2009年 12月 18日 ( 1 )

グレムリン2 新・種・誕・生

グレムリン2 新・種・誕・生

1990年公開のアメリカ映画です。

内容は、
マンハッタンの大物実業家クランプの開発の手はギズモの住むチャイナタウンにも
伸びていた。
なんとか破壊寸前の家から逃げ出したギズモだが、
今度はクランプ所有の超ハイテクビルの遺伝子研究室に捕らわれてしまう。
偶然、同じビルで働くビリーに助けられたのも束の間、
目を離したスキにギズモは水をかぶってしまった!!
(Amazon参照)


少し前にレビューで書いたグレムリンの続編です。
続編がある事を知らない方も多いんじゃないでしょうか?
続編が期待はずれな事はよくあることですが、
この作品は少し雰囲気が変わったものの
前作にも劣りません!

前作よりもさらにパワーアップしたギズモの可愛さ
そしてグレムリンの凶暴さ

冒頭のバックスバニーや序盤のランボー
そしてプロレスラーのハルクホーガンが本人役で登場したりと
パロディ色もより一層強くなっています。

色んな遺伝子の基(この設定がよくわかりませんが)を飲んだら
色んな形に進化していきます。

蜘蛛の能力をへて足が蜘蛛のように8本に増えて
糸を張るようになったもの

体内電気をもつようになる遺伝子(なんじゃそらww)を飲んで
電気と一体になってコンセントなど電気内を移動できるようになったもの

脳ホルモン(?)の遺伝子を飲んで
高度な知能を持って人と会話できるようになるもの

そして極めつけは、
コウモリの遺伝子を飲んだことにより翼を持って空を飛び、
且つ紫外線に強くなる遺伝子を取り込んだことにより
日光に耐えうるようになったものまで

バラエティがかなり豊富です。

リアリティは相変わらずありませんが、
面白さは抜群です。

登場人物も前作も登場している人物に加え個性的な面々が多く
特に、舞台のハイテクビルの所有者クランプさんが
注目の人物ですww

グレムリン、ギズモが好きな方には必見の作品です。

a0114618_12261311.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~」HP版はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2009-12-18 12:26 | 映画&ドラマ