<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ミッション: 8ミニッツ

ミッション: 8ミニッツ

2011年公開のアメリカ映画です。

内容は、
「乗客全員死亡」のシカゴ列車爆破事件
犠牲者の<死ぬ8分前>に入り込み、爆破を阻止せよ!
だがその極秘ミッションには、禁断の真実が隠されていた…?!
乗客全員死亡のシカゴ列車爆破事件。
次なる巨大爆破テロの予告を受け、始動した政府の極秘ミッション。
それは、「乗客の死の<8分前>の意識に潜入し、犯人を割り出せ」というもの。
任務を遂行するのは米軍エリート、コルター・スティーヴンス大尉。
タイムリミットは8分。爆破の瞬間にコルターの意識は自分に戻る。
意識だけが他人と自分の肉体を行き来し、そして繰り返される次の<8分間>。
少しずつ犯人に近づいていくコルター。
が、そのミッションには<禁断の真実>が隠されていた・・・。
(Amazon参照)


監督:ダンカン・ジョーンズ 脚本:ベン・リプリー

主な出演者
ジェイク・ジレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ
ジェフリー・ライト、マイケル・アーデン、etc...

鬼才との呼び声の高いダンカン・ジョーンズ監督のデビュー作月に囚われた男が面白かったので
同じくSFスリラーの本作も期待して観ましたが期待通りの面白さ!

まず前作同様に設定が素晴らしい!
死ぬ8分前に入り込んで操作をするって事なんですが
単純にタイムトラベルをしているわけではないとゆう点

ネタバレになるのでこれ以上書きませんが
この辺りが本作のキモといっても良い程!

エンディングは少し強引な感もあって賛否両論あったみたいですが
個人的には論理的にきちんと筋が通ってる気がするので問題無いと思います。

エンターテイメント性という点だけ観れば少し見応えありませんが、
純粋にSFスリラー作品として高密度なオススメの作品です。

a0114618_10455553.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-21 10:46 | 映画&ドラマ

メカニック

メカニック

2011年公開のアメリカ映画で1972年公開の同名映画のリメイク作品です。

内容は、
どんな相手でも依頼があれば必ず仕留める凄腕の殺し屋
=「メカニック」のアーサー・ビショップ。
彼はある日、雇い主から自分に殺しの技術を教えてくれた恩人であり、
友人のハリー・マッケンナを殺すように依頼される。
聞くと、南アフリカで行われる予定だった暗殺計画をハリーが裏切って外部に漏らし、
5人の殺し屋が返り討ちにあって死んだからだという。
アーサーは一旦は拒絶するものの、依頼通りにハリーを暗殺する。
父が何者かに殺されたことを知ったスティーヴ・マッケンナは、
仇を取るために自分をメカニックにしてくれ、とアーサーに弟子入りを志願する。
(Amazon参照)



監督;サイモン・ウェスト 脚本:ルイス・ジョン・カリーノ、リチャード・ウェンク

主な出演者
ジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、トニー・ゴールドウィン、etc...


ジェイソン・ステイサムさんの作品って事で期待して観ましたが
少し物足りない作品でした。

ステイサムらしさの光るスタイリッシュなアクションはありますし、
知能戦があったり、どんでん返し(簡単に予想できますが)と見所はありますが、

トランスポーターなどの1級品と比べると、どうにも物足りません。
好きな俳優さんが出ている作品はどうしても厳しい目で観てしまいますね(笑)

普通にアクション映画としては悪くないので、好きな人は好きだと思います。

a0114618_8211514.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-20 08:22 | 映画&ドラマ

ペントハウス

ペントハウス

2011年(日本では2012年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
ニューヨークマンハッタンの超一等地にそびえ立つ、
全米一の最高級マンション「ザ・タワ-」。
タワーの管理マネージャーであるジョシュにとって、
最上階のペントハウスで優雅に暮らす大富豪アーサー・ショウは、憧れの存在だった。
しかしある日、20億ドルの横領疑惑でショウはFBIに逮捕されてしまう。
しかも、ショウはタワーの従業員の年金までも横領していた事実が判明する。
怒りに燃えるジョシュは、幼馴染の泥棒スライドを誘って、
仲間とともにショウから金を取り返そうと考える。
(Wikipedia参照)


監督:ブレット・ラトナー
脚本:テッド・グリフィン、ジェフ・ナサンソン

主な出演者
ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック
アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、ティア・レオーニ、etc...


