パッチ・アダムス

パッチ・アダムス(原題:Patch Adams)

1998年(日本では1999年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
1969年、生きる道を見失っていたアダムスは、
自ら精神病院に入院した。
しかし立ち直った彼は精神科医を目指し、
ヴァージニア大学医学部に入学した。
そして「笑い」を重視した療法を考え出す
(Amazon参照)


監督:トム・シャドヤック 脚本:スティーヴ・オーデカーク

主な出演者
ロビン・ウィリアムズ、ダニエル・ロンドン、モニカ・ポッター
フィリップ・シーモア・ホフマン、ボブ・ガントン、etc...

実在する人物パッチ・アダムスさん
<本名はハンター・キャンベル・アダムス(Hunter Campbell Adams)>

を描いた伝記映画です。

初めて本作を観た時の感想は
“これが実話!?スゴイ!!”でした(笑)


実在する人物アダムス医師の話で、
笑いが、鬱病に打ち勝つ姿を見せ付けられます。

自分の信念を貫き通し、時にそれが原因で絶望に陥ることがあっても
再び立ち上がり、行動を起こす姿には感動を誘われます。

普通の映画であれば、「イイ話」で終わってしまいそうですが、
実話を基にしているので、与えてくれる力はすごく強いです。

主演のロビン・ウィリアムズさんの喜怒哀楽を超えた
複雑で深い表情が見所です。

a0114618_13573845.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2014-03-31 21:48 | 映画&ドラマ


<< パーシー・ジャクソンとオリンポ... 湘南乃風 ~2023~  湘南乃風 >>