JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN 著:西尾維新

JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN 著:西尾維新

内容は、
かつて空条承太郎の手によって焼き捨てられ、
エンリコ・プッチ神父が切望したDIOのノート。
世界の深淵で、DIOが探し求めた「天国」とは。
(Amazon参照)


現在、第8部まで連載されていてシリーズも105巻目が発売された
JOJOの奇妙な冒険のシリーズを通して宿敵として描かれているDIOが
書き記したノートを復元したって内容です。

なので、JOJOのシリーズ、特に1、3、6部を読んでないと全く理解できません。
シリーズをしっかりと読み込んでいる人限定で理解できるんじゃないでしょうか?

肝心の中身は、
個人的にはそれなりに楽しめましたが人には全く進めれられない作品ですね・・・。

ジョルノ・ジョバーナが生まれた経緯、天国へ行く方法の説明など
色々とシリーズで放りっぱなしの内容が説明されているのは
「巧」を感じさせるほど良かったんですが

そのせいで、DIOのキャラクター性が死んでいるような気がします。
その壊れっぷりが凄くて、ちょっと受け入れがたかったんです。


そして、1番納得できないのは承太郎が
危険を感じて燃やしてしまうような内容には思えない点。
それこそが本末転倒な気が・・・ww


JOJOファンの自分としては読んで損は無かったのですが、
もしも原作のDIOのイメージを守りたい方は読まない方がいいと思います。

a0114618_035894.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-01-16 00:37 | 読書


<< ザ・メンタリスト シーズン1 ケイゾク/映画 Beautif... >>