ミート・ザ・ペアレンツやナイトミュージアムなど
2000~10年代を代表するコメディ系の俳優ベン・スティラーと

ドリームガールズでコメディ要素を排しても良い演技ができる事を見せつつ
ビバリーヒルズ・コップシリーズやドクター・ドリトルなど
1990年代を代表するコメディ俳優のエディ・マーフィが共演って事で

観る前からかなり期待していましたが・・・正直凄く惜しい出来です!!

ストーリーはよくあるベターな感じで安心感があるので
そこは好き好きなんですが、

エディ・マーフィの使い方がすごくもったいない!!
もっとマシンガントークやコミカルな動き何かあっても良いのに
どうにもこじんまりしていてインパクトがありません。

出番は少なくても、もっとエディ・マーフィらしい
素晴らしい小物っぽさがあっても良いのに・・・

コメディ要素は爆笑は無いものの小笑いぐらいは散りばめられているので
アメリカのコメディ映画が好きな方は楽しめるかと思います。

エディ・マーフィに期待しすぎると期待はずれかもしれませんが、
それなりに楽しめる作品です。

a0114618_8225569.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-19 08:23 | 映画&ドラマ

蜜蜂のデザート 著:拓未 司

蜜蜂のデザート 著:拓未 司

内容は、
神戸でフレンチ・スタイルのビストロを営む料理人・柴山幸太は、
デザートに力を入れようとスイーツの研究に励む。
<スイーツ・グランプリ>県代表の「テル・カキタ」に家族で食べに行ったところ、
息子・陽太に異変が。店には、以前も食中毒を起こしたというパティシエがいて……。
(Amazon参照)


前作「禁断のパンダ」に続く「ビストロ・コウタ」シリーズの第2弾です。

前作に引き続き料理(今回はデザート)の表現は
涎が出てくるぐらいの素晴らしいものなのは相変わらずで、見事の一言!

読みやすくて最後までサクサクいくのは良いんですが、
前作に比べるとミステリー部分がどうにも物足りない内容。

わかりやすいミスリードにそれほど衝撃的でも無いクライマックス!

おもしろいのは間違い無いんですが、前作程の熱量もクオリティもありません。

デザート好きな方や前作が好きな人にはオススメですが
そうでない方にはそれ程強くオススメするほどではない作品です。

a0114618_11475071.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-18 11:49 | 読書

二眼レフ「エルモフレックス」始めました

普段はほどんどデジ一(デジタル一眼レフ)で撮っていて
たま~に撮ってもデジタルトイカメラぐらい・・・

一応フィルムのカメラもいただいて撮ってはいるんですが頻度でいうと雲泥の差があります。

そんな中新たに導入したのはコチラ
a0114618_9373951.jpg

エルモフレックスの二眼レフです

細かい仕様は説明的になるので省くけど驚くべきはその古さ!!

昭和26年(1951年)発売ってゆう大先輩!!
オヤジよりもちょっと上ぐらい(笑)

いや~ホント渋い!!まだフィルムも入れてないけど使うのが楽しみで仕方がありません!
まずはキチンとフィルム入れる所から始めなければいきませんが・・・

ちょっとでかくて重いですが、来月の東京旅行にも持っていこうか考え中です。

2眼レフに限らずクラシックカメラに興味がある人は神戸の
フォトギャラリーbirdieで無料でレンタルしてくれます!!

