カンフーパンダ

カンフーパンダ

2008年公開のドリームワークス製作アニメ映画


まず映画の紹介の前に、
ディズニードリームワークスの違いを説明させてもらいます。
きっと混合されている方も多いはず。

実際にTSUTAYAなどではディズニーのところに
ドリームワークス作品が並んでることがよくあります。
(単に売り場面積の為かもしれませんが)

ドリームワークス製作のアニメ映画は

アンツ
シュレック シリーズ
シャークテイル
マダガスカル シリーズ
モンスター VS エイリアン


です。
どうです?
ディズニー映画と勘違いされてたものも
あったんじゃないでしょうか?

ドリームワークスは、
元ディズニーの製作部門のトップだったジェフリー・カッツェンバーグと
あの有名な映画監督スティーヴン・スピルバーグ、
レコード会社経営者のデヴィッド・ゲフィンの3人で設立した会社です。

その後、パラマウント映画に買収された後に、再び独立し
現在は、ディズニーと配給契約を結ぶに至りました(ただしアニメ映画を除く)

それでは本作に戻ります。

内容は
信じる心が奇跡を起こす!
最強のカンフー戦士、“龍の戦士”に選ばれたのは、
ぐうたらで食いしん坊のパンダだった!?
美しい安住の地「平和の谷」には龍の巻物の奥義を得たものが史上最強の“龍の戦士”になるという伝説があった。
ある日、極悪カンフー戦士のタイ・ランが刑務所を脱獄、
巻物を狙って平和の谷に迫り来る。
タイ・ランに立ち向かう“龍の戦士”に選ばれたのは、
何と、ぐうたらで食いしん坊のパンダのポーだった!
カンフーを愛する心は人一倍、
でもカンフー・マスターなんて夢見るだけのポーは、
師匠のシーフー老師、憧れのカンフーの達人“マスター・ファイブ”の力を借りながら、
厳しい特訓を受け成長していく。
果たしてポーは史上最強の戦士となり、
平和の谷を守ることができるのか!?
そして、龍の巻物に記された、ある真実とは・・・?


けっこう笑えます。
こうゆう笑いととる映画はディズニーよりも
ドリームワークスの方が1枚上手な気がします。

設定はちょっとくだらなくて、
主人公のパンダの父親がなぜか鳥
(しかも最後までそのことには誰もつっこまない)
だったりしますが、
そこはご愛嬌ww

子供向けの作品ではありますが、
CGによる動物のカンフーシーン
明快ながらもちょっとだけ深いストーリー
など大人でも愉しめます。

何も考えずに気楽に観れるのも良いところの一つです。

子供向けのアニメだと思って侮るなかれ
笑いたい時におすすめの1本です。

a0114618_13253741.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2009-12-08 13:25 | 映画&ドラマ


<< HELLO 「あぁこれだ!」 >>