ映画で、全世界で5億人もの人が参加しているSNS「face book」の創始者マーク・ザッカーバーグを描いた作品です。

内容は、
2003年。ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、
親友のエドゥアルドとともにある計画を立てる。
それは友達を増やすため、
大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。
閉ざされた“ハーバード”というエリート階級社会で
「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」
そんな若者らしい動機から始まった小さな計画は、
いつしか彼らを時代の寵児へと押し上げてゆく。
若き億万長者は何を手に入れ、そして何を失うのだろうか ―?
(Amazon参照)


監督:デヴィッド・フィンチャー、脚本:アーロン・ソーキン

主な出演者
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド
ジャスティン・ティンバーレイク、ブレンダ・ソング、and more...


劇場公開時から興味があって観たかったんですが、
やっと観るとこができました。

ちょうど1年前に本作の脚本と同時に書きあげられていた
ベンメズリック著の「face book」を読んでいたので
内容はほぼ同じで新鮮さ自体はありませんでしたが、

その魅せ方が素晴らしくて最後まで食い入るように
一気に観てしまいました。

映画の展開自体は本と同じで、現在と過去を行ったり来たりして
少しずつどうやってface bookが立ち上げられたのかを描いていくんですが、

その描写が丁寧で、完全に客観的に描いていた本よりも
少しマーク・ザッカーバーグの側からも描いていた作品に感じます。
とゆうか客観的事実を並べた本より、映画という媒体なので
しっかりとストーリー性を明確にして
1人の青年の紆余曲折を経た成長ストーリーのように仕上げています。

デヴィッド・フィンチャー監督らしく
少し暗い映像が続きますが、独特で疾走感のあるテンポと
映像にピッタリの音楽とで見事な作品に仕上がっています。

オススメの作品の1つです。

a0114618_852917.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-01-12 08:53 | 映画&ドラマ


<< LOVE SONGS  Che... ダウンベスト >>