クラッシックカメラ研究会なるものも開催していて、
そこで使い方何かも丁寧に教えてくれるので、興味があるかたは是非!!
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-17 09:46 | 日常

劇場版 SPEC〜天〜

劇場版 SPEC〜天〜

2012年公開の日本映画で、
テレビドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の
続編の劇場版作品です。

内容は、
最強の敵。仲間の死。そして全ての謎に終止符が打たれる。
世の中には通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力(=SPEC)を持った人間が潜んでいる。
もし、そのうち何パーセントかの特殊能力者が、その能力を悪用しているとしたら…。
通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う部署[警視庁公安部公安第五課
未詳事件特別対策係」通称"未詳(ミショウ)"。
特別捜査官の当麻紗綾と瀬文焚流の元に「ミイラ死体殺人事件」のニュースがもたらされる。
これはスペックホルダーによる犯行なのか?事件はやがて国家をも揺るがす大事件となっていく。
シンプルプランとは?ファティマ第3の予言とは?
その時、当麻の左手に激痛が走る!
(Amazon参照)


監督:堤幸彦 脚本:西荻弓絵

主な出演者
戸田恵梨香、加瀬亮、福田沙紀、神木隆之介、栗山千明
伊藤淳史、竜雷太、椎名桔平、and more...


テレビシリーズが好きで、テレビシリーズの謎を回収して本作との繋ぎになっている
スペシャルドラマのSPEC〜翔〜も面白かったので本作も期待して観ましたが・・・

ん~おもしろいのはおもしろいんですが、正直ちょっと物足りない感じでした。

シリアスなシーンの中にこれでもか!!ってぐらい
小ネタやちょっとした笑いや色々とパロっていたりと
ふんだんに盛り込まれているのは相変わらずで期待通りで面白いんですが

ドラマシリーズやスペシャルドラマでのその絶妙なバランスに比べて
少し詰め込み感のある印象。正直〜翔〜の方がおもしろかったです・。

続編でもあるのか?って思わせるぐらい色々な謎を残していますし
面白いだけにこれで続編作れられなかったらたまりません!!

と思っていたら、
劇場公開後に「緊急意識調査!あなたは劇場版 SPEC〜天〜の続編SPEC〜結〜を見たいですか??」
というアンケートをとっていて続編を希望する意見が集まっているみたいなんで
作ってくれると信じています。

続編を観るには絶対はずせない作品ですし、SPECファンは観て損はありません。

a0114618_1611113.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-16 16:12 | 映画&ドラマ

わが闘争(まんがで読破) 著:アドルフ・ヒトラー

わが闘争(まんがで読破) 著:アドルフ・ヒトラー

内容は、
あのヒトラ著の有名な本「わが闘争」を
簡潔にし、漫画化したものです。


原書の日本語訳は角川文庫さんから出版されていますが
さすがに読んだことはありません。

なので内容についてはかなりざっくりとしか知りませんが

本書はあまりしっくりきませんでした。

本当に原書はこんな内容なんでしょうか?

決して、ナチスやヒトラーを肯定するわけではありませんが、

経済的にどん底だったドイツを立て直したのはヒトラーで、

その立役者となった経済学者「ケインズ」を
味方にひきこむきっかけになったのが、この「わが闘争」なのに…
(後に、ヒトラーが暴走を始めたことによって ケインズは離れていくことになりますが)

こんな内容で本当にケインズの味方につけることができたのでしょうか?

どうも釈然としません。

確かに膨大なページ数&難解といわれている内容を
ここまで簡潔に少ないページ数のマンガにまとめたことは
スゴイと思いますが、どうも・・・

ヒトラーやナチスが起こした凄惨な事実を忘れないためにも
いつか原書を読んでみたいと思います。


ちなみに…
ドイツ国内にて出版が禁止されている「わが闘争」ですが、
2015年に出版が解禁される予定です。

a0114618_0193629.jpg


★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-15 00:21 | 読書

K-20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝

2008年公開の日本映画で、北村想の同名小説が原作です。

内容は、
舞台は、1949年――架空都市≪帝都≫。
19世紀から続く華族制度により貧富が二極化する帝都。
そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、
魔法のような手口で盗んでしまうK-20と呼ばれる≪怪人二十面相≫の出現が世間を騒がせていた。
主人公は怪人二十面相に騙され、二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師・平吉。
彼が、類前なる身体能力と頭脳を武器に、二十面相に狙われた令嬢・羽柴葉子と、
その婚約者であり探偵の明智小五郎と共に、二十面相との戦いを決意する。
平吉が選んだ究極の選択とは!?
(Amazon参照)


監督・脚本:佐藤嗣麻子

主な出演者
金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、本郷奏多、and more...

