まほろ駅前狂騒曲

まほろ駅前狂騒曲

2014年公開の日本映画で、2011年公開の「まほろ駅前多田便利軒」の続編
三浦しをんの小説「まほろ駅前多田便利軒」「まほろ駅前番外地」が原作です。

内容は
まほろ市で便利屋を営む多田啓介のところへ、
中学時代の同級生・行天春彦が転がり込んで3年目。
行天と凪子の娘はるを預かって四苦八苦する中、
まほろ市の裏組織の人間である星から、
駅前で毎日のようにビラ配りをする怪しい団体
「家庭と健康食品協会」の調査を依頼される。
やがて、その協会は以前新興宗教団体だったことがわかり、
代表の小林が行天の過去を知る人物だと判明する。
さらに調べを進める多田たちだが、
思わぬ形でバスジャック事件に巻き込まれていく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:大森立嗣

主な出演者
瑛太、松田龍平、高良健吾、岩崎未来、麿赤兒、本上まなみ、and more...


前作は大好きな作品の1つで、今回も同じ監督なので期待して観ましたが、
正直ちょっとしっくりきませんでした。

原作を読んだのはかなり前なので、原作との相違点はそれほど気になりませんでしたが、
それ以上に気になったのは焦点の置き所。

おそらく行天(多田も)と子供との(親子)愛がメインなんでしょうが、
それ以外の平行して進んでいるエピソードとの関連が薄く
必然性も感じなくて印象に薄いせいか
全体を通してフワっとした感じがいなめません。

ただ、
瑛太さん演じる多田啓介と、松田龍平さん演じる行天春彦の雰囲気は
まほろ感を醸し出しているので、雰囲気だけは抜群!!
その辺りを本作に求めているなら十分に楽しめるかもしれません。
子役の岩崎未来ちゃんも抜群にキュートですし(笑)


主演2人が好きな人は楽しめるかもしれませんが、
前作に比べて少々トーンダウンした続編です。

a0114618_23081841.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-05-21 00:00 | 映画&ドラマ


<< 沈黙の復讐(原題:BORN T... 博士と彼女のセオリー(原題:T... >>