リアル・スティール

リアル・スティール

2011年公開のアメリカ映画で、リチャード・マシスンの短編小説「四角い墓場」が原作です。

内容は、
近未来、ボクシングは生身の人間のスポーツではなく
高性能のロボットの死闘へと変化を遂げ、
巨額の富が動く公式リーグに人々は熱狂していた―。
元ボクサーのチャーリーは夢もプライドも失くした日々を送っていたが、
自分がかつて捨てた息子とロボット格闘技の世界に新たな闘いを挑むことで
次第に自分自身、そして親子の絆を取り戻していく・・・。
(Amazon参照)


監督:ショーン・レヴィ 脚本:ジョン・ゲイティンズ

主な出演者
ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー
アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、and more...


かなり前から観たかった作品です!
いや~おもしろかった!期待を裏切らないエンターテイメント作品です。

これぞ王道ってぐらいヒネリの無いストレートな作品ですが
起承転結が分かりやすく区切られていて、それが功を奏してか
まっすぐ伝わってくる捻くれていない良作に仕上がっています。

主人公のチャーリーと息子のマックスの親子愛が主軸にあって
徐々に親子の絆を深めていくシーンは感情移入させられますし
物語の終盤で絆を取り戻すシーンは感動を誘います。

もう1つの主役であるロボットのATOMは
モーションキャプチャーを使って伝説的ボクサーである
シュガー・レイ・レナードのアドバイスを参考にしている上に
CGの技術も素晴らしく、迫力あるバトルシーンは見事の一言!

試合で勝ち進めていく様子はワクワクさせられ
苦戦を強いられるシーンではハラハラさせられます。

シンプルで感動できるストーリーと躍動感のあるCG&アクションシーンが詰まった
オススメできるエンターテイメント作品の1つです!

a0114618_8565656.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-06-20 08:59 | 映画&ドラマ


<< THE PARMANENT W... 17  Kylee >>