和製マスク・オブ・ゾロっぽい活劇アクション映画です。

スタントはキレのある動きで見応えありますし、
第二次世界大戦が起きなかったパラレルワールドが舞台と設定も凝っていて○

ストーリーもまずまずの出来です。

ただ、傑作!!とは言えないいくつかのマイナスポイントが。

全体的にはセットも良い出来で架空都市「帝都」の雰囲気がでているんですが、
いくつかのシーンが安っぽくてリアリティが無くて
かなり大げさに言うとコントの舞台のようなセットもあります。

137分と少し長めの作品ですが、どうにも途中に中だるみのようなシーンがあったので
もう少しテンポ良く行った方が楽しめたんじゃないかと思います。

そして、これは完全に個人的な感情なんですが、
最後に待っているオチの部分が好きではありません。
僕が予想していた人物の方がスッキリすると思うんですが・・・

完成度は高いもののどうにも惜しい作品です。

a0114618_0313819.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-14 00:32 | 映画&ドラマ

コンテイジョン

コンテイジョン

2011年公開のアメリカ映画です。

内容は、
香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。
時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。
謎のウイルス感染が発生したのだ。
新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、
世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。
だが、ある過激なジャーナリストが、
政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。
その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。
国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?
(Amazon参照)


監督:スティーブン・ソダーバーグ 脚本:スコット・Z・バーンズ

主な出演者
マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン
ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、and more...


ハリウッドらしいエンターテイメント的な(出演者を除けば)派手さはなく、
淡々と落ち着いた様子でリアリティある映像とそれを助長するような音楽の連続です。

同じくパンデミックを取り扱った邦画感染列島では
全くリアリティを感じさせない考察の甘さが目立った事や、
ウィルスの恐怖よりも人間ドラマに終始させたのに対し、

本作は演者が実際にCDC(アメリカ疾病予防管理センター)で
実際に危険なウィルスの研究を行うラボに
保護具を自身で装着して入って役作りをしていたり
何人かの主人公それぞれに人間ドラマを匂わせながらも
最小限に抑えウィルスの恐怖をメインに描いている所など

全く違う所に重きを置いています。

医者(科学者)、一般市民、自称ジャーナリスト、など色々な人物が
それぞれとる行動は(自称ジャーナリストを除く)どれもすごく納得のいく行動で

ウィルス自体も致死率30%で感染経路やスピードもそれ程絶望的ではないもので
その微妙な辺りがリアリティを生んでより恐怖を誘います。

1995年公開のウィルスの恐怖を描いたパニック映画の名作アウトブレイクでは
致死率100%と凄過ぎる殺傷能力だったので、それとはまた違う面白さがあります。

リアリティを追求したおもしろい作品です。

a0114618_0424386.jpg


★★★★☆ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-13 00:46 | 映画&ドラマ

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

2010年公開の日本映画です。

内容は、
孤児院育ちのケンタは、幼女誘拐未遂で逮捕された兄の借金を返すべく、
嫌味な先輩のもとで幼馴染の弟分・ジュンとともに肉体労働に勤しんでいた。
ある日、ジュンに誘いをかけたケンタは、
会社の事務室と先輩のクルマを鈍器で破壊すると、
ナンパした女の子・カヨを引きずり込んで自動車で旅立つ。
(Amazon参照)


監督・脚本:大森立嗣

主な出演者
松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、宮崎将、柄本佑、and more...


決して良くあるハッピーエンドだったり、お涙頂戴のストーリーでは無いけれども
深く考えさせられる作品です。

ケンタに依存しているジュン
ジュンに依存しているケンタ
そしてジュンに依存している(ようで実はしていない)カヨ

この3人(おもにケンタとジュンの2人)が網走に向かう道中の心の移り変わりを描いています。

131分と少し長めの内容ですが、
少しずつ少しずつケンタとジュンの心の闇を浮き出させ
けっこう衝撃的なラストを迎えます。

人は2種類に分けられる
人生を選べる人間と人生を選べない人間
冒頭で出てくるこのセリフ

最後の最後で、
ジュンに依存しているかのように見えたカヨが
3人の中で唯一人に依存しないで生きていけるってゆうのに気づかされます。

決しておもしろい作品ではありませんが、観る価値は十分にある作品です。

a0114618_1175145.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-12 01:18 | 映画&ドラマ